「SPIDER Pro」


もうこうなったら、とことん調べてみようと(笑)、images[2]
企業向けの「SPIDER Pro」のセミナーに参加してきました。
やはり画面の反応の早さにはどよめきが。すげー!
企業がどんな使い方をしているか、と言う事例発表が中心でした。
1、パブリシティ効果、量の分析
  これは実際にテレビ番組で何回取り上げられて、たとえば競合との差はと言う量の分析
2、パブリシティ効果、質の分析
  これは実際にどんな風に取り上げられたのかを質として関係者と共有する
  実例で誰もが知る航空会社の例と、清涼飲料水のメーカーの例が。
  実際に全員で同じ映像を見た事により、変化へのコンセンサスが非常に早く取れた

3、危機管理対応
  自社が何か不祥事などで取り上げられたとき、回数とコメントの傾向を共有化する事で
  最悪のパターンを避ける
  もちろん悪い方の見本は「吉兆」と「ミートホープ」でした(笑)。

4、テレビ番組から新たなマーケティング発想へ
  テレビ番組の取り上げ方と同じテーマのブログの件数、見事にシンクロしています。
  テレビを押さえることで、今までよりも早い、マーケティング展開が可能
  これには「キーワード検索」機能が何より役に立つとの事

ざっとこんな感じ。
  で、個人用の「SPIDER zero」との違いは?
  ・テレビ番組の中でのコーナー検索が出来ない
  ・故障時にはプロは即交換修理。zeroは一週間くらいは我慢して^^;。
  
で、プロは60万円、月額4万円とのこと
私には SPIDER zero」がとっても安く見えてきました(笑)
(38万円、1,000円)
現在はたとえば「日本電気」と入力すれば一週間に流れたCMパターンを表示してくれます。
私からの提案ですが、流れた回数を知りたい、さらに視聴率情報とドッキングさせることで
さらに情報価値がたまるのでは、という質問+提案をしてみました。競合も合わせてね。
検討するそうです(笑)。
さあ、後は今期の決算とにらめっこをして購入可能かどうかの最終判断を近日中に
出そうと思っています^^;。
導入決定まで話し初めから決定まで最も短かったのは前出の某飲料メーカーで、
15分で「これ買います」!だったそうです。
広報関係の方や宣伝関係の方は私に惑わされずに、じっさいにごらんになるべきだ
と思います。残業が減りますよ、査定がアップしますよ(ウソ)(笑)。

とにかくこれだけ刺激的な商品は久しぶり。「Power to the Peaple」を勝手に応援します。
繰り返しになりますが、私は同社から何らの便宜供与を受けていません(笑)。
読んで良く分からなかった方は、わたしの7/23日付のブログと7/30日付のNewsLetter
お読みくださいm(_ _)m。
.

Share this nice post:

コメント

コメントする