首相の靖国参拝を思う

日経デジタル版

安倍晋三首相は26日午後、自民党のインターネット番組で、駐日米大使館が首相の靖国神社参拝について「米政府は失望している」との声明を発表したことに関して「様々な誤解があるのも事実だ。特に近年その誤解がだいぶ増幅されてきた。しっかりと説明していくことで誤解を解いていきたい」と述べた。

何ゆえにこの時期に靖国神社を参拝するのか理解ができません。
中国、韓国とそれでなくても問題を抱え、関係が悪化しているというこの時に。

私は左翼でも右翼でもないつもりですが、やはり違和感があるのが
A級戦犯を合祀していること
 ドイツがヒトラーで同じことをしたらどう思いますか?

どう考えても靖国神社は宗教団体であり、首相が公務として参拝するのは
 政治と宗教の分離をうたった憲法違反ではないか。
 カルト宗教団体に首相が参拝することは許されるのか?

先の大戦がどのようなものであったのかは私は全く知りません。また聞きの情報ばかりです。

先日亡くなった父は、少年飛行隊として訓練を受けている最中に終戦を迎えました。
座学からの卒業を間近にし、飛行訓練に入る直前でした。すべてがひっくり返った
中、広島県の山中から故郷の伊万里市へ徒歩で向かいました。原爆投下直後の広島を
通ったのです。多くを語りませんでしたが悲惨の一語。自分たちは一体何をしてきたのか、
戦前の教育に対する怒りは半端ではなかったと聞かされました。

昭和天皇は1975年のA級戦犯合祀以来、靖国参拝を取りやめ、
今上天皇も同様の行動をとっている。不快感の表れでしょう。

中国や、韓国が言うように一方的な侵略であったかどうかは判断がつきません。
政治というのは生き物ですから、その時に生きていない限りわからないのが原則だと
思っています。ましてや現在と違いログが完璧には残っていない時代です。
戦争はある種の狂気の中で行われるものではないかと思います。
日本中が軍国主義に狂っていたというのは事実でしょう。

中国や韓国に対する国家賠償が終了していることは明らかだと思います。
しかしながら、その感情を悪化させることが分かっている行為を首相が率先して
行うことはすべきでないと考えます。

安倍政権はとうとう本音を出し始めたように思います。
一党独裁に近い今日の日本。未来の危なさを感じます。

このブログは政治・宗教には触れないという原則を守ってきたつもりですが、
この件に関しては一言、心情を吐露させていただきました。

日本の子供の幸福度

ユニセフと国立社会保障・人口問題研究所発表

子供の幸福度総合順位
1位 オランダ
2位 フィンランド
2位 アイスランド
4位 ノルウェー
5位 スウェーデン
6位 日本
7位 ドイツ
8位 スイス
9位 ルクセンブルク
10位 ベルギー
10位 スロベニア

が上位トップ10なのですが、北欧の国ばっかり。
決め方
1、物質的豊かさ
2、健康と安全
3、教育
4、日常生活上のリスク
5、住居と環境
を指標化し、合計点で決めているという。

実は延々と30位までを見ても欧州の国ばっかり。
例外は29位の米国のみ。

日本は「日常生活上のリスク」と「教育」の二指標では全体の一位。
「健康と安全」16位、「住居と環境」10位だそうです。

さて、日本の子供たち「日常生活上のリスク」は納得ですね。海外にも行くことが
多いですが、深夜に女性が独り歩きできる国はないでしょう。治安の良さ。

「教育」の何をもって一位なのかわかりませんが、大学進学率なら断トツのトップでしょう。
しかしその中身はと言えば暗然。大学生の名に値しない学生がたくさんたくさんおります。

「物質的な豊かさ」は世界一位じゃないですかね。こんなに子供に甘くて何でも買って
与える国は少ないでしょう。自由にできるお小遣いを子供が持っていることは世界中で
日本くらいだそうです。解説によると貧困層がやや多いということですが、あんまり
納得できる理由ではありませんね。また、何でも言うことを聞いてくれるジジババが
おります。
ただ、格差は広がっているようで貧困ラインを下回る子供が15%と高いのが響いた。
要するに若い世帯が十分な給料をもらっていないということでしょう。貧困問題はこれから
さらに問題化するのかもしれません。

「健康と安全」では低体重(2500グラム未満)で生まれた乳児の割合が高いとのこと。
それってでも子供の幸福度にカウントされるべき数字でしょうか。低体重であっても
立派に育ちます。

「住居と環境」に関してはよく10位でとどまっていると思います。欧州の子供たちの
住環境を知るものではありませんが、ウサギ小屋と言われる状況はそれほど変化して
いないと思います。

日本の子供たちはとても恵まれた環境にいることは事実だと思います。しかし、
幸福度となると、どうでしょう。「いじめ」の問題は日本特有ではないものの、
改善されているとは思えません。むしろスマホを通じて陰湿さを増しているように
感じます。また子供の自殺率は上昇を続けています。

http://www.mext.go.jp/component/b_menu/shingi/toushin/__icsFiles/afieldfile/2009/04/13/1259190_4.pdf

0000kodomonohinkon

ファミレスのフォアグラ

しばらく前にファミレスでフォアグラをメニューとして出すということは聞いておりました。
身辺の都合でここのところ外食をする機会が多かったのですが、

ある日のデニーズ、フォアグラとフィレステーキのダブルセットを発見。
0000afoagura

なんでもロッシーニステーキというらしい。あの作曲家の?

結論から言うと「そこそこ食える」5000円のコースで出されたら怒るけど。
お値段、1790円。サラダとパンがセット。

この季節を彩る、フォアグラのロッシーニ風。毎年楽しみにしているファンの方も多い、デニーズ自慢の逸品です。トリュフ入りのソースは芳醇で奥深く、上質感あふれる味わい。さらにキッシュを添えて、見た目も華やかなひと皿になりました。ワインと一緒に味わうのはもちろん、サラダや石窯パンに合わせて、ソースをなじませながら食べるのも格別です。いつもより少し特別な時間を演出する、珠玉の味わいをぜひご賞味ください。


えっ、トリュフも入っているの?その香りは残念ながら感じませんでした。

で、次の機会に全く同じお店でステーキを食べてみました。はやりの熟成肉

0000adayo

値段はロッシーニ風を上回る2090円。
これがひどい、固いわ、変な匂いがするわで途中で食べるのをやめてしまいました。

最大チェーンですから、このお店だけがたまたま美味しくなかったということはないでしょう。
ソースの種類を聞かれたのですが、私は美味しい肉は「塩コショウ」に限る、
と思っているので。塩コショウで食べると伝えたのですが、ウエイトレスの
女性は小さく「ハイ」。焼き具合も聞かずに去ってしまった。
そのあとやたらと時間がかかって出てきたのが件の品物。ソースでごまかすのが
デニーズ流?

本当においしい牛肉をお届けしたい! そんな思いから実現した、デニーズの“熟成ビーフ~ドライエイジング~”。米国の一流ステーキハウスでも用意され、最高峰の熟成法と謳われるドライエイジング製法で熟成させました。他ではなかなか味わえない稀少な牛肉を、大型レストランチェーンで初!高いクオリティでお楽しみいただけます。 ジュージューと音を立てる鉄板が、食欲と好奇心を刺激。口に運ぶと、噛みしめるごとに肉の旨味がほとばしります。やわらかい中にもほどよい弾力を感じる肉質、鼻をぬけるふくよかな香りは、ドライエイジングのプロセスを経た牛肉ならでは。デニーズが贈る、ビーフの真骨頂をぜひお楽しみください!


これがデニーズの真骨頂だというのならがっかりです。
ま、2000円で美味しい熟成肉を求めるほうが無理なのでしょうね。

私がこれまで一番おいしいと思ったステーキは、
肉屋の叔父に頼んで特別に取り寄せてもらった、100グラム5000円もするものでした。
お店で食べたらいくらになるのか、見当もつきません。
もちろん塩コショウでいただきました。安旨というのはなかなか難しいですね。

私が今、コストパフォーマンスが一番いいと思っているのは、
北府中 ステーキハウス カロリーハウス 
ハンバーグ150グラム、ステーキ150グラムで1700円也。
近いし、いつ行っても行列ですが、やめられない、癖になる味です。

http://tabelog.com/tokyo/A1326/A132602/13039277/

0000acaloryhouse

小さく17席しかありませんが、30年以上全く同じメニューです。

ソーシャル・セキュリティ・ナンバー導入すべし

父の葬儀が終わり、やれやれと思っていたら、とんでもない届出義務に辟易しています。

・死亡届 これは仕方がないですよね、出さないと火葬許可も埋葬許可もおりない

・国民健康保険証の返却
・国民保険保険葬祭費 少しだけど戻ってくるらしい。ま、これはゆっくりやってもいい

・後期高齢者医療保険証返却
・後期高齢者医療葬祭費 少しだけど戻ってくるらしい

・国民年金支給申請
・遺族年金、寡婦年金、死亡一時金
・厚生年金、共済年金 共済組合    ここはよくわからない

・印鑑登録証の返還

・生命保険の清算

続いて相続の部
・不動産名義変更
・遺書 があるので法務局まで届けなければならない
・株式、現金などの把握
(ここは完全にギブアップで税理士さんにお願いをすることにしました)

・電話、水道、電気、ガス すべて名義変更

それにしてもなんでこんなに面倒なんでしょう。
しかもそれぞれに印鑑、印鑑証明、住民票、戸籍謄本(相続人全員の)。

ソーシャル・セキュリティ・ナンバーを入力し、「死亡」が確認されると
システムが動いて勝手に処理をしてくれるようなシステムを作ってください。
特に年金と健康保険についてはできますよ。

私は普段の仕事があるのだよ。特に相続に関しては役場に行かなければならない
ケースも多い。東京都の場合法務局は立川にあるので、比較的近くで助かったが。

昨年、義父が亡くなったが、同様の手続きで2か月かかったという。
それぞれ管轄する役所が違い、すべてがつながっていないからだ。
こんなことをしているから、日本のホワイトカラーの生産性が低い、って
言われるんじゃないすかね。

お願いですからシステム開発をお願いします。心からそう思う。

000aa)

これはビジネスの種になりますよ。まじで。




まだお疲れモードです。

週刊マンガ「モーニング」 毎週買うマンガ誌はこれだけになった。

moning

10年前に独立する前は一週間で
ヤングジャンプ
ヤングマガジン
アクション
モーニング
ビックコミック(隔週)
ビックコミックオリジナル(隔週)
スペリオール(隔週)

とほぼ毎日買っていたことになる。
これは、通勤電車の帰りでほとんど読んでいた。

つまり、会社で疲れ切って「仕事脳」になりきっている頭を
「オフ脳」に切り替える必要があったからだと思っている。
電車に乗っている40分間にちょうど良かったということもある。

で、独立してみると、電車に乗る時間はゼロ。
松戸時代は徒歩10分、引っ越し後は3分。
仕事脳をオフ脳に切り替える必要がないのかというと全くないわけではない。

ただし、会社員時代のように会議、ミーティングに使う時間は劇的に減った。
というかほぼゼロだ(笑)。
部下のマネージメントもなし。あの大嫌いだった査定会議もない。

もちろん業績や利益に対する気持ちは変わってはいないが、
自分を律すればいいことなのでこれもストレスは大幅減。

会社用に借りているオフィスビルにオーディオセットを置いているので
毎日触れることができる。ビルだから深夜、土日は人がいない。
大音量で聞いても誰からも文句が来ない。以前は家の中での苦情が絶えなかった。

まぁこんな状態でいいのかと思う節もあるのだが、いまさら会社員に戻ることは想像できない。

え~~、いろいろ書いてきましたが、
今日、勘違いで「モーニング」を買ってしまった。
気が付けば年始合併号。そう、先週のものを買ってしまったのだ。
330円。これほど無駄な出費はない。疲れているとはいえ、大失態。

普段はほとんど行いませんが、アンケート読者プレゼントに答えた。
商品で元を取るのだ、というとりとめのない話でした。

これまでに一番楽しみ見ていたのはこいつ。主人公の破天荒さにあこがれました^^。

gamble

亡くなった父で、不思議なことが一つありました。40年以上前でしたが
赤塚不二夫の「バカボン」を愛読していたこと。普段は専門書しか読まない
ってな顔をしてましたから。これは聞きそびれた。

お葬式産業について考える

父がなくなって、まずしなければならないことは葬儀である。
自慢ではないがこれまで喪主になったことは一度もない。

病気があらかじめ分かっていたので、12月7日(土)に葬儀社と打ち合わせをすることに
していた。若干、不謹慎かと思ったが、何しろ経験がない。

ところが12月5日に容体が急変。
急遽、打ち合わせを6日に変更したのだが、
6日の午前4時過ぎに父は亡くなった。

さて、葬儀社の人とはまだ一面識もない。しかし病室は空けねばならず、
家に連れ帰らなければならない。病院付の葬儀社はいたが、すでに私は
A社に頼んでいた(会ったことはなかったが)。

5時過ぎにとりあえず電話をすると、さすがに24時間対応。
7時には迎えに来てくれるという。

時間通りに車が病院に到着。都内と言っても八王子の西部。よく手配がついたものだ。
家に着くととりあえず遺体を安置し、お葬式(通夜、告別式)の日程を決める。
父の遺言で斎場は決めていたのだが市営で料金が安いため混んでいる。

結局4日後に通夜、翌日に告別式を行うことになった。
しかし、いかに冬場とは言え、4日後では遺体の損傷がひどいのでは。

エンバーミングという言葉を初めて聞いた。
全身の血液を抜き防腐処理を行い、さらに遺体のお化粧をしてくれるサービスだ。
選択の余地はない。お願いをすると5時間後に帰ってきたのだが、びっくりした。

最後までがんと闘ったのでやはりげっそりと痩せていた。頬もこけていた
それが生前の写真で渡した通りの姿になっていたのだ。恐るべし。
詳細はhttp://www.koekisha-kyoto.com/embalming/ でご覧いただけます。

翌日、葬式の細部を詰める打ち合わせ。
父の「できるだけ質素に、戒名、坊主、読経なし、献花なし、香典もなし」の意向に
そって、一つ一つ決めていく。この間、様々な決断をしなければならない。
終わったのは3時間後。選択に次ぐ選択で疲れる。
選択は全てiPadわかりやすいのが救い。

結果、何等の問題もなしに葬儀を行うことができた。
葬儀社のおかげである。彼らの助けなしには葬儀は絶対に出せなかった。
役所に死亡診断書を持って行って、火葬許可書をもらうなんて考えもしなかった。
社会から必要とされる存在であることがよくわかった。

しかし、費用は高い。
参列者を200人と読んで、見積もったが、
どう考えてても料理(寿司、煮物)などがバカ高い。近所のすし屋に頼めば
1/4くらいで自分で手配できる。が、そんなこと言える雰囲気ではない。
この人(社)に文句をつけたら、邪険に扱われるかもしれない。
失敗ができないのだ。任せるしかないではないか。

普段の買い物では絶対に値引きを要求する私が、一言も要求できない。
食事以外ではそもそも相場がよくわからない。お棺が15万円というのが
安いのか高いのか全く分からないのだ。それはそうだ、普段絶対に触れない
ものだから。
電源ケーブルの半分ならまぁ、いいか(爆)。
esoteric

お葬式の値段を交渉するのが気が引けるからだ。
故人に失礼という雰囲気もある。

坊主丸儲けという言葉があるが、葬儀社も相当儲かっているのではないか?
調べてみるとなんと一部上場企業。ちゃんと儲かっています。

これはこれからの高齢化社会。儲かるんじゃないかと思ったのですが、
増えるのは家族葬ばかり。高齢で亡くなる方は親戚、近所の人も少ない。
大きな葬式はどんどん減るばかり。

この業界、とても面白そうなので、研究材料にしてみます。

この会社さん、とても感じがよくて値段を除けば満足です。
メールをいただければご紹介します。

寺島さんが我が家にやってきた

寺島靖国さん
吉祥寺メグのオーナーであり、JAZZ評論家であり、オーディオ評論家として名高い。

私が国分寺に引っ越してもう少しで3年になる。
吉祥寺が近くなったこともありしょっちゅうメグへ
そんなある日、ディスクユニオンのJAZZコーナーで寺島さんを見つけた。

「ファンです、オーディオが大好きなんです」
「だったら、毎月第四土曜日にJAZZオーディオの会にいらっしゃい」

それから毎月通った。楽しい。オーディオの友達がたくさん増えた。
会が終わった後の「中華街」という店での打ち上げにも顔を出すようになった。
いつの間にか会の準備を手伝う、下働きにもなった。かみさんもこの会だけは
快く送り出してくれる。そう、おじさんばっかりの会だから(笑)。

そんな寺島さんが「お宅の音を聞かせてほしい」と。
あわわ。心の準備ができてないよん。ぼろくそに言われたらどうしよう。
しかも季刊「アナログ」誌の記事になるという。
ま、逆に安心しましたけど。雑誌に載るのであればあんまりひどいことはかかれまい。

img7570725549677

さて、当日。
援軍にオーディオ仲間を待機してもらって万全の態勢。
まずはうちでは絶対に出ない低音「Kenny Barron」のThe momentを。
案の定、寺島さんの顔は曇りがち。
そこで友人の援護「バスレフのスピーカーは超低音がでないんですよ」。
「わたしはこのCDが嫌いなんです」がはは。序盤肩すかし。

あとは私の得意「美音」オンステージ。一応低音は普通に出ています。
でないのは「超低音」。ここにはあんまり興味がない(笑)。
二時間の予定が、三時間に。次の予定があったので残念ながらこれまで。

img_457117_15000885_1

本日発売の季刊「アナログ」。見開き2ページでわがシステムが紹介されています。
ぜひ買ってください。

一応、美音は嫌いだがこの美音は素晴らしいとお褒めの言葉をいただきました。

こんな感じです。
アナログ

大きい写真を見るにはダブルクリックをお願いします。

img_457117_15000885_0

しかし、この3年間。ずいぶん突っ込んだ。そろそろ止めないと・・・さすがに金欠病。

父を送りました。

父を送りました。

12月6日(金)午前4時23分 胃癌 83歳の生涯を閉じました。
さかのぼること5か月前。

「息子さんと一緒にいらしてください」
担当医師は「末期の胃癌です。3~6か月と考えてください」

それ以来自宅で療養。
自分の足で立てなくなり入院。7日目にこん睡状態となり、そのまま永眠。

父の遺志により無宗教、無供花、無香典。

「葬儀は簡素にしてほしい。見栄や外聞への考慮は全く無用なことである。人はこの世に生まれる時、肉親の間にひっそりと祝福され、そしてこの世を去る時も、肉親の間にひっそりと消えるべきであろう。写真と花壇で十分である。戒名は無用である。要は簡素であるべきである」

私に宛てた「葬儀についてのお願い」より抜粋

__

1930年、佐賀県伊万里市に農家の三男として誕生。
終戦直前まで少年飛行隊に所属。実技訓練が終わっておらず命拾い。
広島県の山中で終戦を迎える。
伊万里市まで徒歩で帰る途中に原爆投下直後の広島市を見る。
上京、中央大学を卒業、法務省に入省。
フロリダ州立大学大学院に2年間官費留学。
50歳で亜細亜大学法学部で教鞭をとる。ケンブリッジ大学に招へいされ一年を過ごす。
70歳で退官。
八王子市で余生を過ごす。

若き日の私にとっては「目の上のたんこぶ」のような存在でした。
「法務省矯正局」とは刑務所やそれに伴う施設のこと。
2~3年ごとに繰り返される転勤。子供の身にはきつかった。いじめにもあった。
進学・就職を巡っては対立し、ほとんど実家には帰らなかった。

やがて孫が生まれ、お互い大人になり、一年に数回は帰省をするようになる。

今年に入り体重が減り、胃に違和感を覚え、検査の結果胃癌と判明。
週に一度は実家を訪れ、MLBなどを見ながら様々な話を聞くようになった。
少年時代の話、母とのなれ初め、留学時代の話、など、4か月間。

父の希望で無宗教の葬儀に。献花だけなので時間が余る。
喪主のあいさつとして、20分ほど父の人生を振り返った。父は公平だった。

まだ告別式から一週間が経ていない現在。
身近なものが突然いなくなるという現実に驚いています。

当面は81歳の母を何とか元気に暮らせるようにヘルプします。

人間ってこうして消えていくんですね。
今日から本格的な始動をします。少しずつ、いつもの生活に戻るつもりです。

36718