フラッシュ・マーケティング

「フラッシュ・マーケティング」
という新しい手法が伸びている。
定義をすると
「ECサイトのサービスが、時間や数量を限定して消費者サービスすることで
集客をはかるマーケティング手法のこと。短期間で消費者の購買意欲を喚起させ、
消費に向かわせる。」

分かりにくいですよね^^;。
たとえば、
ある飲食店が「24時間以内に100人集まればコース料金を半額にします」
と言うメッセージを発信する。ブログやツイッターを利用してこの企画
に賛同をしてくれる人を捜す。ここがポイントですが探すのはお店じゃ
なくてユーザー同士であること。人数に達しなければ企画はお流れ。

リクルートが開始したサービス 「pomparade」の今日のメニューでは
「あのグランド・セントラル・オイスター・バー&レストランのお食事4,000円分
が楽しめるチケットを2,000円で。NY老舗の味をアクセス良好の丸の内&品川で
お得に楽しもう!」000aponpa.jpg 半額セールですね。
募集400人で既に完売でした。生牡蠣好きにはたまらんなぁ [emoji:v-8]
お店側からしてみれば、
お客さんが多く集まることでボリュームディスカウントをできたり、
必要な時に、必要なだけのお客さんを集客できるので、特別価格での
提供が可能になる。

過去の商材を見ると
「平日限定であの都心のオアシス「スパ ラクーア」が通常料金の半額で
利用できる特別入館券をご用意!手ぶらで行ける癒しの空間へ」5時間40分で完売
「あのハイクラスホテル:ザ・プリンスパークタワー東京のホテルスパ
「ストレリチアガーデン」75分コース13,500円が62%OFFの5,000円」11分で完売! 000araku-a.jpg
「あの大人気イタリアン「OCEAN Casita(オーシャン カシータ)」からスペシャル
ディナーを50%OFFでお届け。きらめく夜景と本格イタリアンを堪能しませんか?」5時間で完売
と非常に好評のようだ。
決済はすべてクレジット・カード。
リクルートにしてみればホット・ペッパーで培った顧客がそのまま見込み客となる。
考えようによっては「ケイコとマナブ」でも使えるかも。
いずれにしても、農閑期(?)でキャパを遊ばせておくよりは、大幅に値引きを
することによって設備を有効使用することが可能になる。また、高級店での
サービスを体験してもらうことによって、固定客化を進める手法としても可能だ。

大本のサービスをはじめたのは米国でうまれた「groupon」。
たぶん、「group」と「coupon」の組み合わせ。
会員登録で300万人を超えている。
日本では「ピクメディア」「ピタチケット」が先行。
登録するのはただだから、使ってみます。とはいえ、企画はすべて女子向きですな^^。
000acoupon.jpg
しっかし、いろんなことを考え付くなぁ^^;

iPadの使われ方 その2 自分で電子書籍化

昨日に引き続き マクロミル社の自主調査結果から000amacromill.jpg
iPad、一日あたりの利用平均時間は
中央値の平均で96分。
う~~~ん、こんなには見ていない印象。
会社にいるときは見ないしねぇ。
一日三時間以上見ている人が15%いるのですが、
何をしていらっしゃるんでしょう。文字通りのひっきーですか?
で、この調査項目が素晴らしい。
「紙の本をスキャンして自分自身で電子書籍にしたことがありますか?」
こんな面倒なこと誰がするか、と思っていたが、
18%は経験あり000asyotaiken.jpg(笑)
自宅に皆さんスキャナーをお持ち?
やったことはないが興味はある、を入れると約半数。
「取り込むのに骨が折れたが紙面で読むよりも使いやすいので
時間が有るときに電子化していきたい」(25歳 男性)
失礼ですが、かなりお暇ですか?^^
私もスキャナーは使います
でもそれは仕事に必要なメモや、先方からもらった書類など。
これだけでもかなり面倒。
「雑誌の一部をスキャンして後で読む」(35歳 男性)
「論文をPDF化してiPadで読んでいる」(52歳 男性)

これくらいならやりますが、
綴じられている本をいちいちスキャナーにするのは、超面倒。
googleなんかはどうやってやったんですかねぇ。
既に数百万冊を取り込んだそう。
「時間が有ればやりたい」「手間が面倒でなければやりたい」
これが正直なところ。 「ビューン」の素晴らしさはここにありますね。
最後に
「電子書籍が普及しても本の実物が欲しいか」
欲しい 41%
やや欲しい 36%
あまり欲しくない 16%
欲しくない 6%
実感として、
「折ったり」「メモ書きをしたり」「線を引いたり」
ことができないのは大いに不満です。
「付箋をつける」位はすぐに出来そうですが、
自分のメモをつけるのは、まだ出来なさそうですね。
私なりの結論は
マンガ、週刊誌、小説は電子書籍でよし。 000agianto.jpg ←まじ面白いっす「Giant Killing」
学術論文や仕事に関係する本に関しては実物の本のほうが今はいい。
皆さんはいかがでしょ~
そんじゃねー(孫じゃないよ)しつこい(笑)。
000adownroad.jpg
村上龍さんの小説は教授の音楽が流れるそうです。買ってみようかな、1500円。若干高くねw?

iPadの使われ方

ネット調査の最大手、マクロミルが自主調査の結果を発表000amacromill.jpg
対象者はiPad所有の300名
(こういうことを簡単に出来るのがネット調査の強みですね)
男女差は 266対34 9割が男性
年代が面白い
20代 25% 、30代 36%、40代 20%、50代 14%
なんとおっさんが中心のメディアだ。
世帯年収だが明らかに高い。
使い道の上位
1位 WEBサイトの閲覧    88%
2位 電子書籍を読む    74%
3位 メール        65%
4位 動画を見る      59%
5位 ゲームをする     51%
6位 音楽を聴く      47%
7位 地図を見る      40%
8位 スケジュール管理   38%
9位 写真を見る      35%
10位 ツイッター      34%
10位 ネットショッピング  34%

従来のメディアと比べて違うところは
2位の電子書籍を読む、
なんですが、
「?」    
日本の電子書籍は未整備もはなはだしく、何万冊が読めるといっても
そのほとんどは日本語対応していない。 000autukusii.jpg
私もiPadを購入して以来、無理やり探して読んだが、
「志高く」 孫正義自伝 これはただ。半分ソフトバンクの宣伝みたいなもの000ason.jpg
「ダーリンは外国人」これは700円。電子書籍らしいのはタップをすることで
          日本語が表示されたり、されなかったりします。ただ全文を読んでいません。
          iPadのすごさを見せるときに使います(笑)。
「Air HD」350円 パラサイト・イブの瀬名さんたちが、全く従来の出版社
          を通さずに新しく立ち上げた電子書籍
          購入はしたものの忙しくて読んでいません(T_T)。
「論語」青空文庫  中国語の言語なので読めません(T_T)。
くらいのものである。この調査対象者は何を読んでいるのか?
それともバイリンガルが多く、英語の本を読んでいるのか?
先日書いた週刊誌横断「ビューン」は見ています。
サイトの閲覧やメールは当然ですね。
私はゲームはやりません。
電車に座っていたら、隣の人に何をしているのかばれちゃうじゃん(笑)。
動画はたまにPVを見たりしますが、レディ・ガガは外ではやっぱり見づらい^^。
で次の質問
iPadをどこで使いますか?
家で使う 63%
外出先で使う 9%
家と外出先と同じくらい 28%
なんと、iPadは引きこもりメディアだったのです。
これ、でも分かりますね。
私の場合、従来メールを見るのは2Fの自室。
この部屋にはテレビはないのでちょっと不便。
そこへiPad。
楽チンです。二階にいる時間が極端に減りました。
このままでは本当に
「ひっきー」になってしまいそうです。

満足度は?
デザイン  74%
画面の見易さ 74%
操作性  60%
バッテリーのもち 46%
サイズ・重量 43%
アプリの多さ 39%

ふ~~ん。デザインなんか100%満足でしょう^^;。
君は何のためにiPadを購入したんだ?
ひたすらかっこいいからでしょう^^。
私としては「バッテリーの持ち」に驚き、満足です。
ずっと使っていても全然本体が熱くならない。
このA4プロセッサのすごさですね。
長くなるので続きは明日。
そんじゃね~~~
(孫じゃないよ)(笑)。
000atablet.jpg
ま、風聞ですが某経済紙は非常に経営が厳しいとか。
私も電子版にしたら、紙を全く目にしなくなりました。

行動経済学に再チャレンジ

次号のNewsLetterで「ギャンブル」を取り上げようとして、
行動経済学の本に手をかけています。いや、なかなか面白い。
そこで、以前にもここで取り上げてみた質問、めちゃめちゃに面白いので
再度出題。そう、あなたのお考えの通り、めちゃめちゃ忙しくて新しい
原稿を書いている時間が有りません(T_T)。しばし、問題でお楽しみください。
問題は単純ですが、結構深いです。
問題
今、あなたはテレビのクイズ番組に出演しているとする。
何題かの問題に正解し、最後の賞金獲得のチャンスがやってきた。
ドアが三つあり、どれでもいいからドアを開けるとその後ろにある商品がもらえることになっている。
一つのドアの後ろにはクルマが置かれているが、残りの2つのドアの後ろにはヤギがいるだけだ。
あなたは、A、B、C、3つのドアから見当をつけてAのドアを選んだとしよう。まだドアはあけていない。
すると、どのドアの後ろにクルマがあるのかを知っている司会者は、Cのドアを開けた。
もちろんそこにはヤギがいるだけだ。ここで司会者はあなたに尋ねた。
「ドアAでいいですか?ドアBに変えてもいいですよ。どうしますか?」
さあ、あなたならどうしますか?Aのままでも良いし、まだ開けられていないBのドアに変更しても
よい。どちらを選びますか?
じつはこれ、米国で20年位前に出題され、大議論になった問題だそうです。
ちなみに引っ掛けやしゃれではありません。
人間が取りがちな行動に引っ掛けてあります。
申し訳ありませんが、読者のうち「Oichan」は回答禁止です(笑)。

統計学の勉強中^^;

問題①
あなたは新しく友達になった女性に、子供がいるかどうかを尋ねる。
ええ、二人います。と彼女は答える。女の子はいますか?はい。と彼女。
このとき子供が二人とも女の子である確率は?
問題②
あなたは新しく友達になった女性に、子供がいるかどうかを尋ねる。
ええ、二人いて、6歳と10歳ですと彼女。上の子が女の子ですか?
はい、と彼女。このとき子供が二人とも女の子である確率は?
問題③
あなたは新しく友達になった女性に、子供がいるかどうかを尋ねる。
ええ、二人います、と彼女。女の子はいますか?ええ、と彼女。
翌日あなたは彼女が女の子を連れているのを見かける。お嬢さんですか?
はい、と彼女。このとき子供が二人とも女の子である確率は?
少しずつ条件が変わっていることに注目してください。

iPadはどこまで行くのか

iPadの売り上げが絶好調(米国での四半期決算)
なんと、iPadの四半期販売台数はMacとほぼ同じ。
しかもMacの台数は史上最高
(iPad320万台、Mac340万台)

Macは様々なPCを合計した数字。
iPadがいかに売れているのかがわかる。0aiPad.jpg
同時にiPhone4も売れているのだが、まだ決算には反映されない。
「iPhone4が売れていないのは我々の製造能力の問題だ」
と、超強気の発言。
それにしても、そろそろ二ヶ月になろうとする私のiPad生活。
最強のアプリを発見しました。ビューン(リンクを貼りました)
これ、クールです。
日本で販売されている
代表的な雑誌がほとんどそのまま読めます。

フライデー
週刊朝日
ゲキサカ+(サッカー)
ダイム
ALBA(ゴルフ)
AERA
サンデー毎日
週間ダイアモンド
プレジデント
プレジデント・ファミリー
毎日新聞
西日本新聞
ZAI
エコノミスト
BEPAL
danchu
女性セブン 
000zyoseisebun.jpg
等など 合計30誌
中身については雑誌によりけりだが
週刊朝日などはほとんどすべてが読める。
フライデーは残念ながら、おねーさんのすっぽんぽんは見れない(T_T)。000friday.jpg
これで月額
350円
安くないですか?
しかも過去のバックナンバーも読める。
ゴルフ雑誌など趣味誌は、最新のものよりも自分の興味にあった号を探したい。
しっかりと確かめてはいないのですが、
紙版の発売と同時に公開されているようだ。
ただし、これを現在読めるのは
ソフトバンクのiPadのWifiと3G端末のみ。まだ実験中なのだ。

もちろん目次と記事がリンクされているので自分が読みたい記事だけを
探すのが非常に便利。
350円で10万人が閲読したとする
350円 × 100,000 = 3500万円
単純計算で一誌あたり100万円超。 これでは採算は取れないでしょう。
私だったら月額500円でも買う。
500円 × 100万人 =5億円 
一誌あたり1500万円超
これなら採算に乗るのではないか。
当然通常の紙版も同時に売る。
おそらく紙版の読者はそれほど影響を受けない。
iPadを通じて雑誌を見ようとする層は、おそらく今、ここに上げた
週刊誌を読んでいない。

で、結論
これを小さい画面で読むのは非常に面倒。
iPadなら普通の週刊誌と
同じ感覚で見ることが出来る。

ソフトバンクが放った最初のキラーコンテンツ。
これは大ヒットの予感がします。
P1030268.jpg
これは私の仕事場のデスクトップ。やっぱりこの大きさが必要です。雑誌はDIMEです。

38度

本日の最高気温 群馬県伊勢崎市 000ataiyo.jpg
38度 だそうです。
今日は幸いにも内勤日となりましたので、直接の実感はないのですが、
これは体温だったら倒れていますね。
お風呂だったら10分で気絶しますね。
(私は40度の風呂に一分しか入れません)
これが温暖化の影響なのかどうかはわかりませんが、
インドでは42度と言うすさまじい気温だそうです。
実は先週六本木ヒルズライブラリー で
「地球温暖化最前線」という講演を聞いてきました。
講演ではもう「事実」として温暖化がオーソライズされ、
世界中の国々が京都議定書に続く
「コペンハーゲン議定書」の批准にむけて動いていると言う話でした。
このままのペースで温暖化が進むと
2100年には最低でも2度~4度上がる。
氷河期と言われた過去の気温も地球全体では5度程度低かっただけ、という。
そのくらいに大きな気候変動を起こす可能性が高い。000ataiyo.jpg
しかし世界の議論がなかなか前に進まないのは、
先進国と途上国との間に深い溝があるため。
現在の排出量は中国がトップですが、
一人当たりの配出量はアメリカが断然トップ。
日本は米国の約/1/4。先進国の中では比較的少ない。
が、圧倒的に少ないのはフランス。ほとんどの電力を
原子力発電に頼っているためだそうです。びっくり

途上国にしてみれば
「今まで勝手にCO2を増やしたのはあんたらだろ」
と先進国を責めます。ごもっともです。
先進国は途上国にCO2排出量を減らすノウハウと、施設のために
30兆円近いお金を渡す。もう一つはカーボントレード。
排出量が少ない国のCO2を現金で買い上げる。買った国は自国の
CO2排出量削減の量に加算してもよいと言う仕組み。
紆余曲折はあったが、何とか批准出来そうだ、と言うお話でした。
(講師はWWFジャパンの小西さん 気候変動プロジェクトリーダー)
「温暖化」に関しては未だに「温暖化ではない」等の反論もあり、
個人的には「よく分からない」話だと思っていました。
つい先日の週刊朝日にも
「しつこいようだが地球温暖化の嘘」
と言う記事が出ていました。早稲田大学教授 池田清彦さん
20世紀に入ってから世界の平均気温が0.7度上がっている。
と言う元データが改ざんされている。
とのこと。
どちらを信じればいいのかよく分かりません。
冒頭の伊勢崎市の気温を考えれば温暖化しているような気もするし。
気候変動という大きな動きがわずか100年程度では動かないような
気もするし。000ataiyo.jpg
二酸化炭素が温室効果ガスであることは確からしいのです。
つまり、20世紀に入ってから気温が高くなった。
それは二酸化炭素の排出量が多くなったからだ。
この二つの現象が、原因と結果であることを証明すればいい話ですよね。
なぜ因果として語られないのか、とても不思議です。
どなたか詳しい方がいらっしゃったらお教えください。
よろしくお願いしますm(_ _)m.
000aondanka.jpg

ブブゼラとモスキート

お暑うございます。00ataiyou.jpg
東京は36度を越えたそうです。
夏は嫌いな季節ではありませんが、35度越えはさすがにギブアップ。
冷房をがんがんに効かせて、CDを聴きながらブログを書いております。
だらだらエッセーですのでお忙しい方は後ほどゆっくりとお読みください。
早いですね、あのブブゼラの音を聞かなくなってから1週間経ちました。000abubuzera.jpg
最初は「始終、うるさくてかなわん」
と思っていたブブゼラですが、
数日で慣れました。
ノイズは消えたり点いたりするときには慣れるることが出来ません。
ところが、ずっと同じ音量で発生するノイズは気にならなくなってしまいます。
私には耐え難いのですが、パチンコ屋にあれだけの大音量の中でいられる
というのは、人間の脳が持つこの能力があればこそです。
逆にものすごい雑踏の中でも相手の話が聞こえるのは脳がその音に集中して
いるからだそうです。心理学の言葉でもカクテルパーティ効果として
認められています。000acocl.jpg
発売当初から「音が硬い」等の苦情で普及に苦しんだCDですが、
いまではすっかり慣れてしまいました。
私もレコードは持っていますが、今ではほぼCDオンリーになってしまいました。
これはCDの音が改善されたのか、私の耳がある種特殊な音に慣れてしまった
からでしょうか。
1970~80年代が私にとっては音楽の原点。
この時代にはまだCDはなく、黒のビニールのレコードでした。
(今ではこんな注釈が必要でしょうね)
当初はノイズがゼロと言うことでCDに飛びつきましたが、すぐに
レコード回帰をしました。明らかにアナログ・レコードのほうが音が
よかったからです。CDからは聞き疲れがする音しか出ませんでした。

それがすっかりCDに移行したのはCD発売から10年後。
CDにもよりけりですが、明らかにデジタル時代の録音技術が進歩しました。
また、同時にCDプレーヤーも進化しました。様々な工夫がなされ音楽が
安定して再生されるようになったのです。

と、同時に私自身の体の変化も否定できないでしょう。人間は年齢が進むほど
高域の音が聞こえにくくなります。CDに入っている音は20kHzまで。
それ以上の高音域は「人間には聞こえない」と言われ、カットされています。
私自身の耳がCDの音域とあってきたのかな、と考えることもあります。
(認めたくはありませんが老化のひとつでもあります)
「若者よけ」の「モスキート(蚊)」と言う商品があります。
コンビニの前などにたむろする若者に耳障りな音を出す、ノイズ発生器です。
イギリスで開発され、商品化されているそうです。
17kHz  20歳くらいまでの人間には聞こえる。
これも常に鳴らすのでは「ブブゼラ」と同じになってしまう。
断続的に鳴らすことにこのノイズ発生器のノウハウがあるようです。
スイッチを入れて一分も経たないうちに20人ほどたむろしていた
「ガキ共」がいなくなったそうです^^;。
ま、この仕組みを知った若者が、
「ケータイの着信音」にして授業中にメールのやり取りを始める
反撃に(笑)でる意外な展開もあったようです。
こんなのんびりとしたことを書いていられるのも、冷房とCDのおかげ。
日が落ちたらビールでもいただきましょう(笑)。
新しい時代のオーディオは意外にもPCオーディオに変化しそうです。
CDは回転系のためどうしても読み取りエラーが出ます。これに比べて
iPodなどの非回転系のデジタルマシンの優位性が認識されてきたから
です。
私にはまだパソコンが出すいやな高域が聞こえますので、移行しようとは
思いませんが、遅かれ早かれですね。

これは本当ですよ。気合を入れて音楽を聴くときは、冷房とPCの電源を
落とします。嘘みたいですが、音楽が美しくなります。季節がよくなって
からでも結構ですが、是非実験してみてください。
あぁ、今日は久しぶりにのんびりした休日でした。ちゃんちゃん(笑)。
BGM UNCOMPRESSED WORLD AUDIO FILE FEMALE VOICES
000AAUDIO.jpg
ちょっと高いのですが、抜群の音質です。
front-to-front.jpg
一曲目のDIVAです。

一票の格差

参議院選挙が終わって多少落ち着きを取り戻しつつあるが、
重大な憲法違反
がほとんど議論されないまま残されている。
参議院における一票の格差である。
実は衆議院では概ね、二倍の範囲に収まってきている。
2倍を超える選挙区で違憲判決が相次いだからである。
しかし、参議院では5倍を上回る。
県単位で考えている限りなくなることはない。
さらに議員の定員を減らす動きの中ではさらに拡大する。
神奈川県と鳥取県では5倍の開きだ。
東京、大阪、愛知では50万秒をとっても落選する
一方、高知や徳島では13万票で当選できる。
選挙区別の総投票数を党別に分けると
民主党 2270万票 28議席
自民党 1950万票 39議席である。

これで民意は「自民党」と言えるのか。
考えてみると二院制である意義はどこにあるのか?
良識の府、と呼ばれるが、本当にそうか?
答えはNOでしょう。
今日は時間がないので^^;簡単に言うが
憲法を改正して一院制にしましょう。
昨日の NewsLetter にも書いたが、二院がねじれている状態では
議論は踊るばかりで結論が出ない。
そうしていても国の借金は増え続け、行き詰まるまでの時間が
どんどん過ぎてしまう。朝令暮改ならぬ、朝令朝改位のスピード感が欲しい。
まさに崖っぷちでなんだけどなぁ。
000agakepputi.jpg
↑この写真ちゃんと購入したいのですが、システムが壊れているようです(T_T)。

東京支社のお引越し  必要な気分転換

この原稿は平河町(≒永田町)の新しいオフィスからお送りしています。
これまでは、松戸本社と六本木ヒルズ支社(笑)
の2拠点からお送りしていたのですが、
六本木ヒルズ支社(ライブラリー会員)のデスクを確保するのが難しくなり、
このたび新たに平河町にオープンされたライブラリーに移転をいたしました。
00aroppongihills.jpg
この眺望は捨てがたかった。でも・・・
平河町森ビルは地下鉄の永田町から徒歩1分。60近くの個別ブースが用意されており
また完全予約制ということもあり、事務所としての使い勝手は格段に向上しました。
ま、お値段もそれなりに高くはなるのですが。
私のように地元にオフィスを構えたものの宿命と思い、引っ越を決意しました。

7月1日のオープンですので、まだ会員は少ないのでしょう。夕方の時間ですが、
キャレル(デスクスペース)で作業をしているメンバーの数はごくわずか。
ちょっとさびしい気もしますが、ま、快適です。もちろん有線・無線LANは完備。
思ったのですが、人間たまには環境を変えるべきですね。
集中して仕事がはかどりました。

六本木ヒルズはその眺望と無料で催される「ライブラリー・トーク」が魅力だった
のですが、平河町会員にも「ライブラリー・トーク」は開放されるのと、
年内いっぱいは移行期間として「六本木・ライブラリー」の会員としてのサービスも
受けられるということで、動いちゃいました。
しかし、
眺望は二階ですから望むべくもなし。
目の前に首都高が見えています

システムとしては前日までに30分単位でキャレルを押さえること。30分が1ポイント
として計算され、会員は月間で120ポイントを超えるまでは基本料金で使うことが
できます。その他、会議室が4部屋(これも事前申し込み)が用意されています。
仲間内の打ち合わせに使えます。これも六本木にはないものでした。
あとは、ライブラリーらしく蔵書2000冊の図書館ゾーンがあり、会員は一割引で
本を買い取ることもできます。これは6000冊の在庫を持つ六本木に比べれば見劣りします。
その分をということでもないと思いますが、雰囲気はややゴージャス。
そこここに置かれたチェアーはお昼寝にもよさそうです。実際、気持ちがいい。
今日の発見は、雑誌類が当日に手に入ることです。駅で散々悩んで買った
「日経ビジネス 日本倒産」
もすでに掲示されていました。買うんじゃなかった。
でも、今日はこれから「資生堂名誉会長 福原さん」の公演を聞きに六本木に移動
します。なんとなく永田町→六本木って遠いイメージがあったのですが、半蔵門線と
大江戸線を乗り継いでドア・ツー・ドアで15分。六本木駅での階段チャレンジ
はとかくなまりがちな体力を培うのに十分です(大江戸線はものすごく深い)。
六本木駅で最下層から上がると200段くらいありそうです。(実際200段越えでした)(涙)
想定外の事態が、わずか2時間しか使っていないノートブックが「電池切れ」。長いこと
使ってなかったからなぁ。ということで、これからもよろしくお願いします。m(_ _)m
00amorihirakawa.jpg
ちょっとかっこいいでしょ^^;。同伴者は3名まで入館できますのでご希望者は
私までご連絡をください。ただし女性に限ります(笑)。

次のページ →