ダウトッ!


日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)
11月11日
トヨタ「iQ」が受賞。0iQ.jpg
という広告(?)が20日付の朝日新聞に
(?)と言うのはこれがトヨタが出している広告ではなく、
企画・制作 朝日新聞社広告局  による 広告特集
つまりこれは、トヨタでもなく、カー・オブ・ザ・イヤー事務局もなく、
朝日新聞社がかってに作った広告らしい(笑)。

すぐに「日本カー・オブ・ザ・イヤー」のサイトを調べてみると
怪しいことばかり・・・・
まず知らなかったのですが、
「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の事務局って、メディア各社の主催でありました。
事務局長をみたら、かつての会社の私の後輩(カー・センサー)でした。

私が入社4年目くらいの時にアルバイトに来ていた学生(どうでもいい話ですが)^^;。
怪しい、その1.主催者がメディア側と言う怪しい賞です
で、その次に気がついたのが広告の一番下に、
トヨタ「iQ」、11月20日より全国ネッツ店から発売
って、まだ発売していない車が年間チャンピオンなの?
これに関しては説明がありました。
ノミネート車は、2007年11月1日から2008年10月31日までに発表または発売され
年間の販売台数が500台以上見込まれている乗用車が対象となります。一次選考
により上位10車を日本カー・オブ・ザ・イヤー最終選考の候補車としてノミネートします。
で、一次選考車をみると、
トヨタ iQ
日産 GT-R
ホンダ フリード
マツダ アテンザ
スバル エクシーガ
スズキ ワゴンR
ダイハツ タント
アウディ A4アバント
シトロエン C5
フィアット 500
ジャガー XF 

怪しいその2、こんなにきれいに一社一台に分散するの?(笑)。
なんとなく広告主に対する気遣いが・・・・
で、この中から60名の審査員による投票で決定らしいのですが。
この中の何人がトヨタ「iQ」を試乗したことあるんでしょうか?
で一応調べたところ、他の9社は全て既発売で、未発売はトヨタ iQのみ。
(過去にそう言う例があったのかどうかは分からず)
とっても怪しい、その3.しかも広告特集の日がトヨタ iQ 発売日
普段車にほとんど関心がない私ですので 怪しい、のが怪しいのかもしれませんが、
かつて、このブログでも取り上げていました。
デザインが素晴らしいと。
広告特集をよく読むと「デザイン」「最新技術」の塊であることが分かる。
「クルマの未来を拓く確信のパッケージング」にふさわしいのでしょう。
でも、発売前のクルマがカー・オブ・ザ・イヤーに選ばれるのには違和感があります。
実は以前にとても嫌な事を経験したことがあります。
知人のCDショップを訪ねたとき、「これ見てごらん」と言って見せてくれた
CDの帯には「レコード大賞受賞」!
これって今日(大晦日)決まるんじゃなかったの!?ちょっと傷つきました(T_T)。

iQがそうだってわけじゃないですよ。
来年堂々の評価を受けてCOTYを受賞すればよかったのに・・・・
(でもそれじゃ宣伝効果ががた落ち、やっぱり少し怪しい(笑)。
0iStock_000003950049XSmall.jpg
ダウトッ!!

Share this nice post:

コメント

コメント(2)

  1. Oichan on

    SECRET: 0
    PASS: bbd85fa7b0992eccd30f982069b3ff1b
    トヨタiQ、
    前評判(昨年秋から今年春のモーターショー)では、
     ①斬新なパッケージングにより
        ・従来にない小型化(サイズダウン)を実現し、
        ・極小の回転半径など、運転時のとりまわし安さをとともに
        ・大人3人と子供1人が余裕で乗れる空間を創造
     ②環境配慮の徹底追求により、プリウスより低いCO2を実現
    が、2大セールスポイントであったと思います。
    でも、実際に発表になったものを見る限り、
    燃費性能は、フィットやヴィッツの低燃費タイプ並みで、
    ②のポイントはどうなったの・・・ とても気になります。
    燃費はプリウスほどではないがCO2は低いのでしょうか?
    それくらいであれば、
    内部空間の広さや荷物スペース、その他の使い安さと価格を考えると、
    「iQ」を強いて選択するユーザーが果たしてどのくらいいるのか・・・
    ちょっと疑問を感じました。
    モーターショーの記事からはかなり期待していたクルマですが、
    実際に販売になったものからは、
    「いろいろやってみたら、こんなクルマができちゃった」
    と言う程度の印象しか私は受けず、
    「これがカー・オブ・ザ・イヤーなの?」という感じです。
    「iQ」が「ダウト」か否かはさておき、
    日本のカー・オブ・ザ・イヤーと言えるほどに売れるかどうか、
    結果が楽しみなクルマではあります。
    ※大衆車レベルの価格帯ですので、
     相当数売れないと格好にならないと思います。

    返信

  2. りゅうぼん on

    SECRET: 0
    PASS: 3049a1f0f1c808cdaa4fbed0e01649b1
    ①の斬新なパッケージングにより
     サイズダウン・・・・これは成功
     極小の回転半径・・・これはタイアが前後ぎりぎりに設定されているためだめだそうです。
     大人3人と子供ですが・・・・荷物は全く置けません
    ②環境配慮ですが、23キロ/Lでプリウスよりも低い値です。
     CO2に付いてはどこにも説明がありません。
    iQに関してはやっぱり、乗って見ないと分からないと思います。
    近所にネッツ店がありますので行ってみます。
    それにしてもほとんどの人が試乗もしていない中でCOTYとは、やっぱりダウトです(笑)。
    価格はサイズからすれば高め。
    百聞は一見にしかず。週末、見に行ってみます。

    返信

コメントする