マジで頭にきた


日経電子版 4月27日号
 

横浜銀行は27日、財務省OBで元国税庁長官の寺沢辰麿氏(64)を頭取に迎える
人事を固めた。小川是頭取(71)は会長に就任する。6月下旬の株主総会後の取締
役会で正式決定する。財務省(旧大蔵省)OBが8代続けて頭取を務めることになる。
寺沢氏は財務省では主計畑の経験が長く、その後は理財局長として個人向け国債の
新設など国債市場の改革を進めた。2007年からは駐コロンビア大使を務めていた。
小川氏は05年に横浜銀頭取に就任。約11年ぶりの海外支店開設や証券子会社の開業など
、業務拡大に取り組んだ。07年から全国地方銀行協会会長を務めている。
寺沢 辰麿氏(てらざわ・たつまろ)71年(昭46年)東大法卒、大蔵省(現財務省)入省
01年理財局長、03年国税庁長官。07年コロンビア大使。島根県出身。


この国は永遠に変わらないね。変える気がないんだもん。
これって典型手粋な天下りですよね。天下り、止めるんじゃなかったんですか?
それが震災のドサクサかどうかは知りませんが、堂々と。
横浜銀行というのも自らの無能を認めるひどい銀行ですな。
財務省OBが8代続けて頭取に。社員がよほど頭が悪いでしょうね、
こういう人事を受け入れることしか出来ない自分たちが恥ずかしくないんでしょうか。
で、これをなんらの批判も無くしれっと書く、日経新聞もどうかしていますね。
わかってます、あなた方がたは恥ずかしくないんだよね(T_T)。
役人、番記者、政府広報新聞、財界がもたれあっているのが明々白々ですね。
しかも新頭取、御年64歳。
こんな爺さんがポストを延々とたらいまわしをしているから
若手に全くチャンスが回ってこない。現頭取もご苦労様でした。
65歳で頭取就任、きっちりローテーションで今度は会長ですか。
いくら退職金をもらうつもりですかね。
同じく、全く同時刻の日経電子版

全国地方銀行協会(地銀協)は17日、次期会長に静岡銀行の中西勝則頭取(57)
を内定したと発表した。来年6月に就任する。地銀生え抜きの頭取が会長になる
のは34年ぶり。2007年に就任した小川是会長(70、横浜銀行頭取)は17日の記者
会見で「会長行には大きな負担がかかるため、他の金融団体のように主要行が交代
で会長に就任するようにした」と交代理由を説明した。
 中西氏は05年から静岡銀行頭取を務める。地銀協会長は財務省や日銀OBの頭取
が務めることが多く、04年から会長を務めた瀬谷俊雄・東邦銀行頭取(当時)は
第一銀行(現みずほ銀行)出身だった。地銀生え抜きのトップが就任するのは中西氏
が34年ぶりとなる。


なんすか、これ?
全国地方銀行協会の頭取って34年間も天下り役人と都銀出身者が務めてきたんだ。
これは震災が起きようが何が起きようが何にも変える気がないんだ。
言い方は悪いけれど今回のような「危機的な状況」はピンチだけども
完全にゼロからのスタートとなるため逆にチャンスでもある。詳細は
明日のブログを読んでください。
マジで頭に来た。
これってどうなんですか?
>民主党さん。
天下り止めるんじゃなかったんですか?途中公益法人をはさんだり、
今回のように「大使」を務めさせて、 「直接の天下りではない」
言い逃れをするんでしょうね。
私は政権交代は非常にいいことだと思います。
それゆえ、どちらかというと民主党シンパだった。
でも、それも今日限りです。愛想がつきました。
iStock_000015951508XSmall.jpg
Fuck you !

Share this nice post:

コメント

コメント(2)

  1. Oichan on

    SECRET: 0
    PASS: bbd85fa7b0992eccd30f982069b3ff1b
    職業選択の自由もあるかもしれませんし、
    有為な人材が有効活用されることもあるでしょうし、
    官僚機構の年齢構成が適正に保たれることもあるでしょうし、
    天下りがすべて悪いとは言いませんが、
    要は、
     天下りシステムによって社会全体が受けるメリット
     天下りシステムによって社会全体が受けるデメリット
    のどちらが大きいのかだと思います。
    どちらが大きいかを考え出すと議論紛糾しますので横に置いて
    個人的には、後者が大きいの立場ですので
    どうしたら無くせるか考えます。
    で、天下りを無くすには、
     1.しない
     2.させない
     3.受けない
    の「3ない運動」でしょう。
    1の「しない」は、官僚の方々の矜持を問いたいと思います。
     天下りして恥ずかしくないのでしょうか?
     「天下りすることは世間様に顔向けできない恥ずかしいことだ」
     という社会風潮を作りましょう。
     みんなで、そういう意識を作りましょう。
     「天下り」した方のお孫さんが
     「や~い。お前のじいちゃん天下り」と
     友達から揶揄される社会を作りましょう。
    2の「させない」は、政治の問題です。
     させない制度、させない法律を整備する、
     抜け道を無くす、認めないようにする などです。
     そういうことを本気で考えて実行する方を
     議員に選びましょう。
     いっそのこと、
     天下りを刑事罰にしちゃうのは無理でしょうか。
      天下りしたら(した本人が)懲役3年
      天下りを受け入れたら(企業の社長が)懲役3年
     くらいにしたら、どうでしょう?
    3の「受けない」は、企業や団体側の問題です。
     ただし、団体はもともと官庁の下部組織のようなものなので
     「受けない」は無理でしょう。
     企業は敢然と「受けない」ことはできないものでしょうか。
     と言っても、横浜銀行のように、
     現「頭取」が天下りだと、無理でしょうね。
     とりあえず、私たちできることは
     消費者として、あるいは企業人として、
     「天下りを受けている企業とはつきあわない」ことでしょう。
     天下りを受け入れている組織体には
     「反社会的勢力」のレッテルを貼りましょう。
     反社会的勢力とおつきあいしないということは、
     企業のコンプライアンスの重要な一要素です。
     みんながそういう意識になれば
     天下りを受けた企業は存続できない社会になります。

    返信

  2. りゅうぼん on

    SECRET: 0
    PASS: 3049a1f0f1c808cdaa4fbed0e01649b1
    「天下りを刑事罰」へと言うのは大賛成。
    ま、なんか抜け道を探すんでしょう。
    天下りの原因の一つは
    同期が事務次官になったら全員辞職する、
    と言うわけのわからない風習があると思います。
    役職定年制を導入したうえでみんな60歳定年
    してもらいましょう。官僚の中には優秀な人も
    多い。そういう人はスペシャリストとして活躍を
    してもらうのが一番現実的じゃないかな。
    消費者として天下り先の企業をオミットする、
    と選ぶ会社がなくなったりして(T_T)。
    コンプライアンスとして受入れた人数、役職
    年俸を公開するといいのでは。

    返信

コメントする