野田総理大臣殿 少子化対策の税制を提言します。

どこで読んだのかは忘れてしまったのですが、(多分何かの雑誌)。
かつて少子化の先進国であったフランスが合計特殊出生率を劇的に上げた
そんな税制があるそうです。PARI.jpg
記憶で書きますが、
所得税を家族の数で割って、その一人当たりの収入に対して
税をかけることにしたのです。
フランスでは所得税は世帯に対して課税します。

例を出します。
法人税は累進制です。所得が多ければ税率も高くなる。
同じ会社に勤めているとします。(税率はわかりやすくするため借りおきです)
独身  年収1000万円 所得税率は30%で 所得税は300万円
DINKS  合計の年収2000万円 所得税率が40% 所得税は800万円
子供いるとこうなります。
夫婦と子供で3人家族 夫婦の合計年収2000万円 ÷ 3人 =666万円
           所得税率は25% (所得税)500万円
夫婦と子供で4人家族 夫婦の合計年収2000万円 ÷ 4人 =500万円
           所得税率は20% (所得税)400万円
夫婦と子供で5人家族 夫婦の合計年収2000万円 ÷ 5人 =400万円
           所得税率は15% (所得税)240万円
子供が一人の家庭と三人の家庭では、年間260万円の差が出ます。
子供の数が多いほど所得税は軽減されます。
その差額を使って子供を育てればいいのです。
この税制は1945年に創設され現在でも続いています。
1995年には結婚の届けを出していない非婚カップルにも適用されています。
なるほど、子供がたくさんいれば税金が減る。たったこれだけです。
kodakusan.jpg
ただしこの制度には若干の懸念があります。
年収が高い世帯ほど所得税の金額が大きくなります。
つまり、比較的恵まれた環境にある子供の比率が高くなる可能性が高い。
なぜなら貧困家庭は元々税率が低いため、この制度の下では恩恵が少ない。
こういう結果が20年後の社会のあり方を買えるかもしれません。
逆に日本のように「どの子供」にも一律で26000円を与えるとしたら。
10人産めば26万円。年間300万円の所得アップです。
所得が低い層ほど感覚的なお得感が増します。
すると所得が低い層ほど子供が多くなる可能性が高い。
こういう結果が20年後にどんな社会を創るのか。
ちょっと怖いですね。
いずれにしても、人口減少社会では成長は望めません。
これまで以上の生活をしようとすれば、人口を増やすしかないのです。
野田総理大臣殿 これは検討に値する税制だと思います。
消費税を上げたら合計特殊出生率は下がりますよ。
iStock_000014511703XSmall.jpg
このアイディアは本来有料ですが、就任記念としてただで使ってください。

08/30のツイートまとめ

ryubon

マーケティング・サロン りゅうぼんの日記 | 中小書店の閉店続く#comment-top#comment-top http://t.co/eE5rdnP 中小書店の廃業が止まらないそうです。メガ書店に、アマゾン、活字離れ。仕方がないよなぁ。本屋が経営努力をしていない一面もある。
08-30 13:21

中小書店の閉店続く

子供の頃のことですが、大抵の小学校のそばには
本屋
があって、立ち読みをしては、叱られ、
たまのお小遣いが入って買いに行くのが楽しみだった。
もちろん小さい。
そういう書店がどんどん消えていっているらしい。
原因はいくつか考えられる。
1、活字離れ とにかく本を読まなくなっている
2、ネットやゲームなどの娯楽に追われて本に回す時間もお金もない
  先日も書きましたけれど、私が子供の頃には本か新聞くらいしか
  娯楽がなかった。だから、夢中になって本を読んだ。
  (テレビはあったけどあんまり見せてもらえなかった)
3、メガ書店の出店
  全国どこでも見られる傾向だと思いますが。1000坪を超える
  超大型店がどんどん出店している。ぶらっと立ち寄るのならこういう
  お店でないと、自分が見たい本がほとんど置いていない。
4、ネットで注文するようになった
  私も仕事に使う本はほとんどアマゾンで購入しています。
  大きな本屋でも在庫があることはほとんどない。
  しかも、注文した翌日には確実に届く。
5、マンガや週刊誌だけならコンビニで十分
こんなところかなぁ。
米国ではとっくにこんな現象が起きている。
何しろ広い国土。隣町の本屋にクルマで2時間なんていうケースも。
アマゾンを中心とするネット本屋が大半を締めるようになっている。
日本の場合、出版ブームもあって新刊の数が半端ではない。
中小の本屋の場合には、置きたくても置けるスペースがない。
また、これから先を考えると、継ごうという若い人はいないでしょう。

北海道では中小書店の数が
82年 732店
11年 130店 激減だ。(毎日新聞日曜版より)


こういう文化を守ることはとても難しい。
何でも残せばいいってもんでもないしね。
今日はちょっとメランコリックな話題でした。
iStock_000015034243XSmall.jpg
本に親しめるかどうかは親の読み聞かせからだと思う。こういう習慣は残そう。

不覚

土曜日の19:00~吉祥寺のJAZZ喫茶「メグ」の
「JAZZオーディオの集い」に参加した。
「メグ」はJAZZ喫茶であるから、基本的には「JAZZ」を聞きにいく場所だ。
ただ、こちらはオーナーの寺島さんが「オーディオ」大好き人間であり、
いい音でJAZZを聞ける店としては都内でも随一と言っていい。
(一関にベイシーと言う店があるのだが、まだ行った事はない)
その日のテーマは「インシュレーター」の聞き比べ。
インシュレーターとはそれぞれの機器についている足を使わず、
機器とラックの間に挟むオーディオ・アクセサリーです。
insurater.jpg
これを6社の代表的なメーカーを招いて比較視聴するというもの。
この日はCDプレーヤーの下に各社のインシュレータを敷き、
同じ曲で評価をして行こうと言う、超マニアックな集会。
30人は集まっただろうか。店は満員である。
確かに面白い。インシュレーターによって音が変わるのだ。
一週目はJAZZトリオの演奏。一つだけ恐ろしいモノがあった。
音量が上がったような気がし、音楽が整って聞こえる。
「カイザー・サウンド」の製品だ。欲しい。でも一台分の3個組みで
9万円だ(T_T)。
PB-BIGII_m.jpg
事件は休憩を挟んで2周目に起こった。
今度は「女性ボーカル」。同じように進んだが、ある会社の演奏
が終わった時に、司会者に突然意見を求められた。
動転、何の準備もしてなかった。
「前半の音は刺激的だが、
後半はさらにその傾向が強くなった」

周りから失笑があがった。さらに動転。
その場の残りの人の感想は、私のものをそっくりひっくり返したものだったのだ。
言い訳をさせて欲しい。
実はその会社のインシュレーターは一周目で興味がなくなっていたので、
適当に聞いていたのだ。ビールとペペロンチーノのおかげで眠かったし。
「すみません、よく聞いていませんでした」
と言えばよかった。hayasiya.jpg
が、カッコをつけてしまった。一生の不覚である。
その後はいたたまれぬ思いで残りの時間を過ごした。
初めて参加した雰囲気に飲まれたのかもしれない。
惨憺たる「ジャズ・オーディオ」の会デビューだった。
ま、やってしまったものは仕方がない。徐々に慣れるしかない。
この年になって、ドキドキしたり、恥をかいたりすることが出来る。
そんな機会を持つことが出来ることに感謝しよう。

そんなどつぼな私だったが帰り際に「カイザー・サウンド」の貝崎社長が
「忘れてた。お土産があります。インシュレータを二名の人にプレゼント!」
「え、あのインシュレーターがもらえるの!?」
じゃんけんの結果。私は勝ってしまったのだ。2/30素晴らしい確率だ。
いただけたのはこれ(笑)。もちろんシリーズの中でもっとも安いもの。
それでも3個組みセットで12000円。
PB-CousinII_m.jpg
オーディオの神様が「もっと精進せいよ!」と下さったものだ、と思おう。
iStock_000008962019XSmall_20110828135302.jpg
失敗は成功のマザーだ!
でも、次はリベンジするぞ!
気合を入れにこれからジムに行ってきます(全く関係ないけど)(笑)。

08/26のツイートまとめ

ryubon

マーケティング・サロン りゅうぼんの日記 | これで安心して取引が出来ます。ゴールドです。 http://t.co/8Am59vO 急騰を続けたゴールドがようやく調整局面を迎えた。しばらくも見合った後、再び上昇に転ずると見ます。安全資産がほかにないからです。スイスフランも。
08-26 10:40

08/25のツイートまとめ

ryubon

マーケティング・サロン りゅうぼんの日記 | 新聞の断末魔 http://t.co/WpCCFxD  旧4大メディアの中でももっとも経営が苦しくなっている新聞。我が家にも勧誘人がやってきました。しかし、ここまで落ちたか。なりふり構わぬ勧誘は広告料金をなんとか保つためだけの愚作。
08-25 11:39

新聞の断末魔

あらゆる調査の結果、新聞の没落が明確になっています。
・読者の減少 特に若い世代は新聞を読んでいません
 大学の授業で「今朝の新聞を読んだ人」20人ほどの学生で手をあげる人はゼロ
・読者の高齢化 
 これは調査結果を見ないでも、どんな広告が載っているのかで判断できます。
 健康食品、パッケージ型の国内旅行、海外旅行、健康雑誌
 読者の大半が50代以上なのです。
・広告収入の激減 
 バブル時の半分にも満たない。新聞広告は通販型ばかり。
 ナショナルクライアントはほぼ見限っています。
そんなある日、家に帰ると家内が
「X新聞の勧誘が来てるんだけど、3ヶ月だけ取ってくれって言うの」
「俺はその新聞が嫌いだからダメ」
「でも、3ヶ月でプロ野球のネット裏のチケットとビール18缶くれるんだ」
「俺は読まないけど好きにしていいよ」
実はその球団のファンを約40年続けています^^;。bento.jpg
それで3ヶ月で契約してくれればその後は取らなくていいのだという。
販売員によるとこのパターンで3ヶ月だけとる人が多い、という。
こんな販売方法で何とか部数の減少を食い止めているのか。
失礼ですが末期症状ですね。
記事では大手スポンサーに遠慮して、「円高不況」としか書けず。
販売面ではこんな最低の手しか打てない業界。終わっていますね。
私は日経に関しては電子版に切り替えました。これはこれで便利です。
株、為替、ゴールドの値段をチェックするのにいい。
しかし、記事検索をして驚いた。月に5件までは無料。それ以降は@185円。
セコイ。そんなのgoogleでチェックすればいいだけ。わかってないなぁ。 日経電子版もやめようかな。
ところでかの新聞販売員。若くてオタクっぽい人らしい。
あまりに必死に頼み込むので家内も可哀想になったと言う。
翌日
「チケット2枚と、ビール36缶もらっちゃった。完全な黒字」(笑)。
ところが、よく見てみると
「ネット裏」であったはずのチケットは内野とは言えポール際。
約束が違うと「契約破棄」を申し出ました。
そうしたら出てきました、本当のネット裏(笑)。koreganettura.jpg
大S力さんが草葉の陰で泣いているだろうなぁ。
と言うことで9月9日(金)、中継があったら見てください。
ネット裏のどこかに座っているはずです。
iStock_000003059041XSmall.jpg
高校野球にはない、天才同士の野球を見てきます。
個人的には屋根がない球場のほうが好きです(笑)。

08/24のツイートまとめ

ryubon

マーケティング・サロン りゅうぼんの日記 | 地方債の格下げ http://t.co/icBqsm0 米国で州が発行する地方債の格下げが相次いでいます。所有者の2/3は州の住民。米国負の連鎖が始まったように思います。リーマンの私募債を国債に付け替えただけのつけが回ってきました。
08-24 16:57

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

パッケージ型商品の行く末

夏休みの続きのようですみません。
ネットワーク・オーディオにはまっているのですが、
これって、電子書籍と同じですね。
これまでは音楽を聞こうと思えば、お店でCDを買うのが常識だった。
小室ファミリーが活躍していた時代がピーク。
ミリオンセラーが年間30本も出ていた時代。
ところが、iPod が発売される頃から業界が大きく変わり始めた。
iTunesでダウンロードをして買えば、わざわざCDショップに出かける
必要がなくなった。これまでは一枚全部買わなければならなかったのに
アルバムの中の好きな曲だけを買えるようになった。

CDが売れなくなったのにはこうした時代背景がある。
これは、消費者にとってはとてもうれしいことだが、
音楽を作る制作サイドにとってもうれしい。
何しろ何枚作って、売り切らなければならない、なんてノルマ感覚から
逃れることが出来る。

現在、ネットワーク・オーディオでは三つの流通(?)ルートがある。
・制作会社のサイト
・ダウンロード専門の会社のサイト
・ミュージシャン自身のサイト だ。
昨日、私はポール・マッカートニーの「Band on the run」を購入した。
これは三番目のポール自身のサイトから購入した。なんとなくうれしいじゃん(笑)。
電子書籍と同じことが起こっているのだ。
・制作サイド(出版社)から直接、読者へ
・作家から直接、読者へ
・アマゾンのような会社を通じて、読者へ tablet.jpg
いずれも、これまでの流通をスキップできるし、何しろ在庫という概念がないから
本やCDをこれまでよりも安く売ることが可能だ。
私がネットワークオーディオから購入している「音源」は高音質盤なので
それほど安くはない。しかし、これまで購入していたCDとほぼどっこいだ。
ここでも、一曲ごとに買うことが可能だ。もちろん円高の恩恵もある。
一番高くて25ドル。
なんとなく2500円か、と思いがちですが、
今は75円時代。1875円です。
(もちろん消費税込み)
円高で経営が成り立たないなんて大嘘ですよ。
トヨタなんか工場の半分は海外ですし、為替予約で80円を想定ですから
たいしたことはありません(ホンダはちょいと苦しい)。
それより何より、輸出のドル建てと円建ては半々です。
これは、これまで何度とあった円高の危機を潜り抜けてきた知恵です。
いかん、いかん。どうも経済の話になると熱くなります。
新聞社は広告の大口契約をもらっていますから、書けないんです。
音楽配信の件ですが、iTunesで音楽を購入するのに比べればまだまだ、
ネットワーク用の音源を購入することは簡単ではありません。
最大手のHD-TRACKS社では日本のクレジットカードは使えません。
(PayPalを契約していれば問題ないのですが、私もかなり戸惑いました)
私は、今後CDショップでパッケージCDを購入することは少なくなるでしょう。
ほぼ確実です。ネットで売っていない。中島美嘉さんだけは買いますが[emoji:i-175]
1097851_90567777.png
書籍も音楽もネットで手に入るんなら、田舎暮らしも悪くないな。
政変が落ち着くのを待って、タイあたりはどうでしょう(笑)。

次のページ →