東京大震災

が起きたら、どんなことになるのか、想像もつかない。

地震直後は倒壊した家屋の下敷きになる人が多く出るだろう。
特に下町。耐震強度を定めた法律以前の建物が多く、多くは
全壊するでしょう。この下敷きになった人たちを救えるか。

また、同時に発火する火事に対してどう対処するか。

以上に関しては全くのお手上げだ。

地震から2時間以内に津波が東京湾岸を襲う。
東北と違って防波堤がない。海抜10メートルくらいまでの
地域は津波に飲み込まれる。

以上の直接的な被害者は百万人に上るのではないか。

家を失い、水も、食料もない難民が東北の比ではない数になる。
それらの人々の当面の食料品や避難場所をどうするのか。
帰宅難民への救援物資も必要だ。
水、食料、トイレ。

今回の大震災は昼間に起こった。
もし深夜だったら被害はさらに大きくなっただろう。

東京大震災の想定は真冬の深夜にマグニチュード8クラスだろう。
今から直ぐにでも準備を始めなければならない。

まず、家庭には一週間、家族を支えられる「水・食料・暖をとれる」キットを
用意することが必要だろう。電気はこない。ラジオ、ネットで情報を取れる準備。
思い出して欲しい、震度5であれだけ揺れたのだ。震度7で何が起きるのか。

創造力をたくましくしよう。
支援物資は重篤な被害を受けた人に優先的に回す。
家が全壊せずライフラインが閉ざされる人が1000万人規模となる。
これらの人への救援、復旧対策は後回しになるのだ。
自分のことは自分で、出来る限りの準備をしておきたい。

東北はあれだけ人口が減っている地域で起きた。
東京大震災はそれの少なくとも5倍の難民を生む。

このテーマは今後も少しずつ、考えていきたい。
明日、いや一時間後に起きるかもしれないのだ。



現代医学マーケティング

かどうかは知りませんが、近所のお医者さん、

近所というかマンション内に開業している、
武蔵国分寺クリニック http://ebm-clinic.com/examination.html

便利です。日曜日を除く、毎日
AM8:00~16:00
PM18:00~22:00
コンビニ並みとは言いませんがすごい可動状況。

先日も健康診断の結果を持って訪ねましたが、21:30に行けるのは
とても便利。
考えてみれば17:00までしかやっていません、っていう医院はサラリーマンを
無視しているとしか思えません。

ちょっと違うけど大相撲だって、18:00に終了していれば、普通の勤め人は
ぜんぜん見ることができないよね。それで人気が落ちているなんて当然の
ことでしょう。と、ちょっと興奮してしまいすみませんでした。

話を元に戻します。このクリニック。小児科を併設しています。
私が行った日も夜遅いにもかかわらずマスクをした小さなお子さんが
数名いました。絶対にこのニーズありますよね。
保育園にあずけることはできても引き取ってからでは普通の病院は
やっていない。次の朝も医者に見せようと思えば会社を休まなくては
ならない。

こういうニーズに応えるのがマーケティングだとは言わないけれど
少子化社会を食い止めるための具体策でしょうが。
予約はPC、携帯、電話どちらでもOK。

もうひとつの特徴は、診察がとても親切。症状等の聞き取りに時間がを割く。
その分待ち時間をも長い。予約をしない私が悪いんです、ハイ。

近所であれば往診もします。家族全体の面倒を見ますよ。
初診時はiPadを使って現在の状況をカンタン入力→電子カルテに反映

医は少なくともサービス業であることは確か。
この取り組みは応援したい。
←ちなみにこの空き地は奈良平城京時代の東山道跡だそうです。で、史跡の左に老人介護施設。

当然薬局も夜10:00まで。
ついでに隣りには歯医者さんもあります。
おまけに老人介護施設まで。これは入居者だから入れるわけではない。残念。

今、考えなくてはいけないこと。

この原稿を書いているのは3.11、14:46です。
もう一年が経ったのですね。

2万人近い人が亡くなったり、行方不明です。
改めてこの数に圧倒されます。

ちょうど一年前の今日、私は松戸の事務所で二日後に迫った
引越しの準備中でした。冗談ではなく机の下に潜ってパソコンの
配線を外していました。

そこへ今までにおよそ体験したことがない揺れが二回。
松戸はあまり地盤が強固ではなかったらしく、揺れはひどかった。
本棚が倒れ、セラーが倒れ、テレビも。

てっきり関東大震災だと思いました。
それからはテレビにまさにかじりつきっぱなしでした。
津波の恐ろしさが最初の映像ではよくわかりませんでした。
東北では、今日も、いつ果てるともない戦いの毎日です。

二日後、なんとか引越しを済ませ、ホッとしたのも束の間。
計画停電に。この国はどうなるんだろう。真剣に考えました。
この夏の電力だってどうするのだ。

それから一年。東京では節電モードも終了し、何事もなかったかの
ようです。

いろいろな説があるようですが、日本が大きなプレートの上に
乗っかっているのは確かです。首都圏直下型や南海プレート
地震は100年以内にはあるのでしょう。

もし同規模の地震が首都圏を襲えば、どんなことになるのか。
被災者は300万人規模でしょうか。想像がつかない。

東日本大震災を通じて何かを学び、日頃の備えをきちんと行わなければ、
という思いを強く持つようになりました。

まず、一週間分の食料・水の備蓄をする。日本全体で行えば景気対策
にもなります。電気が無くても暮らせる用意をする。
想定は真冬の深夜。と考えれば用意するものは自ずとわかる。

多くの犠牲が残してくれた情報に応える時でしょう。
備えましょう。地震国日本に生きる一員として。

亡くした命やものやことを取り戻すことはできません。
それらを超えて生きる。辛いけどそれ以外に道はない。

ユニクロとデパートの差

近々、金沢を訪ねることになった。とても楽しみだ。
やはり多少は寒いだろう、と、手袋を求めた。
(先日片方だけを無くすという器用なことをしてしまった)

この季節だから、もうないかな、と思っていた。
国分寺駅のマルイ。でも、デパートは高いから、
テナントのユニクロに行った。

当然のように「すみませんもう置いていないんです」
そりゃそだ。

マルイで「手袋は?」と聞くと「あちらです」。とコーナーを教えてくれる。
ありました。バーゲン中。しかし、サイズが合わない。私は手が小さい。
そこで、婦人物をと聞くと「一階の婦人小物売り場」を教えられた。

ありました。サイズもぴったり21センチ。
しかし定価販売。4500円なり。買いました。しょうがないもん。

でも、この季節に革の手袋を一つのコーナーを使って大量陳列をして
売っている百貨店にマーケティングマインドの欠如を感じた。
しかも定価販売。
もちろん婦人物であるから冬だけのものではない。しかし、陳列して
あったのは明らかに冬物。ファーが付いているもの。

私が買ったものはファーが付いていないユニセックスものですよ^^;。

百貨店不況は今に始まった話ではないが、これは厳しいな。
国分寺のマルイは駅ビルなので時々出かけますが、
回るのは本屋とユニクロとGAPと無印良品のみ。

だってしっかりしたものが安く手に入るんだもの。
百貨店が単なる不動産業になってからずいぶん時間がたつが、
この業界は緩慢なる死を待っているようにしか見えない。



お笑い某国営放送「地震報道」を考える

正式名称はNHK放送文化研究所2012年研究発表とシンポジウム
東日本出し新サイトメディア。

リサーチャーの私としては午前の
「海外メディアは東日本大震災をどう伝えたのか」
「東日本大震災で日本人はどう変わったのか 」を聞きに行ったのですが、
午後のパネルディスカッションがあまりに面白いので今日はそちらの話で。

シンポジウム「命を救う情報、メディアを考える」
司会者は文研の副所長さん。うまい!僕が今までに見た中では
「まとめる」という一点については天下一。さすが国営放送。

パネラーは
防災心理学教授
ジャーナリズム学科准教授
岩手放送 報道局長
岩手県総合防災室特命参事(自衛隊出身のスペシャリスト)
NHK理事 の6名

大震災祭にNHKがどんなに役に立ったのかをディスカッション、
VTR、パワポプレゼンする。

でも、当たり前なんだけど
震災の直後は、被災地はほとんど全地域が停電。
テレビなんか見れない(笑)。ラジオが役に立った。
と、岩手から参加の二氏が繰り返し言ってるのに。

途中からどうも違和感が、なんでネットのことを話さないの?

被災者にどう伝えるか、って、ケータイ!スマホ!の世界でしょ。
どうしても認めたくないらしく、「ワンセグ」が頑張った。と理事。

大学の先生も「携帯出来る機器」とか気を使いまくりのしゃべり。

さすがにひとつのパートの話題に
「ソーシャル・メディア」が話題に。調査によれば数が少なくて
デマや誤報が多いとブツブツと。

あのさ、ネットって「ツイッター」と「FACEBOOK」の二つだけで出来ている
んじゃないんですけど(笑)。
NHKもホームページ持っているでしょ。第一、ツイッターアカウントだってある。
大体、パネリストの中にネット関係者ゼロ。

思うにそっちの話をしたくないんだよね。だってサイトからは視聴料が
取れない。みんながサイトを見に行っちゃって本放送の視聴率が低い
のではまずいのだろうか。

地震があってから津波までは30分~60分で大津波が来る。
被災地は停電でテレビが使えないことを前提に議論をしなくちゃいけない。

ラジオは小さくて持ち運びが便利だ。
ネットはwifiもしくはネット回線が使えていれば 命綱になる。

NHKの立場からすればテレビでお役に立てたいのでしょうが、
震災直後から 2時間は無理。
だからこそ、ネットとの協働の中で命を救って欲しい。

大洗の奇跡と呼ばれた地域放送がある。市役所から津波を見つけた
町長がとっさに「退避命令!」を繰り返した。本当は法律上は命令はできない。


ちょっと長いのですが、第三波は4.9メートルの津波。これで市民の
死者がゼロだった。まさに奇跡です。6分前後の動画と最後の静止画を
見ていただければ十分です。

最後に、今回の震災を教訓にした、新しい架空放送が流れた。

マジ、怖いっす。
「ただ今すぐに逃げてください。決して戻ったりしないでください。
東日本大震災のことを思い出してください!」

NHKだけが頑張ってすむ問題じゃないでしょう。行政もネットも
市民もとにかくいろんな人を巻き込んで、あんな悲劇を繰り返さない
ようにしよう。心からそう思った。

増えすぎたチャンネル

3月1日から新たにBS放送が拡大された。
101  NHKBS1
103  NHKBSプレミアム
141  BS日テレ
151  BS朝日
161  BS-TBS
171  BSジャパン
181  BSフジ
191  WOWOWプライム
192  WOWOWライブ
193  WOWOWシネマ
200  スター・チャンネル1
201  スター・チャンネル2
202  スター・チャンネル3
211  BS11
212  TwellV
231  放送大学BS1
232  放送大学BS2
233  放送大学BS3
234  グリーンチャンネル
236  BSアニマックス
238  FOXbs238
241  BSスカパー!
242  JSPORTS1
243  JSPORTS2
244  JSPORTS3
245  JSPORTS4
251  BS釣りビジョン
252  IMAGICA BS
255  BS日本映画専門チャンネル
256  ディズニーチャンネル
258  Dlife

もちろん193チャンネルのwowowまでは従来通り。
新たに放送を開始したチャネルは多くはCS放送からの切り替えが多い。

しかし、こんなに増えても困る。そもそもwowowが3チャンネルに拡大した
時にそれは始まっていた。新聞のテレビ欄に収まらなくなったのだ。
現在それらのチャネルは新聞の中程に地味に掲載されている。
とても見にくい。

さぁ、どうやって番組を探すのがいいか。
新聞は前述のとおり見にくい
EPGはその時間帯の番組を探すのには便利だがスクロールするのが面倒

考えてみた。
1、検索 自分が好きなジャンルや芸能人の名前で検索をする
私はタモリさんの大ファンなので、「タモリ」と入力して
録画予約をする。見るときはつまらなければ削除。
「いいとも」はタモリさんの中では唯一見ない番組。
これが毎日録画されてしまう。

2、レコメンド 自分が過去に見た番組をもとにして、アマゾン方式で
これを録画したらどうでしょう。毎週とっている番組はそれでもいい。
これをがテレビ画面ではなく、タブレットやスマホに連絡して
くる。この方式だと新しいジャンルを開拓することが難しい。

3、ソーシャル ツイッターやFACEBOOK上でオススメ番組を教えあう。
しかし、これは時間がかかるうえに個人の意見に左右されやすい。
これはダメですね。

4、大容量のハード・ディスクで全番組を録画、その上で検索、レコメンド
を使って観たい番組を推薦する。これは「スパイダーゼロ」という
商品が既に開発をされている。が、一週間しか録れず、なおかつ
地上波放送にしか対応しない。

どれも決定的なものはないですね。
ま、そんなに真剣にテレビを見ているわけでもなし。
ただ、ほとんどNHKだけど、いい番組もあるんだよなぁ。
悩ましい。

ジャイアンツの試合がどこで放送されているのか。これが知りたいのです。
地上波、BS、CS、どこで放送しているの?

 

「ジョブズは徹底的に使いやすい統合型のテレビを作りたい」
と生前にもらしていたらしい。そしてその秘密を見つけたとも。
彼の頭の中じゃなくてAppleにその発見が残っていたらいいのだが。

日本人一位

今年はオリンピックイヤーである。
夏のロンドン。楽しみである。

実はオリンピックとは国威の発揚をかけた行事なんだな、と感じたことがある。

リクルート時代、一ヶ月の休みを取って(こういう制度があるんです)
家族とハワイに出かけた。ちょうどオリンピックのタイミングであったので
テレビでゆっくりと観戦することができた。

しかし、当然といえばそうなのかのしれませんが、米国の選手が活躍する
種目しか放送しない。延々と水泳の飛び込みを見ていました。
柔道なんかどこも放送しない。ヤワラちゃんの全盛期であったのだが、
ニュースのハイライトでもどこにも出てこない。

新聞を買い求めて探した。あった。
端っこの端っこに「北朝鮮の選手の勝利」が小さく出ていた。
その時に気がついたんですよ。

特にオリンピックは「国威の発揚」のためにあるのだ。

同じスポーツでも種目別のワールドカップは違う。
単一の種目は、基本的にそのスポーツが好きでないと盛り上がれない。
「なでしこ」が嫌になるほどテレビの出演があった。さすがに優勝だ!
しかし、試合をフルで中継したのは決勝リーグから。
女子サッカーでは数字が取れない(視聴率ですよ)。

話をもとに戻します。
さっきまでマラソンを見ていたのです。エチオピアの選手の圧勝。
日本人は4位が最高。オリンピック選手の先行絡みだからです。
しかし、「日本人1位」というのはどうも、気持ちが悪くて仕方がない。

国際標準記録を突破しているのであれば問題はないが、
入賞すら見込みのない種目も一人は参加できる。
文字通り、オリンピックとは参加することに意義があるのか。

入賞する見込みのない選手も大金をかけて送り出す。
「国威の発揚」そのものだ。

サッカーのように各地で厳しい予選が行われ、本大会に出場できるのは
32カ国だけ。これでいいのでないでしょうか。
テニスもATPランキング32位まで。錦織圭君は見事に出場。

それでいいと思うんですけど。いかがでしょう?

ジェラルド・カーティス教授の特別講義

を聴きに行きました。2012年2月29日。六本木アカデミーヒルズ
第一回「アメリカの政治・経済の現状と日米関係」

カーティス教授は知日派の第一人者、専攻は日本の政治学。

日米の政治を見るとよく似ている点がいくつかある。
1、財政が破綻しかけている
2、破綻を防ぐために増税をしようとしている
3、景気拡大の具体案がない

要するに硬直状態にあるのだが、キーワードは
「ねじれ」
日本では衆参、米国では上下院。
政府が何かをしようとしても野党が通さない。
政局にばかり目が行き政治が全く語られない。

米国では日本以上に格差が拡がっている。政府が救った金融機関のトップは
恥ずかしげもなく高給をとってこの世を謳歌している。
一方では失業率は実質15%
(政府統計では8%だが、就職を諦めてしまった人をカウントすると15%)

何が必要かと言って「教育」なのだが、いわゆるパブリック・スクール(公立校)
は荒れ切っていてまともな教育の質の確保が難しい。
金持ちはそれを嫌って私立校に多額の授業料を払っている。
つまり教育現場では解決できない問題になってしまっている。

しかし、大学の教育レベルは圧倒的に世界一だ。
問題は下級層の子供が大学に入れないことだ。米国の大学の授業料は恐ろしく高い。
(最も高いのはハーバード大学で年間4万ドル!)

この問題を解決するのは非常に難しい。富裕層からの税金をセーフネットと
して下級層に分配する必要があるのだが、共和党の反対で前に進めない。

オバマ大統領のリーダーシップを疑う声が出ている。野田総理もそう。

しかし、傑出したリーダーシップは
「安定政権」がなければ発揮されることはない。
小泉首相がよく例えられるが、当時は自民党が両院で過半数をとっていた。

私も同じ気持ちだ。前回の参議院選挙の際にNewsletterでこんなことを書いている。

http://r-research.co.jp/pdf/nl71.pdf

一方、参議院選挙は民主党の敗北に終わりました。何も書きたくないくらいに失望し
ています。民主党にではありません、「ねじれ」状態が続くことが確定的になったことです。本質はあらゆる法案や決め事が決まらなくなってしまうところにあります。衆議員を圧倒的多数で通過しても参議院で廃案になる。この繰り返しでしょう。残念ながら民主党は衆議院では2/3 の議席を持っていません。

傲慢かましてよかですか?驚くほど今日を言い当てていますね(笑)。

いずれにしても日米は当分をねじれを解消できない。ため息です。

カーティス教授の内緒話。
「あれこれ言われているが大統領になるのはオバマさん。共和党の候補者が小粒すぎる」
でした。

雪の東京

朝、起きるとそこは雪国だった。
前日から天気予報で知ってはいましたが、これほどとは。

私が住む国分寺は中央線で新宿から30分。
雪の積り方が都心とは違う。
今はヒルズの49階だが、都心の雪はほとんど溶けている。

大抵の場合、
雪は朝まで降って、積もってもそれまで。
今日は違った。昼過ぎまで本降り。

たかだか10cmだが、こちらでは大変な騒ぎ。
クライアントのアポに30分の余裕を見て出発したが、
電車がこない。
積雪のせいであちこちのポイントが故障していたようだ。

滑りにくい靴で出かけたが、
駅までの歩道は踏み固められ、ツルツル。
数度滑りながらいつもの倍の時間をかけて駅へ。

戸隠でもそうだったが、甘く見ていた。
人間、何回やったら気が済むのか、同じ間違いを起こす。
雪に至っては今年は三回目だ。馬鹿だな。

今日はこれからセミナーを聞いてから帰宅だ。
真っ直ぐ帰ればいいものを、甘いお誘いに乗ってしまった。
帰りは遅れる満員電車で帰るのだ。
やっぱり馬鹿だ。

だって人間だもの  りゅーぼん



戸隠にて、春まで掘り出さないそうです。

← 前のページ