究極のエコ

チャリの後輪がパンクした。tyari.gif 情けない話しだが、チャリのパンクを自分で治すことができない。
正確に言うと、過去に一度チャレンジしたことがある。
ゴムのパッチとスポークからタイヤを外す工具を購入して。
結果的には七転八倒した挙句、きちんと直すことができなかった。
近所の自転車屋さんにお願いをした。
しかし、引っ越してきたばかりで、どこに自転車屋さんがあるのかがわからない。
駅前に「輸入自転車」のお店があるのだが、
「うちはそういうお店ではないので」とあっさり断られた。
引越し以来のごひいきの「島忠」に電話で確認をした上で出かけた。
無論乗っていくことはできないので、苦労をして車に入れた。
府中の島忠は一階がホームセンター、二階が家具・インテリア。
重宝している。 diy.jpg
自転車の販売のお兄ちゃんに修理を頼む。
「書類を書いてください」
はい、はい、
店員 「パンクは1000円、
    お引渡しは一週間後となります」。 

「い、一週間!って、
   こんなのものの10分で直るでしょ!」
    napea.jpg
店員「震災以来皆さんが自転車に乗るようになって、修理も順番待ち
   なんです。ご理解をお願いします」

じゃ、自分でやるか、と思ったが前述の通り、失敗の危惧も。
さらにリペアキットを買わねばならない。
諦めて、自転車を置いて帰った。
そういえば震災の深夜自宅に数時間歩いて帰った人がいる。
その沿線の自転車屋さんは「全て完売」だったそうだ。
二つのことを感じた。
まず、東京都心部のオフィスからは自転車で通えるということ。
私のオフィスの大家さんは自転車がご趣味。よく分からないが
いかにも高そうな自転車に乗っている。
先日は平塚まで往復で仕事に行ったらしい。
「都内では平均で20km、
クルマに負けた事ないよ」
そんなもんだ。
ferraribicycle.jpg ←これはイメージね
もう一つは、チャリのパンクすら直せない、自分がかなり情けなかった。
現在は、引越し時に壊れたLPプレーヤーとCDトランスポートを
修理に出している。これら精密品は手も足も出ない。
しかし、チャリのパンクくらい自分で治したい。
一方、震災以来、多くの人がチャリを使うようになったらしい。
これは、「体のためにも、
     環境のためにも非常に喜ばしい」

 のではないか。
自転車を移動の主要手段として考える好機ではないか。
駐輪場というインフラを含めてね。
iStock_000013990118XSmall2.jpg
今から新松戸まで出かけるが、これはチャリでは無理。
武蔵野線を一時間揺られていきます。

04/04のツイートまとめ

ryubon

マーケティング・サロン りゅうぼんの日記 | 渡邉都知事候補の話を聞きました。 http://rresearch.blog103.fc2.com/?no=887 多選の弊害。歴史に見ても多選が産む結果は悲惨だ。震災報道で都知事選は全くニュースにもなりません。これでいいのか。
04-04 10:30