震災復興の資金繰り

昨日からの続きです。
東京電力に関しては、今日は少し下げているようです。
やっぱり個別株は素人には無理があります。理由がわからない。
仕手筋だとしたら、やっぱり危険です。
わからないことがもう一つあります。
震災の直後に円は急騰し、一時76円という史上最高値
を付けました。
この理由がどうしてもよく分からなかったのです。
巷に流れていた説の中で最もそれらしいのは、

日本の保険会社が震災に対する支払い原資を確保するためにドルを
売り、円を確保するために円を大量に買い込んだ

でしたが、これも納得いかなかったのです。
確かに支払いは相当額になりますが、そんなにあわてて確保する必要はない。
支払いは数ヵ月後です。
おそらくはこれです。
 

「震災で甚大な損失を出し、今後数年間にわたって莫大な額の復興資金が必要になる。
日本政府はこれ以上の借金ができない状況にあり、手持ちのドル債権を売るしかない。
それならばドルは暴落する」と海外市場が反応した。

 
手持ちのドル債権は売れないのです。もし売ったら、
ドル債権が急落し、金利が急騰します。この金利を払うことは到底できません。
したがってこの手は取れない。
震災特別債券の発行は一つの手かもしれません。低利ですが、「相続税の減免」
を条件につけることである程度売れるかも知りません。しかし、日本の金融機関
はこの債券を買うことができない。日本の総資産は減少傾向が止まっていません。
民間だけで20兆円の買いを入れることはできないでしょう。
日銀が全てを引き受けてもやはり円安、金利が急騰する。

八方塞ですが、一つだけ思いつきました。
手持ちのドル債権を担保に、日銀がお札を刷るのです。
これなら「ドルを売る」ことにはならない。
日銀もFRBのQ2のようなみっともない手とはみなされない。

  
一生懸命考えて、思いついたのですが、ダメ?(笑)。
やっぱり見透かされて円高、金利の上昇につながりますかね?
どうしたら調達できるのか、皆さんもご一緒に考えてください。
このお金は日本が立ち直るのに絶対に必要なお金です。
今は返済のことを考えているときではないのです。
非常事態なのです。
iStock_000016041740XSmall.jpg
ブログ用の写真はiStockPhotoというサイトで購入しています。「earthquake」で検索をしたらこんな絵が
出てきました。日本のサイトではありません。

04/12のツイートまとめ

ryubon

横揺れが長い
04-12 14:09

マーケティング・サロン りゅうぼんの日記 http://rresearch.blog103.fc2.com/ 4月7日のブログ全面撤回。東京電力の株価が急騰していますが、理由がわかりません。東電の自立復興は難しいでしょう。福島一号機だけでも封じ込めまでに1兆円が必要です。
04-12 10:13