たった一度の人生なのだ。


先週「発言力を高める」という勉強会に出席した流れで、
個別のコーチング(コンサルタント?)を受けてきました。

コーチは株式会社レバレッジの只石さん。
一度合えばこの人の顔は忘れない。濃い(笑)。

90分の予定が最終的には130分。お疲れさまでした。
相談内容はもちろん業務のことですが、内容はシークレット^^;。

現在の業務の振り返りから始まって、次第にこれから先の話に。

その時のエピソード。
「もし、30分以内に名刺10名を集めてきてください。どうしますか?」

「隣の部屋の社員の方から5名分もらって、あとは路上でお願いします」

分かりました。
「では同じく30分で500名分の名刺を集めてきてください」
それは無理・・・・

「発想を豊かにして」
「隣の部屋の只石さんに名刺のファイルを借ります」「正解!」
つまり、今できることから発想しようと思っても無理。

全く違う、とにかく500枚集めることだけにアイディアを絞る。
すると、別に名刺交換をすることを求められることに気がつく。

現在をベースに考えていると、方法論は見つからない。
将来から逆に方法論を考える。

イチロー選手の子供の時の作文が話題になっていましたね。
僕は世界一の野球選手になる。
かれはこの将来を決めた瞬間から逆線引きをして、日頃の猛特訓を繰り返した。
と思う。
今でもマリナーズ一練習をする人だそうです。

イチロー選手の真似は、今からは無理ですが、残り十数年のビジネスマン人生。
たった一度の命をちゃんと使おうという気分になりました。
50をとっくに過ぎたおっさんの決意としては甚だお恥ずかしいのですが、
そんなことを気づかされた一日でした。

\(*⌒0⌒)♪がんばろう!

株式会社レバレッジの会社概要はこちらから http://www.lev.co.jp/index.html

Share this nice post:

コメント

コメントする