自炊の快感

自炊 本来の意味とは違います。

jisui.jpg


自分が持っている本を丸ごとスキャンしてPCや携帯端末(iPhone、iPadなど)に送る
ことを指します。

スキャナーはこいつ
富士通 Scan Snap S1500 ScanSnap_S1500.png


日ごろから紙でもらった資料等をスキャンしてPCに取り入れていた。

きっかけは「Scan Snap がiPadに無線対応」の記事。
イメージとしては ここの動画をご覧ください。

とりあえず先日NewsLetterで取り上げた
「9回裏無死一塁でバントをしてはいけない」をスキャンしてしてみた。

本格的なカッターがないため地道に手動で行った。
これはカッターが要りますね。結構疲れた。

で、スキャンの速度は毎分6枚くらい。かなり早い。
早速iPadへ送ってみた。

快適である。
その辺に積んである仕事関連の本や記事を全部持って歩く。
なんだか楽しくなってきた(笑)。

自炊を巡っては社会的な問題になっている。
「自炊」支援型のビジネスモデルは大きく2つに分けられます。

1.BOOKSCAN系(スキャン代行業)
■個人所有の書籍の裁断+スキャン作業を代行
■裁断本は破棄する(コピーは増えない)

2.自炊の森系
■料金を取って客に裁断済み本を閲覧させる
■同じ場所でスキャナーを時間貸しする(当然客は裁断済み本をスキャンするでしょう)

法律上は1がアウト、逆に2はセーフ。
ちょっと違和感がありますよね。
法律では、「自分でスキャンするならOK」ということらしい。
だからスキャン代行業務はダメ。

法律が「自炊」という考え方についていっていないのが現状です。

電子書籍として読みたくてもほとんどの本が電子化されていない。
だったら自分でやっちゃうよ。これは自然の流れでしょう。

マンガなんか場所をとって仕方がない。
好きな漫画を毎週こつこつと自炊すれば、あとで単行本を買う必要がなくなる。
こりゃいいぞ。

書籍業界にとっては由々しき問題でしょうが。

iStock_000014085056XSmall.jpg

つーことは、会社の高速スキャナーでやってもいいってこと?(笑)。

ネット社会万歳の違和感

昨日、待ち合わせのため駅の改札の近くにいた。

ふと目がとまったのが、電車の時刻表。
そういえばここ数年電車の時刻表を手に取ったことがない。

会社員時代は一つの課に一冊常備されていた。
出張に出かけるのに必需品だった。
時間を調べ、帰りの列車・飛行機の時刻をメモった。

理由は明らかで、インターネットであれば一発で検索してくれる。
出発駅、目的駅、何時までに着きたいか、早く歩くかどうかを入力すると、
ほぼ正解が表出される。それを携帯に転送すればコトは足りる。

似たような例ではNTTの番号案内サービスがある。
随分昔は使った。店の名前も場所も覚えているのに電話番号が分からない。
いつの頃からだったか、コンピュータによる音声案内に変わった。
一体一件を調べてもらうのにいくらかかったのだろう。記憶が怪しい。

同様に最近は全く使わない。ネットで調べればまず間違いなく引っかかる。
ついでに今の店の様子やメニュー値段まで分かるし、ネットで予約も可能。

104番はやはり激減していた。データがやや古いが、
平成15年に5億件あった問い合わせは、
平成20年には半減。その後も数千万単位で減少を続けている。

当然でしょうね。NTTの番号案内は有料。携帯電話からかけると
一件につき、100円取られる。ネットの検索は無料。
いずれなくなるサービスでしょう。

同様に電話帳も見なくなった。
クルマに乗っていても地図は見ない、見ないどころかない。
これはネットとは違うがカーナビがどこへでも連れて行ってくれる。
ケータイのアプリでは目的地を入力すれば自分の位置をGPSで調べ、連れて行ってくれる。

基本、便利になっていいことだらけである。

しかし、経済的に考えると、人間が行っていた行為が基本ただの
ネットに置き換わることで労働がなくなり、雇用が減る。

ネット社会の進化は経済と相反するのか。
アマゾンのおかげで本屋で買い物をすることが少なくなった。
地元の本屋にお金が落ちない。中小の本屋が減少する。
CDもアマゾンに発注するか、ダウンロードサービスを利用する。
流通をかませない分安くもある。

ネット社会はあらゆるサービスを無料もしくは安価な方向に導く。
もちろん文句はない。が、妙な感覚に陥るのも確かだ。
なんとなく人間から力を奪っているようにも思える。

日本中どこへ行っても
マクドナルド、GAP、ユニクロ、無印良品、ヤマダ電気、吉野家がある。
同じである。考えなくてもそこそこのものが安く手に入る。

う~~ん。なんといってよいか。変な感じである。
自分で歩いていたと思ったらエスカレータの上だった気分。
うまくまとまらないので後日また考えてみる。中途半端で申し訳ないm(_ _)m。



ちっとは自分で考えないと。





Jun sky walkers再結成!

10月25日日本武道館

この日はユニコーンとの対バン。
3年ぶりにJun Sky Walkersが復活しました。

いやー超満員の観衆のりのりでした。
3年間待たされたからね。

Jun Sky Walkers
と言われてもご存知の方はあまりいない?

デビューからすでに20数年
90年代初頭はオリコンにも随分ランクインしました。」

彼らも既に40代中盤。
さすがに大人しくなってきたかな、と思っていたのですが、
いやいや、エンジン全開。和哉のMCも相変わらずの上手さ。
(この人日本で一番MCが上手なんじゃないかな)
本当に楽しかった。

本格復活は来年。
2月に新収録したベストアルバム
5月にオリジナルアルバム
5月全国ツアー  だそうです。

私としてはデビュー以来大好きなバンドなので心からうれしい。
YouTubeの画像をアップしますね。



どうでしょう、思い出した?

それにつけても最近は往年のバンドが再結成すると言うのが多い。
ユニコーン
リンドバーグ
アリス

洋楽では
ストーン・ローゼズ
イーグルス
レッド・ツェッペリン
ポリス
スレイド  などなど

このブームの背景にあるのはなんだろう。
ずばり、音楽業界の不振だ。
CDをはじめとしたパッケージメディアが売れない。
音楽はダウンロードするものに変化してしまっている。
コピー天国でもある。

この不況の中で、安定的な収入源は
過去のビッグ・バンドの再結成モデルだ。

若者もいずれ中年になる(笑)。CDを買う習慣を持った中年がターゲット。
再結成コンサートはほぼ満員になる。グッズも売れる。
もともとの知名度が高いから宣伝費用は最低限度で済む。

バンドの本人たちもちょこっと練習をして大金を稼げる。
柳の下にドジョウが一杯(笑)。

昨日も、武道館だから行ったが、海外の大物アーティストはみんなドーム(T_T)。
あそこは音楽を聞く場所じゃないってば。

ま、なんにせよジュンスカが帰ってきてくれたことがうれしい。
しかも彼らは新譜、ツアーと顔見世興行ではなく、本当の再結成だ。
来年の新譜が楽しみだ。

JAZZ絶滅の危機、スイング・ジャーナルの休刊

全く知らなかった。

それも去年の5月。
JAZZファンとしては失格ですな。

1985年くらいから20年くらいは毎月買っていました。
ジャケットから音はしないのでCDを何を買うべきか、
大きなガイダンスをしてくれていました。20100109.jpg


もっとも、スイング・ジャーナルが大絶賛で、聞いてみたら
おお外しと言う事も少なからずありました(笑)。

いつの間に買わなくなったんだろう。
やっぱりiPodの影響が大きかったかな。iTunesで試し聞きができた。
そのころは、スイングジャーナルの他に、

月刊ステレオ、オーディオ・アクセサリー、季刊ステレオサウンドは
必ず買って読んでいました。この三誌は健在です。苦しいでしょうけど。

現在では必ず買う雑誌はなし。
付録が魅力的なときだけ、オーディオ・アクセサリーをちょぼちょぼ。AAEx-gold.jpg
だって、評論家って全部ほめるし、買うときに雑誌だけの情報で買うことはない。


今でも、本屋で立ち読みはします。
しかし買うほどの内容がなくなって行った。
特にオーディオに関して言えば、

ショップからのメルマガと専門のサイトで十分に事たりる。
何かわからないことがあっても、Wikiをはじめ検索でほとんど分かる。
雑誌に関して言えば、メディアとしての価値が明らかに低下していた。
この現象は現在でもどんどん進行している。

趣味の雑誌は今後、ますます苦しい状況に追い込まれるだろう。

かつてJAZZの初心者だったころ、スイングジャーナルは先生だった。
オーディオにしてもそう。
しかし、一通りの知識を得てしまうと、年単位で見れば、いつも同じような特集を
組んでいる雑誌から得られることはどんどん少なくなる。 JAZZtime.jpg


言われてみれば確かにスイングジャーナルはしばらく見ていない。
先月くらいに、あれ?ないのかな、とちょっと不思議な気分だったのを思い出した。
それでも買う気は無かった。立ち読みで十分。

メディアの興亡とは言え、スイングジャーナル亡き今、
JAZZという文化が絶滅危惧種になっていることを感じます。

さよなら、そしてありがとう、スイングジャーナル。

swingjournal.jpg

休刊号。表紙はやっぱりBill Evansだった。皮肉にもamazonに一冊在庫が。
思わず買ってしまいました。

アナログ万歳

月に一度の趣味の会。

吉祥寺メグ「JAZZオーディオの会」
毎月第4土曜日、19:00スタート meg_20111023144926.jpg

 
この日は長野県上田市のオーディオメーカー。
オーディオ・コアの友野社長、のプレゼン。参加者は約20人
全員男(T_T)。

スピーカーはメグのアヴァンギャルド。
他の製品は全てオーディオ・コアオリジナル。http://www4.ocn.ne.jp/~audio/

最初はCDから、実にスムースな音。コアのDAコンバーターのせいだろう。
「楽器がならす音をそのまま再生したい」と社長。それが一番難しい。
メグへ来るとオーディオに対する謙虚になる(笑)。新人と言うこともあるが、
わずかな差をすぐに指摘するツワモノぞろい。緊張するのだ。

この日の第一テーマ:PCオーディオ
とても不思議なことが起こった。
CDの原稿フォーマット44.1kHz、PCの96kHz、192kHzの聞き比べを行った。
当然情報量が大きい192の圧勝のはずが、
なんだか、のっぺりした音になった。一番よかったのは96kHz。
不思議だ。PCオーディオがまだ改良の余地がたくさん有るということだろう。

考えてみれば、出たてのCDもひどい音だった。ノイズがないという情報だけに
振り回された。それから25年余り、再生のための様々ま努力・技術がようやく
CDをまともに聞こえるところまで来た。ただ、CD再生には44.1kHz、16ビット
というスペックがある。ここから上には行けないのだ。考えてみれば25年も前に
決定されたスペックだ。old mediaなのですよCDも。

第二テーマ アナログ そうあの黒いビニール円盤。
これが素晴らしかった。CDもPCもまとめて吹っ飛びました。
この音を支えるのがフォノ・イコライザー、カートリッジの改造とセット。
さぁ、困った。
私のレコードセットはLINNという英国のメーカーで固めている。
先日LINNの古川さんにセッティングをしてもらったばかり何の不満もなかった。

000arecord_20111023145208.jpg

しかし、それとは違う魅力があるのだ。ボーカルが色っぽい。
二つのシステムを同時に持つスペースも金もない。
あぁ、どうしたらいいのだ。こんなことを考えている時がこの趣味の醍醐味です(笑)。

やっぱ今後力を入れるのはPCオーディオかな。やることが多い。きっと。

BGMはシェリー・マン「My fair lady」

Shelly_Manne_My_Fair_Lady.jpg

どうよ、このアートなジャケット。CDは小さいし、PCはないし(T_T)。

バックアップ命。iPadバージョンアップで学ぶ

単純にiOSがバージョンアップしてiPadでも大丈夫という「facebook」での
投稿を見て、何気なくiTunesを立ち上げて、バージョンアップ!

OSをバージョンアップしようとしたところ、


「バージョンアップに失敗しました」

→「復元が必要です」

→「復元に失敗しました」

iPad側はこの画面。
 ipad1[1]

これで、itunesに何度もつないでも、以上の繰り返し(T_T)。

焦った。少なくともデータは全部飛んだな。
ま、仕事の関連のファイルはバックアップは取ってあるし、

ふと、
スケジューラーのバックアップを
取ってなかった。


げ、今週のイベントくらいは記憶しているけど、来週、来月になるとどうしよう。
ひとまず、メモ帳を引っ張りだし、記憶にある限りのイベントを書き込んだ。
それでも、きっと何かを忘れているに違いない。

「facebook」、ツイッター、はてな?に書き込むと同時に
検索をしまくった。わからない(T_T)。
数回、リトライを繰り返したあとに「不明なエラー1603」とこれまでと違う
エラーメッセージが。こいつをヒントに検索。

「USBポートに故障の可能性」
iTunesを最新にして、他のUSBの機器は全て外してリトライ。

素直に立ち上がりました。
データは期待していなかったのですが、全てバックアップが取られていて、
スケジューラーも無事でした。

昔、仕事のパソコンがクラシックⅡで「こけまくった」ころ、
「一にバックアップ、二にバックアップ、三四がなくて、五にバックアップ」
とシステムの担当者から教えられたのを久しぶりに思い出しました。

およそバージョンアップで飛んだことなんぞなかったので油断しました。
皆様もお気をつけください。
特にiPadは十分な心構えが必要なようです。

は~~助かった。

iStock_000013540494XSmall.jpg

東京駅の変身

新規のお客様との打ち合わせで東京駅で降りたときのこと。

八重洲側に降りるのは本当に久しぶり。見慣れぬ地下へのエスカレーター。

GRANSTA??はい、かなりの田舎ものです。
やたらと小奇麗な飲食店がたくさん。まだ改札の中なのに。


知りませんした。オープンは2007年。大丸が出来たことで一大商業集積
になっていました。人通りもやたらと多い。あの汚かった地下商店街は
どこへ行ってしまったのだろう。

昼食を取ろうかと店をいくつか覗いたが、 高い!
リゾットが1500円!ありえん!


ということで八重洲の地上に上がる。昔ながらの安いお店がたくさん。
この日はワンコインで食べられるタイカレーを。色からは想像がつかない
辛さ!


これで500円は納得。立ち食いでセルフだけどね。全然OK!
時間の流れが止まったような感覚。こっちのほうがずっと居心地がいい。
でもいずれ、再開発とか何とか言って全国どこにでもあるような街になっちゃうん
だろうな。


今、中央線最後の楽園、国分寺駅北口が再開発されようとしています。
昭和の名残がそこここにある、街が消えてしまいます。ようやく常連に
なりかけている名曲喫茶「でんえん」も消えてしまう。


ユニクロと無印良品とマックとスタバとヤマダ電気とGAPが入っている
商業集積なんかもういりません。学生の街。ホルモンの街、国分寺。
市民運動を探して行動してみます。多分、遅いと思うけど(T_T)。


絶対にこっちのほうがいい。

iPhone4sの会話機能は凄いらしい。

外回りの空き時間を見つけて書いております。
表参道のプロント。隣の席は疲れきった表情の大学生女子。
多分就職活動中でしょう。大丈夫、いざとなったら、
マックで働け!

と言う差別発言的な言動ですが、米国では割と普通の会話の
一部として成立しているそうです。もちろん公文書には
書けませんが(笑)。

ため息をつきながら、iPhoneをいじっていますな。
もちろん私は紳士ですから、覗いて見ることはしませんよ。

最近、めっきり、スマホを持った女性を見かけます。
先日などは電車に座ったら、前の6人全員がスマホユーザー!。
それも端っこの二人はおよそスマホに縁のなさそうな
ブルーワーカー(死語)的な中年夫婦。何をしているのか
どうしても見たくて、わざわざ席を立ち、ドアに寄りかかる
ようにして、見た。

2人ともゲーム中でした。ちょっと古い言い方になるかも
しれませんが、ブロック崩し系。こけました・( ̄▽ ̄)。
まぁ、こんなもんかも。
多分、ドコモのショップで、強く勧められたんでしょう。

最近ではドコモのユーザーの機種変更は7割がギャラクシー
を選ぶとか。これまでパソコンを使っていなかった人には
わけがわかん無いかも。スマホはこれまでのユーザー像が
示す通り、比較的ITリテラシーが高い層が多かった。

最近では女性のユーザが増えましたね。みんな目を寄せて
人差し指を顔の前でクシュクシュしてます。命名「蝿女」。
あんまりカッコいいものでは無いですよ。あなたはそんなことは
無いでしょうが、お気をつけください。

それにしてもギャラクシーの勢いは凄いですね。演算スピードは
素晴らしい。ワンセグも見れるし、お財布ケータイも対応。
本当にガラパゴスです。つーか、これ以上の機能はいらなくね?

私が今欲しいのは、やっぱりiPhone4s。日本語対応していませんが
会話機能は素晴らしい。友人が英語で様々な問いかけをしたそうな。
「俺のこと好き?」→「そんなことを言わせるの?」
「結婚してくれないか?」→「いいお友達でいましょう」
「俺の人生これからどうよ?」→「解決するアプリを探しますか」

まだまだあるのだが、爆笑ものです。こんなユーモアとウイットに
富んだ友達がいたら、本格的に引きこもりになりそう。
英語の発音の勉強にもなるし、チャレンジしてみるか。

「こんなにグズグズしている僕のことはどう思う?」
「・・・・・・・・」。聞くのが怖い。


今日は時間が無く、写真なし。
これから「ライフスタイル研究会」に出席したあと、
飲み会です。帰宅は深夜必至。なんとか電話では帰る
つもりです。「ウコンの力」準備完了ですヾ(@⌒ー⌒@)ノ。

暴力団の昨今


先日、島田伸介氏が暴力団との付き合いを認め、芸能界を引退した。
驚愕の結論だった。ありえない、選択だと感じた。彼をしてなぜ
暴力団との付き合いを優先させたのか。 sinsuke2.jpg


とりあえず本を読んでみることにした。

「暴力団」と言う本を読んでみた。
筆者がどんな方かは知らないが、暴力団を冷静に分析をしている。

溝口敦著 新潮新書 700円(税別)
氏によると、今の暴力団は衰亡の一途にあるという。
暴力団対策法が可決されたことで、商売^^がやりにくくなったと言う。

bouryokudan_20111017152721.jpg


例えばみかじめ料は取った側だけでなく払ったほうも罰則の対象となる。

罰則の対象となる「暴力団」は全国で22。合計約4万人。
多いのか少ないのかよく分からないが、小さな町の人口くらい。
私は知り合いの中にはいないようだが、これもよく分からない。

「暴力団」というバッジをつけているわけではないからだ。
その中のいわゆる「山口組」系列が約1.7万人。これは怖い。

何をして稼いでいるのか?
第一位 覚せい剤販売
第二位 恐喝
第三位 賭博
第四位 ノミ行為

だそうだ。

これでは暴力団ではな、く「犯罪マフィア」ではないか。

イメージとしては博多のヤクザに近く、みかじめ料を取る代わりに
中州の中では警察の役割を肩代わりする。と思っていました。
上記の中に分類をするとすれば「恐喝」でしょうか。

どうも私の中には東映の健さんのイメージが強すぎるようです。

giritoninjo.jpg

賭博に関しては、野球関連が多いらしい。ハンデ師と呼ばれる人たちが
大活躍。八百長をするわけでなく、対戦カードにハンデをつけて利益を
コントロールする。

もう一つこれは驚いたが、
「産廃処理業」が結構多い。

自治体関連の入札にも堂々と参加をするらしい。
今、解体工事を行うと、まず間違いなくアスベストが出てくる。
通常はアスベストを吸わないように防御をして、処理にもお金がかかる。

これを、アスベストのことなどよく知らない「外国人」を使い、
処理は山の中に捨ててしまう。これは原価がかからないから、
見積もりを安くすることが可能で、受託の可能性が高い。

ま、色々ありますが、
暴力団とは言うものの、実際に市民に手を出すことは滅多にないそうだ。
割に合わない。すぐに警察に通報されて自分だけでなく組まで捜査対象
となる。「懲役でハクをつける」なんていうのは言語道断。

懲役に入ると組が家族の面倒を見る。この費用がバカにならないと言う。

生活の中でもし出会うとしたら、現在は「オレオレ詐欺」が多いそうだ。

健さんの世界とは違うようだ。
やっぱり縁を持たないほうがよさそうですね。
結局、伸介氏が栄光の座を放り出してまで、大切にした暴力団との付き合い。

何が彼をそうさせたのか、全く分かりませんでした。

そういえばデビューしたての頃、暴走族の格好をして漫才をしてましたね。
今後の伸介さんの活躍が楽しみです。いや、楽しみじゃない。

iStock_000016188428XSmall.jpg

そういえば、例のエリエールの御曹司。大丈夫ですかね、50億も踏み倒したら警察より
怖い方々の出番のような気がするのですが。

1キロ10分の目安

タイトルだけでは何のことか分からないですよね。

土曜日にゴルフに出かけたのですが、お小遣い亭主としては
すこしでも安いところを、と言うことでどうしても遠くのゴルフ場
と言うことになります。

この日もT県のとあるゴルフ場。
出発は4:30。我ながらゴルフだけは起きられる。
一日雨の予報だったが、奇跡的に曇り。ラッキー!
スコアは山岳コースで大叩きをしました。

帰りの高速
「事故渋滞4キロ、30分間」
という電子掲示板。あちゃー><!。
まぁ、30分ならいいか、とそのまま突き進む。
今度は「事故渋滞4キロ、45分」。さらに時間が延びる予感。

そのとき同乗の人が、
「これは降りたほうがいい」と。
この方、年間50ラウンドは回る猛者。single.jpg


目安らしいのだが1キロ10分以上かかるようだと下を走ったほうが早い
とのこと。

すぐに手前のインターで降り、事故を通り越したインターをナビで
設定。意外に空いている。約30分で事故を通り越したインターで再び
高速に。快適でした。

私はあまりクルマで高速を走ることが無い。事故渋滞があっても、
普段は下で行くかどうかなぞ考えるのが、面倒くさくて、渋滞に突っ込む。
一度、家に帰るのに5時間かかった時もある(T_T)。

つわものゴルファーさん曰く。
「1キロ10分より遅い場合は、下のほうが早い。これはトラックの
運転手の友人に教えてもらった」
とのこと。経験則なので普通の
運転手に教えることはない。みんながそうしたら今度は下が混む。track.jpg


やはり、どんなことでもプロは知っているレベルが深い。
もちろんゴルフに関してはツワモノゴルファーにいろいろ教わる。

友人同士で回ることが多いが、この時のアドバイスは危険がいっぱい。
先輩アマチュアの言うことは自分がこの方法で成功した、そのアドバイス
をそのまま教えようとする。

プロは違う。人を見てレベルに合わせて指導する。
「今これを言っても、混乱するだけ」
個人のレベルに合わせた技術指導をしてくれる。「今はここまでね」。
もちろん、最終的な完成形も見せてくれるのだが、「今はダメ」。

教訓。物事を教わるのはプロに聞け。
少々上手なアマチュアに効くのが一番危険だそうな。

テニスもそうです。松戸にいた時に15年間通ったスクール。
レベルはそこそこは上がったが個別の指導に具体性がない。
引っ越して新しいスクールに通うことにしたが、2週くらい
様子を見ていたが、3週目。
「柳本さんのダブルのバックハンドは引きが浅い、もっと下から」
なるほど、今までに打てなかったようなストロークが打てる。
「サービスの時、悪いときは顔が先に落ちる」
ありゃりゃ、サービスの確率が上がった。

今までのコーチは一体何をしていたのだ(T_T)

メンターと言う言葉は一種の流行りだが、メンター選びが肝心だ。
皆様もお気をつけください。

iStock_000013078634XSmall.jpg

次のページ →