ビットコインの問題点

ビットコインってよくわからなかったのですが、
このところの報道をざっと見てようやく理解しました。

通貨の発行元になるには国だけでなくて、誰でもできる。
信用がありさえすれば誰でもできる。

これまので国による通貨に慣れきった我々には想像しにくいのですが、
実は歴史の中で考えると、国よりももっと先に私債権はいくらでもある。

ただ問題なのは
マネーロンダーリングを代表とする犯罪組織に利用されること。

つまりこれまでの国の通貨には法律があり、違反すれば検挙・逮捕され
罰されます。

ビットコインで問題になるのは、
この警察・監察機能がないことでしょう。

今、なぜ東京の取引市場が閉鎖しているのかがわかりませんが、
ビットコインの考え方は犯罪でも、けしからんことでも何でもないと思います。
ただ、余りにも歴史が浅いので素人が手を出す市場ではないと思います。
ここしばらく購入してみようか、なんて思っていましたが、当分静観です。

ビットコイン

アール・リサーチNewsLetter更新しました。

ロングセラー商品の解明

今回は結成50周年を達成したローリングストーンズ。
浮き沈みが激しい音楽業界の中でまさに驚異的な売上。

ロングセラー商品になるには
1、製品カテゴリーの先駆者であり積極的なマーケティング投資を行う
2、製品コンセプトがシンプルであり、わかりやすいこと
3、製品コンセプトは変更しないこと
4、環境変化にあわせて製品の改良、改善を行うこと

この四つは私が日本マーケティング教会のマスターコースの卒業論文として書いた
「ロングセラー商品の条件 大塚製薬のファイブミニ研究」
(ご希望者には差し上げます)
の中で規定したことである。

ローリングストーンズは
1、出発点はブルースである
2、今日に至るまでOSとしてのブルースは変わっていない
3、時代に合わせてアプリケーションとしてフォーク、ロック、パンク、ヒップホップなどを
  柔軟に取り入れている。
4、自らのブランドイメージをほとんど変えていない ちょいワル、

詳細はこちらからどうぞ、


相変わらずカッコイイです。
東京ドームも行くぞ!

ローリングストーンズ

かぶりつきGC席は8万円、S席は18000円でした。撤退します。


東京家庭裁判所に美人判事

別に犯罪を犯したわけではありません。
遺書の確定に行ってきました。

遺書なんてものを残していたためにかなり余計なパワーを取られました。
まず行わなければならないのは、法定相続人を確定させる作業。
これが面倒、母と私と弟以外に相続人がいないかどうかを明確にしなければ
ならない。いる証明は簡単。いない証明は大変です。
結局、10通近い謄本を取り寄せ、時間で言えば一ヶ月以上かかりました。

で、ようやく遺書の中身を見たのですが、余命が発覚して以来の父との会話
そのもの。つまり同じものだったのです。
ただし書かれた日付は平成11年なので、15年前。不慮の死に備えていたのです。
法律家らしいといえば法律家らしい。

ドッと疲れました。

ところで遺書の開封は裁判官の立会いのもとで行われるものなのですね。
ところがこの遺書が本物かどうかは確認しますが、中身にはまるで触れず。
拍子抜けでした。

この日の最大の収穫は、裁判官がうら若い美しい方だったことです。
部屋に入ってきたときは冗談かと思いました。ドラマみたい。
160センチくらい、淡いピンクのスーツ、フィギュア解説の八木沼純子
を思わせる美人でした。

弟が発見した遺書をなぜ兄である私が申し立てをしたのか?ここだけで
随分時間を使いました。どうやら私が法律に馴染む話し方をしていない
ことが原因でした。あぁ、この道に進まないで良かった。この瞬間にわかった。
父からは散々法学部へいけ、公務員になれ、とけしかけ
られましたが、私はこの世界は無理。

と、いうことで最後の最後にちょっと特をした思いでした。
ちゃんちゃん。

yaginuma

ちなみにこれは八木沼純子さんです。

「クルミド珈琲」にて素敵なフルートの夜

クルミド珈琲といってもなんのことだかわかりませんよね。
実は私の住居と職場の最寄り駅の西国分寺駅から徒歩3分の喫茶店です。
クルミドコーヒーはこちら

結構美味しいと評判(食べログでも)なのですが、私がコーヒーを苦手にしている(お腹が痛くなる)せいで
足を運ぼうとはしませんでした。
先週FACEBOOKを見ていたら偶然に書き込みを発見。

なんとフルートのコンサートをするとのこと。
ご案内のブログはこちら 結構いい話です。

メールで予約を取り、出かけました。といっても徒歩5分の距離です。
いい雰囲気のお店です。天井が高い。ちょっと緊張して入店。
客は私を入れて7人。しかも全員男性。半分は年金生活者とお見受けしました。
途中一人女性が増えたのですが、どうもお店の関係者っぽい。なぜ女性が少ない。わかりません。

定刻にオーナーの影山さんとフルート奏者の下払さんが登場。

下払さん

ლ(╹◡╹ლ)可愛らしい。小柄で細身、とてもフルートを吹くようには思えません。
とにかく近い。2メートル前で演奏を聴きました。
AKBの近さよりももっと近かった。「感動は距離の二乗に反比例する」の法則は生きていました。
こちらもご覧ください

バッハから、武満徹さんの遺作、ピアソラなど6曲。
面白い発見をしたのですが、音はフルート全体から出ているのでいわば面定位。
それに対して呼吸(吸う音)は点定位。ちょっと近すぎて呼吸の音がちょっと違和感。
ま、耳はすぐ慣れますから30分も経てば音楽に没頭できるようになりました。

予定の一時間を超えて、影山さんによるインタビューや観衆とのやり取りもあり、とても楽しい時を過ごしました。
自宅のこんなに近くにこんな素敵な場所があったのに3年間もwasted time を過ごしてしまった。
でも、いい。これからはずっと通えばいいのだ。

お店の外観。

クルミドコーヒー

店内の様子

クルミド珈琲2

素敵なお店です。

ストーンズ

もちろんローリングストーンズのことです。
まもなく来日ですね。それにしても結成以来50年。これはタモリよりすごい。

相変わらずダンディなメンバーですが、御年70歳、古希ですぜ。
次回のNewsLetterになぜこんなに長く続いたのか「ロングセラー商品」という視点から見てみようと
思っています。

実は、私はストーンズのファンか?と言われるとそんなことはない。
まぁ名曲は知ってますよ。サティスファクションなんかカラオケでも歌う(ご迷惑をおかけしております)。
ただ、10曲くらいかな。聞いて曲名が出てくるのは。

で、今朝から音源を借りて全シングル63曲を流し聞きしています。
初期は本当にブルースそのものですね。で最近はって言うとやっぱりブルースなんですよ。
つまりストーンズはベースにブルースがあって、そのトッピングを時代に合わせているんじゃないかな、
ってなことを感じています。

同時代のビートルズと全く対照的。News letterではこの辺を深堀りします。

ミック・ジャガーって悪童がそのまま大きくなっていたのか、というと大違い。
実は経済学部をとってもいい成績で卒業をしています。ミュージシャンになるか、税務署職員になるかを
迷ったらしい(笑)。

コンサートには一度だけ行きました。ドームのコンサートはいかないことにしているので、
一回だけの武道館。すごく良かったですよ。開演40分遅れ(笑)。やりたい放題でした。
高校生だった息子と一緒に行きましたが、感動しすぎてプロを目指して大学を中退しました。
今は堅気になりましたが、ひょっとして人生を狂わせたのは俺か?

しかしストーンズはツアーが本当に多い。実は彼らは一番先にレコードを売るよりもツアーの方が
儲かるということに気がついたミュージシャンではないかと思っています。
この辺も深堀は待ってください。

でも、カッコイイですよね。理想のじっちゃんだ。

ストーンズ

雪害コンビニにヘリコプター

東日本一帯を襲った雪害。
6日経った現在でも、孤立している村があるという。想像を超える積雪だったということです。

そんな中、工場が再開し、スーパーやコンビニにもモノが届き始めています。
しかしそんな中「コンビニ各社が雪害にあった店舗にヘリコプターを使って」という記事を読んだときはびっくりしました。

「山梨県や長野県の店舗に対してヘリを使いおにぎりやパン、カップ麺等を届けた」

これはコストは全く無視していますね。

もちろん、「被害に遭われた人に食べ物を」というのは企業として当然のこと。
しかしヘリを使うというのは驚く。
くり返し書きますが、コストは全く合わない。どころか、大赤字でしょう。

山崎製パンがネットで賞賛された。株価も上がった。

地域に根ざしているコンビニに食べ物がない。
これに対して企業としては何が何でも他社に先駆けて食料を届ける、というふうに発想したのは当然とも言えます。
山崎製パンはとっさの機転で賞賛を浴びた。

次は難しい、山崎製パンの陰に隠れてしまう。
しかし、他のコンビニチェーンがなんとか対応しているのに、
自社だけが対応がないという事態だけは避けなければならない。

マイナスにならないためのマーケティング戦略。これは企業にとってはしんどい時代である。

安くて、ちゃんとしていて、美味しくて、スマイルで、当然。

大変な時代ですね。

aheri

これじゃないですよ(笑)。

ヴィジュアル&プロポーション矯正

というのに行ってきました。

共同購入サイト「わっしょい吉祥寺」で
150分、22000円を3980円で購入しました。
基本的には人体の骨を矯正することで健康な体を作るため。

予約を取り、阿佐ヶ谷へ。完全に民家なので見つからず。かなり迷いました。
看護師で鍼灸免許を持つ川野嘉桂香さんという方が一人でやっておられます。
完全予約制。

まず問診に15分、事細かにいろいろ聞かれます。そろそろヘタリかけていますから、
体について思いつくことをすべてお話する。ビジュアルは変わりようがないので・・・

続いて全身の測定。体中の骨を触って歪みを見つける

施術約1時間半 これほど丁寧に体中の関節を動かしてもらったのは初めて。
硬かった体が嘘のようにふわふわと動く。かなり気持ちがいいです。痛くはありません。
軽い腰痛が嘘のように。

最後にカウンセリング 施術前後の写真で矯正の程度を確認し一週間後の予約。
私はビジュアルはいらないので、12000円(90分)コースにしました。
効果がその場で確認できたのです。二回目だけ一週間後、そのあとは月に一度が標準的なコース。

理念 健康は人生の目的ではありません。最初にあるべき条件です。私が関わる人には、真の健康を得てかつ美しくなってもらい、ご自身の人生を最大限楽しむことができるようになるため心を込めてお手伝いをさせていただきます。

徹頭徹尾、骨です。

必要な情報は http://www.luna-chiro.net/menu04/
をご覧下さい。

本来は私はビューティコースはいらないのですが、せっかくなのでやってもらいました。
???よくわかりません。人生初、ローションというものを顔に塗られました。お肌ツルツルです(笑)。

born

 

豪雪に思う

山梨、長野では雪による被害が拡大しているそうだ。
孤立する村、40時間も動かないトラック。時間が経つにつれての健康被害が心配されます。

これほどの豪雪が二週間に来るとは「想定外」でしょう。
昨日も書きましたが、普段雪が降らない都市部では数十センチの雪が都市機能を麻痺させます。
おそらく自治体は30センチ程度の被害を想定して重機などを手配していたと思います。
東京区部であれば、30センチ程度であればスタットレスタイヤでなんとかなります。

甲府にしてもこれまでの記録が49センチ、そこへ120センチの雪が降ったらお手上げです。
もっとも一晩に120センチは豪雪地帯でもめったにないのでは。

これは、規模こそ違え地震に次ぐ大きな自然災害です。
まだ救いになるのは雪は気象現象ですから、予報が非常に精度が高い。備えることができる。
「今回は前週ほどの雪ではないでしょう」とこれは予測を誤った。
しかし、気象のような複雑系の予測は難しい。

つまり今回のことに関しては誰もが予想できず、有効な対策を打つことがなかったからといって
誰も責めることはできない、というのが私の結論です。

大罪はNHKにある。
月曜日になってから急速に映像を増やしましたが、16日までほとんど放送をしなかった。
ネットで甲府の状況がどんどんシェアされ、大変な状況になっているのに最低限の放送すらしなかった。

原因は「ソチオリンピック」の放送をできるだけ中断したくなかった、からだと推測します。
莫大なお金が動くオリンピック放映料。切りたくない気持ちは分かりますけどね。
NHKが大きく放映していれば、自衛隊、政府の動きも変わっていたはずです。

そんな中で救いは「山崎製パン」。工場から大量の菓子パンを渋滞現場に届け、配った。
そのほかにもSAの牛丼や蕎麦屋が無料で食事を提供したらしい。まだまだ捨てたもんじゃないですね。

スペシャルカードアンパンマン

雪かきに思うパート2

皆さんご存知のとおり、関東は二週続けてとんでもない雪になりました。
今週のは先週ほどではありません、という予報を鼻で笑って低気圧が過ぎて行きました。
「大した雪でもないのに」と雪深い国の方はおっしゃるかもしれませんが、装備がないんです。
除雪車がないんです。雪を捨てる場所もないんです。各家庭にスコップがないんです。

都心30センチ、国分寺35センチ、実家のある八王子50センチ、甲府120センチだそうです。
母が住んでいる八王子に出かけようかと思ったのですが、
「来てもらっても車を止めるスペースもない、とにかく来ないでいい」と母。

聞けば前のお宅の駐車場が雪の重みで潰れたらしい。
母は外へ一歩も出かけられないので近所の方のお世話になっています。

30年前に父と母が購入した一戸建て。
ご近所も同じ高齢化しつつありますが、70歳前後の若いモノが雪かきや生存確認を
してくださっています。ほんとうにありがたいことです。
父の病気の看病から葬儀まで助けていただきました。

西八王子駅からバスで20分くらいかかりますから、都心への通勤は非常に難しい。
多摩ニュータウンと一緒ですが、高齢化に歯止めがかかりません、というかその一途。
今はかろうじて成り立っているコミュニティ。あと10年で機能しなくなるのではないか。

ちょっと暗澹たる気持ちになります。

温暖化が叫ばれる一方、こうしたドカ雪。首をひねりたくなります。
今週は火曜日から水曜日にかけてまた雪だそうです。とにかく行ける時に行って、
母を国分寺に退避させます。

甲府、長野の皆様。もう少し頑張ってください。

azyosetu

物欲の塊

私の友人の永江さん(リクルート同期)がFACEBOOKに「物欲の塊」という投稿をしていてとても面白かった。
http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=10974

私も考えてみた。
どうしても欲しいもの
1、オーディオのアンプ Devialet Prumierというフランスのアンプ
  新製品で購入してちょうど3年使っている。プリメインなのですが、DAコンバーター内蔵、フォノアンプ内蔵
  これを贅沢に2台(モノ使用)しています。
  こいつがバージョンアップサービスを開始したのです。
  外側(エンクロージャー)はそのまま、中の回路を全部新製品のものに変える。
  しかしお値段65万円。しかもモノ使いなのでさらに倍。130万円。値引きなし。

Devialet

2、DAコンバーター INVICTA米国
  先日スーパーハイエンドオーディオ先輩の家で聞く機会があったのですが、
  合計1000万円のdcs、300万円のLINNといい勝負。
  最高の売りはSDカードスロットがついていて音楽をそのままコードレス、回転レスで聞ける。
  この点において、私は前二者よりも好ましいと思っているのです。お値段65万円
  スーパーコストパフォーマンス。
INVICTA-mirus-594x289

3、レコードのカートリッジ 光駆動
  これ革命的。今まではレコードの溝の信号を微小電流で拾ってきてアンプで増幅するのですが、
  どうしても余分な信号が乗ってしまう。この微小信号を電気ではなく光に置き換えて再生をします。
  使ってみたい。お値段30万円。倍の値段をつけても売れると思います。

光

4、トーンアーム
  これも革命的。アームの軸の部分をオイルで浮かせています。これのロングアームが欲しいです。
  なんだかんだで40万円。

ヴィヴラボ

なんだ、オーディオばっかじゃん。
おしゃれに関しては、吉祥寺の古着屋で十分。ブランド物が1/10で買えます。
ワインに関しては言い出したらきりが無い。ロマネ・コンティ飲みたい。一本100万円!
時計で欲しいのはHublot 約300万円

hublot_img
クルマは駐車場の関係で無理。
永遠の恋人はこいつ ロータス・エリーゼ 800万円。

SN324144

iPhone6 5sのタイミングを逃してしまった。

iphone6

物欲ですからね。美味しいものたべたいとかはなし。海外旅行もなし。
テニスは特別欲しいものはないな。ダブルスの上手なパートナーは欲しいけど(笑)。

物欲合計1500万円なり。案外、大したことはありませんね。ポルシェ一台分。
ま、実現しそうなのはiPhone6。
  
さ、お仕事、お仕事、仕事で稼いで買いましょう。

次のページ →