本日よりブログを再開します。

私は日ごろの行いがよっぽど悪いのだろうか(T_T)。 tentyusatu.jpg
ちょうど事務所の引越しをして、一週間がたった。なんと信じがたいことに
いまだ電話が設置されていない。
ネットもつなげない。

電話はまだいい、
私の仕事はネットがつながらなかったらお手上げなのだ(T_T)。
引越し前は慎重に周到にNTTの担当者とプランを打ち合わせた。
3月11日に大震災で大混乱になったが、交通機関、渋滞等を何とかかいくぐり
事務所は14日からスタートするはずだった。
3月14日、当日の朝にNTTの工事代理店から携帯に連絡があった。
「NTTさんからの指示により、工事をストップすることになりました」
はぁ?まぁ、震災でNTTも大変なのかもしれない。もしくは停電に備えて
業務のスピードを落としたのか。NTT.jpg
と、思ったら3月15日、突如電話があり「今日、うかがいます」
???@@???
午後一に現れた業者と思しき人は
「このビルは古いので光が入らない。二階の人のように府中街道を越える許可がいる」
「おまけに二階とは違い、隣の部屋を跨がなければならない」お隣は大家さん、
事情を話すと「どうぞ」快諾。
業者の人はできない理由ばかり並べる。それは仕事のスタンスが違うでしょ。
どうしたらできるのかを考えるのがあなたの仕事でしょう。ぷんぷん!

埒が明かないのでNTT担当者に電話
「すみません、すぐ調べます」ま、この担当者のレスポンスは普通。
翌日かかってきた電話では
「よく調べたら、光が入りません。府中街道を跨ぐ許可は3ヶ月以上かかります」
「今入っている電話線を利用してフレッツADSLでお願いします。ついては
在庫を調べたのですがモデムがありません」「一刻も早い開通のためには
「お客様自身でADSLモデムをご購入ください」 adsl.jpg
はい、予想通りここで切れました。daimajin.jpg
と、思ったでしょ。でも、この担当者ここまで一生懸命にやってくれている。
「わかりました。」この段階ですでに金曜日。
そう、NTTさんは3連休に入った。まぁ、被災地を除けば3連休かな(笑)。
私はamazonで「ADSLモデム」を12,000円で購入した。無論自腹。
当然すぐに工事に来るのかと思ったら、こちらから電話をしなければ何もしてくれない(T_T)。
あけて火曜日。
先日とは違う工事業者の方。
「この建物の中に電話線のケーブルが引き込まれていないみたいです」
そんな馬鹿な!
よーく調べてもらったら「ありました」って、当然でしょう。
さらに今度は設定を行わなければならない。何度やっても開通しない。
ビッグローブに電話をかけてユーザーIDが違っていたことが判明。
7年前に加入した登録証をまだ持っていなければならないって・・・・
ようやく設定が完了し。通常業務スタート、と思ったら。
第3グループ停電。(T_T)  teiden.jpg
本当にいやになるくらいいろんなことがあるなぁ。
ま、被災された方に比べれば、比べるのも失礼なレベルであるが。
この間、何とか仕事ができたのは
物理的には E-mobileのルーターとiPadがあったからこそ。
副次的には大震災の関係で社会が全く動かなかったこと。
息子の会社では早々に一週間のお休みとなった。

自宅では同様に
別の担当者が「NTT工事の延長」→「突然やってきて」
「ここのマンションはあるプロバイダーの回線が敷設されていてマンション
の許可が取れないと工事できない」
それってマンションの自治会のこと?まだ全員が入居するには二週間以上はかかる。
疲れきって、
CATVのJ:COMに問い合わせた。
担当営業マンがやってきて説明を聞いてこれなら大丈夫と判断。
その場で発注すると翌日には工事を行い。電話もCATVも無事開通。
連絡への反応は早く、説明もはっきりしている。仕事ってこういうレベルが
当たり前でしょう。
「もう君には頼まない」 (城山三郎)
これが今の私の正直な気持ち。>NTTさん moukimi.jpg
iStock_000010848133XSmall.jpg
どこ見てんの、君のことだよ。