ついに寺島さんのお宅にお邪魔してきました。

恒例月一、吉祥寺JAZZ喫茶メグ、JAZZオーディオ会

000メグ

の前に、吉祥寺の寺島さんのお宅にお邪魔しました。
うわ~~~~、こんなおもちゃ箱をひっくり返したような部屋にしていいんだぁ、
と思わずため息が出るような、子供の部屋のような楽しさでした。
70を過ぎてもこんなに情熱的でいられる。素敵です。見習います。

当日はプリアンプの交換がメイン。
オクターブのプリを追い出して、パスラボに。
ハイエンドオーディオの最大の欠点。重い、とにかく重い。3人がかりで撤去・設置完了。
そこからは電源ケーブルを変え、アンプの取り回しを変え、試行錯誤の繰り返し。
これが楽しいんですよね。

最後に無理を言ってケニー・バロンのフラジャイルを聞かせていただきました。
ちゃんと低音が諧調もはっきりと出ています。うちでは出ない。
はなっから、聴く気もないですが(笑)。あの低音はルディ・バン・ゲルダーの録音ミス。
だと思う。

写真を出したいのですが、ちょっとだけね(笑)。

000寺島邸

この後メグへ、終わるころにはぐったりしていました。珍しくお先に失礼しました。

読後感「リクルートという幻想」

中公新書ラクレ 常見陽平著 

この本を読んでいる途中から、「その通り」だけど、これは内部にいた人間なら少なからず感じていたことばかりで、果たして外部の人が読んで面白いのだろうか、という感想を持ちながら読了した。私自身1981年から2004年まで23年間在籍をした。リサーチ事業の停止を機会として「早期退職制度」を利用して独立をした。独立ができたのは、周囲を含めて独立が割に普通のことであること。また、著者も指摘しているが所得水準が高いため資本金をためるのが簡単なこと。退職金も破格であった(今はもうこの制度はないらしい)。

つまり著者はリクルートの内部にいたものにとっては「当たり前のこと」を世の中の普通の視点から切っている。この切り方がリクルートに在籍し、またリクルートの営業を受けた経験からであるため、非常に説得力が高い。

営業力が強いというリクルートというイメージを、「実は個々人の営業力が強いのではなく、組織マネージメントが絶妙」と喝破する。その通りである。私自身、入社直後は就職広告を営業する身であった。自分に営業力があるのか、ないのか、よく分からなかった。企画室が言ってくることを、長時間労働と工夫で何とか達成した。途中で気が付いたのだが実は自分の力でもなんでもなく、本部の企画力と目標達成を求め続ける組織マネージメントの力以外の何物でもなかった。

キックオフのパーティやインセンティブ、組織を盛り上げるイベント。私には苦手なものばかりだった。7年目からリクルートリサーチに出向したが、これがなければとっくに辞めていただろう。内定者集会から感じていた違和感は著者が指摘しているとおりである。リサーチの事業撤退を受けて私は独立をした。あの独特な組織風土に耐えられないことが明白であったからである。

この本は、そうしたリクルートの組織・風土を内部からの視点、外部からの視点を絶妙のバランスを取りながら書き記している。あらゆるリクルート本の中で納得感が最も高い。

誤解をしてほしくないのだがリクルートの人間は非常に魅力的な人が多い。今でも日常的に仕事や遊びでつるんでいる。変ですか?(笑)。

最近のリクルートについてはよくわからない。しかし、報道等を見ている限り上場して何をするのかということがよく分からない。M&Aをして大きくなることを目標にしているようにしか見えない。そこに何の意味があるのか。これは著者も指摘しているとおりである。

変な会社である。退職した人間同士が異様に仲が良い。私は他社を知らないがきっと変な会社なんでしょう(笑)。一読をお勧めします。

000rikuru-to

月に一度の贅沢をたくさん作る

をたくさん作ろうと決めた。
仕事や日々の生活の中にはどうしようもないストレスがある。

前もって先の楽しみをどんどん予約する。

1、月に一回は潮のランチ1900円を食べる
2、月に一度はブルーノート東京へ出かける 
  先月はキャンディ・ダルファー、5日はフォープレイ10月は桑原愛、11月はナタリーコール
3、月に一度はコンサートに出かける 10月10日 パット・メセニー
4、月に一度は映画を見に行く 8月「アナ雪」
5、月に一度は上級者に混ぜてもらってテニスに行く(週に二回の練習は継続します)
6、月に一度はラーメンを汁まで平らげる (塩分、炭水化物取り放題)^^;。
7、月に一度はJAZZオーディオに出かける メグの会で実施済み
8、月に一度は外部の勉強会に出る ライフスタイル研究会で実施済み
9、月に一度はオーディオ友達のご自宅に出かける 今月は寺島邸、斉藤邸
10、月に一度はワイン会に出てグランヴァンを飲む 自分主催は年に二回くらい
11、月に一度は正しい昼ご飯を頂く 吉祥寺武蔵

あとは、三か月に一回くらいは
国内の旅行(日帰り) 奥多摩ラフティングに挑戦

半年に一回は 国内旅行 沖縄(固定)+アルファ
一年に一回は海外旅行 今年はワイハ

てな感じ。遊ぶだけ遊んで、お仕事。まだ10年は働かなくっちゃ、かな?

定年後に向けて少しずつ趣味中心の生活にして行こうと思っています。

000rougo

本当は孫の面倒をみたいのだ。今は無理だけど(T_T)。事情は言わない。

アール・リサーチNewsLetter144号を発行します。

今回のお題は「アベノミクスを検証する」

この稿を書く気になったのはある方から日本銀行に「補完当座預金制度」という妙な制度がある、
ことを教えていただいたからです。

異次元の金融緩和を実施した「アベノミクス」。

160兆円以上のお札を印刷しました。しかしそのうち110兆円が「補完当座預金」に還流しています。
????この口座には0.1%の金利がついています。
逆じゃないでしょうか。ユーロではマイナス金利を実行しています。
個人への貸し付けや企業への貸し付けをしないと預金していても減るよ、よく分かります。

また都銀トップのMUFJは20兆円ほど米国債を買っています。簡単です2.8%の金利があるからです。

結局、借りる側にその気がなければ銀行は貸せません。
そのお金は結局は金融商品を購入するためだけに使われたのです。

具体的な数字をあげて検証します。

http://r-research.co.jp/pdf/nl144.pdf

安倍政権にとって唯一の救いは株価が上がったことです。現在の相場はPKOです。
年金機構の資産を使っています(GRIF)。今のところ笑っているのはヘッジファンドだけ。

早くもほころびがはっきりとしてきたように見えます。