人たらしの天才


経営革新教会という中小企業の運営をアドバイスする社団法人の講演会に行ってきました。

ゲストスピーカーは渡邊美樹さん。
ご存じ「和民」の創業者。その後、介護施設、介護用弁当の宅配、病院経営等を手掛け
現在は自民党所属の参議院議員。議員としては一年生です。

幼いころに父の事業が失敗し、心労からか母も他界。そのころから思っていたのは、
独立して絶対に大金持ちになってやる(笑)、とのこと。なってみるとたいしたことがない。
やはりやりたいこと、やりがいのあることを、全力でやるのが楽しいと。

大学生時代に世界を一周し、ドイツの酒場のあまりの楽しさに飲食の素晴らしさを体験し、起業。
開業のために一年間宅急便のアルバイトをして一年で300万円を準備した。

色々な事業に手を染めているが、やるための基準が三つあるという
1、その事業を本当にやりたいか
2、その事業はとびきりの「ありがとう」を言ってもらえるか
3、社員を含めみんなが幸せになるか

ブラック指摘を受けた会社の創業者としては3、あたりはちょっと疑問だが^^。

ただ、弁はたつ。天才的と言ってもいいでしょう。一時間余り圧倒されました。

ただ政治家になってからのばかばかしい体験はさもありなん。
・どうして株式会社が農地を購入できないのか → 農家が困る
・なぜ借金を止められないのか → 選挙で負けるから
・どうして混合診療だと全宅自己負担になるのか → 今、上手く行っているからいいじゃないか

等々。
政治家の最大の興味は次の選挙に負けないこと。
特に小選挙区制になってからは、内閣の支持率がすべて。そりゃ前回の民主党は負けるわ。

政治家も官僚もPLもBSも見れない、これじゃだめだと絶望しかけている。
一期6年間を務めたら、新党を立ち上げると。

確かに今の借金漬け日本を復興させるのは、天才経営家の手腕が必要でしょう。

000watami

リクルートの江副さんも人たらしの天才でした。声は小さく優しい。でも怖かったよ^^。

Share this nice post:

コメント

コメントする