雪の東京

朝、起きるとそこは雪国だった。
前日から天気予報で知ってはいましたが、これほどとは。

私が住む国分寺は中央線で新宿から30分。
雪の積り方が都心とは違う。
今はヒルズの49階だが、都心の雪はほとんど溶けている。

大抵の場合、
雪は朝まで降って、積もってもそれまで。
今日は違った。昼過ぎまで本降り。

たかだか10cmだが、こちらでは大変な騒ぎ。
クライアントのアポに30分の余裕を見て出発したが、
電車がこない。
積雪のせいであちこちのポイントが故障していたようだ。

滑りにくい靴で出かけたが、
駅までの歩道は踏み固められ、ツルツル。
数度滑りながらいつもの倍の時間をかけて駅へ。

戸隠でもそうだったが、甘く見ていた。
人間、何回やったら気が済むのか、同じ間違いを起こす。
雪に至っては今年は三回目だ。馬鹿だな。

今日はこれからセミナーを聞いてから帰宅だ。
真っ直ぐ帰ればいいものを、甘いお誘いに乗ってしまった。
帰りは遅れる満員電車で帰るのだ。
やっぱり馬鹿だ。

だって人間だもの  りゅーぼん



戸隠にて、春まで掘り出さないそうです。