「iQ」見に行ってきました。


今年の日本・カー・オブ・ザ・イヤー
「iQ」0iQ.jpg
選考過程での疑惑  は先日の ブログ でご紹介をしました。
が、そのままでも、可哀想なので、近くのネッツ店に出かけました。
さぞや、大勢の人で一杯だろうと思ったのですが、
閑散。「iQ」について聞いていた人は一人、しかも私のテニス仲間でした。

クルマ不況はこんなところにも、トヨタ株、売りかなぁ(笑)。
実車は、思ったほどは可愛くない。隣のヴィッツが大きく見えるのは確か(笑)。
営業マンに薦められるままに
運転席、助手席、後部座席に乗ってみました。
まず、後部座席ですが、狭い!私は168センチですので平均的な日本人男性としては
小さい方です。が、ヘッドクリアランスがほとんど取れない  。


大人二人が後部座席に乗ったら、まるで「屈葬」状態(T_T)。

二時間乗っていたら確実にエコノミー症候群になりそう^^;。
運転席、助手席もやはり窮屈。
確かに3メートルの中に大人4人が曲がりなりにも乗ることが出来る車を作った
トヨタの技術力はすごい。だけど、街乗りにしてもいささかつらい。
私がもし使うのであれば二人乗り用ですね。後部座席は荷物置き場(トランク代わり)。
買い物やテニスバッグの置き場ですね。ゴルフバックはぎりぎり。

もっともこの車でゴルフ場まで行く人はいないかもしれませんが。0golf.jpg
確かに技術的にはすごいのでしょう。
・23キロ/リッターの低燃費
・9エアバッグ
・最小回転半径3.9メートル
・その他最新の技術がてんこ盛り
でも、これほど乗り心地が悪いとは。確信しました。
例のCOTYの選考委員のほとんどの人たちはこのクルマに試乗していません(きっぱり)。
しかも最新技術をてんこ盛りにしたために、高い。
税金、オプション(カーナビ)を混みで180万円
私なら、もっと安い値段で「ヴィッツ」を買います(笑)。
イメージできるターゲットとしては、若い女性で、でも軽自動車には
乗りたくない、でもスマートfor2では荷物が載せられない。小さくてかわいい
私のクルマかなぁ。
0sumato.jpg ←これスマートです。可愛い^^;
いずれにしても、CPが悪すぎます
トヨタさんには申し訳ないけれどこのクルマ、売れないと思います。
52ページにも及ぶオールカラーのパンフレットがちょっと可哀想(T_T)。
(このパンフレットすごくかっこいいです^^;)
基本的に私はクルマはスタイリングだと思っています。
(私はレーサーじゃありませんからね)^^;
その点でも「iQ」は残念(T_T)。

Share this nice post:

コメント

コメント(2)

  1. Oichan on

    SECRET: 0
    PASS: bbd85fa7b0992eccd30f982069b3ff1b
    私も、iQは売れないと思います。
    新たなパッケージング思想により小型化できたことの
    「メリットが活かされていない」と感じます。
    特に、「小さい → 軽い → 燃費が良い」
    および「小さい → 安い」
    が成立していないことが、致命的だと考えます。
    どうせなら、二人乗りにしたら良かったのに・・・
    でも、それならこのパッケージングは必要ないか。
    COTYは、ダウトなだけではなく、お手つきでしょう。

    返信

  2. りゅうぼん on

    SECRET: 0
    PASS: 3049a1f0f1c808cdaa4fbed0e01649b1
    しなかったのでしょうね。
    このクルマを高速で使う人は少ないと思います。
    エンジンを1000ccにすることでメリットは、
    馬力が違う。スピードが出る^^;。
    でも、このクルマを買う人は馬力やトルクを
    気にする人じゃないんじゃないかな。
    車庫証明、税金、保険料何をとっても軽自動車
    の方が優遇されています。だから、今、市場では
    軽自動車が売れているのです。
    難しいのは、新車を開発するには3年はかかる、
    と言うことですね。3年前に今日の景況を予測
    することは不可能でした。
    むしろ北米市場の勢いで、いけいけのムード
    漂う中、作ってしまったクルマ。
    と言う気がします。

    返信

コメントする