天才の発想法に学ぶその①

26日(土)、27日(日)10:00~18:00で
ALMACREATION主催
  「ジーニアス・コード」(天才の暗号) 
という「創造的課題解決法」 ←リンクを貼っておきました。
を受講してきました。
この原稿を書いているのは全てのカリキュラムを終えて
会社に帰ってきました。疲労困憊。
そもそもこの会社とのご縁は  「マインドマップ」  という思考整理
の方法論を学び(二日間で4万円くらい)、そこからのメルマガで
知った次第。これは実際に企画を立てる際に非常に役立っており、
現在業務でがんがん使っています。 これもリンクを張っています。
mindmap.jpg↑これがマインドマップの例です。
しかし、このコース二日間で105,000円(税込み)
どっひゃー!
いくらなんでも高い。
当然スルーをしようとしたのですが、
初回の方に限り、一名を無料ご招待、とあったので、
特に何も考えずに応募をしていました。
なんと当たっちゃったんです。当選です。
会社と自宅の引越し等でかなり疲れがたまっていたのですが、
なんと言ってもただ。
会場についてみるとなんと、受講者は9人。
50人くらいの会場を予想していた私には「びっくり」!
このプログラムは、普段の思考に使っている、「論理」だけではなく
「イメージ」を発送の道具として身につけようということを目的と
しています

この発想そのものは結構面白そう。
普段は「論理」の固まりですから(笑)。
最初は最先端の脳科学からの情報をレクチャー。
万有引力を発見したニュートン。これは有名ですが、リンゴがモチーフになって
法則を見出した。 ringo.jpg
アインシュタインは「空間に絵を描く」ことで特殊相対性理論を見出した。
(これは私は初耳)
論理の世界だけではなくイメージを組み合わせることで普通では出てこない
新しい発想を見出す方法を身につける。

ここから、実際のエクササイズに入るのですが、今日はここまで。
疲労困憊で書けません。そのくらい普段使っていない脳みそを使った
ということのようです。
すみません、明日以降にご期待ください。
ではでは~(^^)/~~~
0adiscipline_20110327200808.jpg
天才の発想法は身につくのか^^;