5倍のフリスク


私はフリスクのヘビーユーザーです。
もちろんペパーミント。
ちょっと刺激が欲しい時や、二日酔いで気持ちが悪いときに最適^^;。

コンビニ、駅の売店には必ず置いてあります。
ヒット商品でロングセラー商品でしょう。

このフリスクに新製品が出るという。


ミント錠菓「フリスク」ブランドから、従来のフリスクと比較し、ひと粒の重量が約5倍で
爽やかさが持続する『FRISK NEO(フリスク ネオ)』(35g/300円)を3月19日に全
国のコンビニエンスストア、スーパーマーケット、ドラッグストア、駅売店などで発売いたします。


ふ~~~ん。

1)ひと粒の重量は従来の「FRISK」の約5倍、爽やかな味わいが長く持続します。
2)「ペパーミント」は、アクアブルーとホワイトの二層構造で、爽快感のあるミント味です。
3)「ピエモンテミント※」は、フレッシュグリーンとホワイトの二層構造で、森林浴を
  イメージさせるリラックス系のハーブ味です。
4)丸みを帯びた三角の形状は、口当たりが良く、なめらかな食感です。
5)ブラックを基調とし、シルバーのロゴを際立たせた高級感のあるメタルケースです。
 グッズ感覚で持ち運べるスマートな形態です。



マーケティング的に言うとラインエクステンション。
従来はフレーバーの追加だけで勝負をしてきましたが、この新製品の投入の目的は?。

まず1)でしょうね。フリスクは刺激は結構強いのですが、持続時間は短い。
最近のガムでは「30分持つ」ことを売りにしているものがある。
クロレッツ 
クロレッツはこれにより大幅に売上を伸ばした。競合のガムメーカーも続々と参入。

しかし、30分味が持続するのって気持ち悪くならないんだろうか。
味覚がやられることはないんでしょうね。ま、売上が伸びたんですからいいものなんでしょう。

それに比べるとフリスクは実感値、1分。短いって声が大きくなったか。
私はこの短さが好きですけどね。フリスクは刺激が強い。
ワイン会の前には絶対に舐めません。だから私は5倍になってもらうと困る。
実際に舐めてみないとわかりませんが。

ブラックのメタルのケース。
これは今回の隠れた売りですね。こればっかりは実際に持ってみないことには
分からない。今のプラスティックケースも十分かっこいいと思います。

価格、200円→300円。微妙。
コストは常にパフォーマンスとの関係です。しかし300円はちょいと高いか。

いずれにしても楽しみです。
かつて、フリスク日本発売の際にお手伝いをしましたもんね。
あの頃はカネボウだった。

ひと粒の重量が約5倍になって味も長持ち
「 FRISK Neo 」新発売
―メタルケースでスマートに決めろ!


なんてベタなキャッチフレーズ(苦笑)
CMも入るでしょう。効果測定やりましょう>クラシエさん(笑)。








Share this nice post:

コメント

コメントする