JAL給与5%カットの欺瞞(許せん!)

先日、JALが組合に対して、給与の5%カット。ボーナスゼロを求めた。0JAL.jpg
という記事を書きました。
本当に腹立たしいのですが、さらにひどい実態が明らかになりました。
これは知人でかつてJALに勤務していた人からの情報
一般的な企業にもある総合職と技術職とは別に乗務員職がある。
最も社員数が多いこの乗務員職の給与の内訳は
基本給 + 乗務手当 + 宿泊手当  0ajal2.jpg
乗務手当は、航空機に乗務している時間にによって異なり(時給)
宿泊手当ては宿泊地の相場で食事に困らない額が支給される。
知人は入社4年目の時点で
基本給 12万円程度
乗務手当 10万円以上
宿泊手当て 10万円以上

で、今回の給与カットはこのうち、基本給にしか適用されない。
つまり
現在の給与 32万円 → カット後の給与31.4万円 
なんとわずか6000円のカットだというのです。
確かにボーナスゼロ回答は非常に厳しい。
だが、ボーナスは業績に応じて支払われる性格であるからして、
ゼロは当然なのです。

しかし、わずか、給与5%カット
なおかつ、労働組合が反発しているという。
もはや何をかいわんや。
税金を使って救われた会社という認識がないのでは。
世の中には、倒産による失業で明日をも知らぬ生活をしている人もいる。
虎の子の資金をJAL株購入に向けて、文字通り紙くずになった人もいる。

0ajalkabu.jpg ←現在は電子化されているので実際にはないのですが^^;
先日のブログ
「JALの救済は取引会社の倒産を防ぐために延命した」
という貴重なご意見をいただいた。
そのシナリオには止む無しという思いもあるが、
ボーナスは論外、給与は30%カット、
乗務手当50%カット、宿泊手当て50%カット

を要求します。
ゼロ回答なら来年の3月に仕分けします。0asiwake.jpg
こういう会社は早く市場から追い出したほうがよい。絶対にJALには乗らない。
0akingu.jpg
   ↑この態度が余計にむかつく[emoji:v-12]

日本の広告費

電通総研が2月22日付けで日本の広告費 を発表しました。
先日先行リリースした数字と若干違いました。
が、大まかな傾向は変わりませんでした。
        2007年  2008年  2009年    前々年比  前年比  
新聞   9462億  8276億  6739億    28.8%減  18.6%減   
雑誌   4585億  4078億  3034億    33.5%減  25.6%減
ラジオ  1671億  1549億  1370億    18.0%減  15.6%減
テレビ  19981億  19002億 17439億    13.2%減  12.7%減
総広告費 35699億 32995億 28282億   21.7%減   14.3%減

ネット  6003億  6983億  7069億    17.8%増   1.2%増 
先日お伝えしたデータと多少の違いが有りました。
しかし既存メディアに関しては悲惨な数字であることに変わりはありません。
参考までに前々年比を付け加えましたが、
00iStock_000007358300XSmall.jpg
新聞は約3割減、雑誌は3割強、
テレビも13%近いダウンです。

特に新聞、雑誌については、深刻で経営問題のレベルです。
日本経済新聞は戦後初の赤字
朝日新聞は3年連続の赤字です。

私は長年の朝日新聞の読者ですが、最近は通販(特に健康モノ)の広告ばかりで閉口しています。
これは新聞の読者が高年齢層に偏っている結果であるから仕方がないのですが。
と、言うことは新聞の未来は非常に厳しい。コーホート移動をした中高年は新聞を読まないでしょう。
ネットはかろうじて前年を上回りましたが、急ブレーキがかかりました。
4大メディア(この言葉そろそろ死語にしませんか^^;)
以外でも前年比を上回るものはありませんでした。
比較的軽症だったのは
DMが前年5%ダウン
POPが前年比1%ダウン

直接消費者の目に届くメディアが相対的に増えたことになります。
0pophon.jpg ←これ実は手書きではありません^^;
テレビは4大メディアの中では比較的検討していますが、
一時期のパチンコのCMの多さには辟易しました。
番組制作に回す予算が大幅に削減されたおかげで、民放はどのチャンネルを見ても
ひな壇中途半端芸人のバラエティばかりになってしまいました。
0ahinada.jpg ←本当にこんなのばっかし(T_T)。
今の民放の放送に大人の鑑賞に堪える番組は非常に少ない。
私は民放を本当に見なくなりました。NHKとWOWOWばかりです。
たまに見る民放の好きな番組はすべて録画して、CMはスキップします。
(最近のレコーダはボタンひとつでCMをものの見事にスキップしてくれます)
つまり、先日のNewsLetterでお届けしましたが、
 「面白い番組を見せてやるから代わりにCMを見ろ」という
ビジネスモデルが壊れかけていると感じます。
他に娯楽がない時代ならともかく、今はネットもケーブルもゲームもあります。
深刻なのは若い世代になるほどこの傾向が強くなることだと思います。
時代は
「I Want What I Want It」
「I Want it When I Want It」
 なのですよ。

ディスカバリーチャンネル 花粉に負けるか!その①

へっくしょぃっ!!
はい、例年通り義理堅くやってきました。
「花粉」
杉です。
何でこんなアレルギーになったのか理解しがたい。
発症は40過ぎである。  それ以来ありとあらゆる治療を行ってきたが、
一向に症状は改善されない。
結局、対症療法に頼るしかなく、
毎年、目薬と点鼻薬に頼ってきた。
ことし、気になるCMがある。
こいつです。「アレルブロック」ってまんまかいっ! 0aareru.jpg

早速買ってみました。
こいつを塗って外出。ゴルフ練習場まで車をオープンにして。
結論。
こいつかなりいけます。
目はかゆいのですが、鼻はなんともない。
まぁ、確かに花粉を取り入れる場所にセロハンテープ
を張るようなもんだから効いても当然といえば当然か。
で、調べました。
なんと作っていたのは フマキラー さんでした。
(俺は虫か)(笑)。
本商品は、鼻の入口にクリームを塗るだけで、鼻の奥の粘膜に到達する
花粉量を大幅に抑制することができます。医薬品ではありませんので、
妊娠中・授乳期の方や小さなお子様に、また、眠くなる成分を含んでい
ないので、受験生、運転中やお仕事中の方などでも安心してお使いいた
だけます。1回の使用で約4時間効果が持続いたします。

どうだすばらしいではないか。
多少控えめに書くだろうから、おそらく半日はもつ。
久しぶりの救世主誕生か。こいつのいいところは入ってきた花粉を
どうこうしようという発想がなく、単純に入れない、というところだ。
したがって、従来の薬に必ず伴っていた「副作用」の心配がない。
アレルギー反応を抑えようという従来の薬品と全く別の視点
(これこそ、ヒット商品を生むポイントだ)
YouTubeでさらに捜したらありました。
しかもとんでもないオチつき。まぁすでにネタばれしてますが^^;

鳥居みゆきって美人だったんだ。っていうか化粧って怖い^^;

私事で恐縮ですが、

ホールインワン を達成してしまいました^^;   
0aholeinone.jpg←ホールインワン保険です(笑)。
もっとも、ショートコースで、
わずか96ヤードしかないところですが。
ここ がそのコースです。
あ、短い!
と打った瞬間は思ったのですが、
グリーンの手前側に落ちたボールは
するすると・・・・・カップに吸い込まれました。
う、うっそ~~~!!!
ありえない!0aarienai.jpg ←フィッシャーのだまし絵の気分でした。
はい、ゴルフを始めて約1年の初心者がやってしまいました。
もっとも、ショートコースですので正式のものではありません。
ちなみに、ホールインワンが出る確率をググってみました。
ホールインワンが出る確率について調べて見ると色々なデータが目に付く。
何を基準にするかによってその確率は、大きく異なるが、中級から上級者
のアマチュアの場合は、1/8000 – 1/14000 という確率の範囲で出るようで、
1ラウンドにパー 3 が 4-5 ホールあるとすると 概ね 2000 から 3000 ラウンドに
1回の確率
で出るようだ。しかし、初心者を含む、全てのゴルファーの平均と考える
場合は、さらに確率は低く、米国ゴルフレジスター (United Staes Golf Register)
という団体が公表している数字によれば 1/33,000 とその確率は、極めて低い。
私は初心者ですから、とんでもない数字になりそうです。
しかし私は、ゴルフに関するつきを、もう使い果たしたような気がします。
今日からはマジメにお仕事に励みます。
ちなみにこんな映像を見つけました。

http://www.mamejiten.com/golf/dev/04_video.html


ツアープロは もちろん 普通の人よりも高い確率でホールインワンを出す訳だが
1983-2003年の 20年間の米国 PGA 統計で見ると 毎年平均で 30回のホールインワン
が競技中に出ていることになり その確率は 約 1/3,700 ということになる。
つまり、
ツアープロの場合は、1ラウンドに 4つ (時々 5つのコースもあるが) パー 3 が
あると考えると 900ラウンドに 1回位の確率で出る計算になる
プロでも900ラウンドに一回^^;。
あらためて、やってしまったことの大きさにびっくりしております。
どうしよう(笑)。
0amagure.jpg
もう生涯宝くじに当たることはないでしょう(苦笑)

日航、給与5%カット提案 年間ボーナスはゼロ

何かの冗談かと思いました。0JAL.jpg
給与カットはゼロがひとつ足りません。
50%カットでしょう。050off.jpg
これによる削減効果は年間300億円。
やはり桁がひとつ足りません。 削減効果は3000億円。
これが常識的な線ではないでしょうか。

本来であれば、倒産して業界から去らなければならない
会社を国民が温情をかけてチャンスを与えたわけです。

(5000億円の税金を使っているのですよ)0redcard.jpg
それでも、私はJALの再建は難しいと思っています。
JRを例に出すことが多いのですが、
JALとJRはまったく違います。
JRには多くの資産がありました。鉄道網であり、
駅前一等地に多くの不動産を有していました。
今、JRがさまざまな事業に進出しているのは
こうした資産のおかげといっていいと思います。
何より世界一といっていい鉄道網を有していた
わけです。0map.jpg
JALは資産らしい資産はありません。
航空会社が持っている資産は、飛行機だけといっていい。
すべての路線を競合と争そわなければなりません。

それに加えてGMと同じ
レガシーコストを抱えます。
記事には「ボーナスゼロ」に労働組合が激しい抵抗が
予想される、とあります。

冗談ではない!繰り返しになりますが、本来市場から
出て行かなければいけない会社だったのです。
なぜ従業員を全員解雇して、その後、50%オフの賃金で再雇用しなかったのでしょう。
あぁ、腹が立つ^^;以前のブログにも書いていますね。 ここ からどうぞ。
JALは世界中の航空運輸業と戦わなければなりません。
これから新興国、中国やインド東南アジアの会社が
低賃金を利用して、ディスカウント路線を仕掛けてくる
と思います。

これに対抗して会社を再建しなければならないことが
わかっていないのではと思わざるを得ません。
JALはおそらくまた同じ道を歩むでしょう。
救う価値のある会社ではなかったのです。
税金の無駄使いでした。
この会社の体質が変わるまで再建のみとおりは暗く、
社風、体質を変えることは「稲盛さん」でも難しいでしょう。
00ajal[1]
賭けてもいい、この会社はいずれまた同じ問題を繰り返す。

証券取引等監視委員会からの電話

昨日の夕方
「証券取引等監視委員会」を名乗る電話が会社にあった。
どきっ!
この間のインサイダーがばれたか!(うそですよ)^^   0insider.jpg
「最近、上場寸前の未公開株の購入を呼びかける電話営業が盛んです。
 これはほとんどの場合詐欺ですので、お気をつけください。
 現在こうした被害にあわれたり、未公開株をお持ちですか?」
「過去に引っかかりかけたことがありましたが、今はありません」
「そうですか、郵送でも来るようなので十分注意してください」
で、電話は終わった。

???なんで、私のところへ?????
金融庁のページを探した。
ありました。
これも詐欺でした(笑)。 これ です。
○「未公開株の被害調査を行っている。」、
 「いまお持ちの未公開株は上場が決定しているので安心である。」
 などと告げ、それと前後して、未公開株の発行業者と称する者が
 未公開株の買い増し勧誘などを行う、
○「未公開株被害者のため、会社に対して買取り交渉を行う。」
 などと告げ、仲介手数料や報酬を要求する、
詐欺も手が込んできていますね。
実は昔、買っちゃったんですよ。未公開株。
今は、破綻したからいいでしょう、「バルチック・システム」
カレー屋さんでした。0baltic.jpg
友人の紹介で買っては見たのですが、どうも業績がおかしいし、
いつまでたっても上場もしないし、配当もない。
と、言うタイミングで「株式に関する新しい契約書」にしたい、という手紙。
さすがに、新しい契約書を丹念に読みました。
あった、上場まで未公開株の買取を
      会社に要求できない
、という条項。
即刻、キャンセルの電話をし、解約をし、難を逃れました。
もし、まだ私が持っていたら
「その株式の被害者に対して合同で賠償交渉をします」
もしくは、私が未公開株を持っていたら
次のタイミングで
「未公開株の新たな勧誘に関する電話」がかかって来るのだろう。
私も何か変だな?
まず、私になんで電話が?
金融庁がこんな親切なことをするか?(笑)
しかし、すごいなと思ったのは、
電話の口調。
まるで生真面目そのもの。お役所かな?と思わせる誠実な語り口。
詐欺も高度化していますね。相当免疫があるはずの私も思わず、
「本当」かと思いました。
皆さんもお気をつけください。迫真の演技です0sagi.jpg
0magic.jpg
世の中、うまい話はないのです。

新聞・テレビ断末魔  日経ネット有料化の危うさ

という特集が週刊東洋経済2/20日号で特集されている。
その中でも新聞の退潮が凄まじいという。
先日のブログの中でも触れたが、
新聞社の広告売り上げの下落は20%近い。
この数字はJMAでのセミナーにおける電通資料から割り出した。
(正式には2月22日に電通総研が発表するようだ)0recession.jpg
業績についても
日本経済新聞社が 戦後初の赤字決算(広告が2期前から半減)
朝日新聞 3期連続の赤字

新聞の総発行部数は
全国で5000万部をキープするのがやっとで
一世帯単位の部数も0.95と1.0を割り込んだ。

そうした中、
日本経済新聞が「電子版」有料化に乗り出した
月額 4000円(紙と併読の場合は1000円/月)
この値段は馬鹿高い。紙の読者に気を配っている価格設定であることは明らかだ。
FTでさえ約2500円相当。
NYタイムズはメーター課金。0NY.jpg
すると、ふと思うのだが、
なんとなく購入をしてきたが、実際問題として日経が私のビジネスに
役立っているかどうかということに関しては微妙なのである。

個々の業界についてはネット上の専門サイトで事足りる。
マクロ経済については存在意義があるが、
それ以外に関しては個別サイトを除けば十分である。
この際、日経本誌の購読をやめてもいいのでは、と思いはじめた。
(この原稿を書きながらそう思った)(笑)。

典型的な習慣購買なのである。
日経のネットに話を戻すと、
「無登録読者」と「無料読者」と「有料読者」の三層に分けるようだ。
無登録読者には全体の記事の3割程度で「登録」を促す
登録を済ませた「無料読者」には一部の記事が閲覧できない
(この層には属性がわかっているのでターゲッティング広告を打てる)
「有料読者」については記事はもちろん、以下のような「マイ日経」のサービスが受けられる。
「おすすめ」 あらかじめ登録した興味のあるジャンルに関する記事を表示
「収集」上記の記事のリッピングが可能
「保存」最大100本の記事が保存可能
「閲読履歴」ま、フツーですよね
「日経ヴェリタスオンライン」が統合
「日経テレコン検索が無料」
「マルチアクセスが可能」
と、日経のコンテンツがてんこ盛りなのだ。 これなら、+1000円だったらOKかな、という感じかなぁ。
ただ、新商品の開発でありがちなのは、てんこ盛りだけど「売り」がよくわからないケース。
ほとんど失敗します。
一番の問題点は今の時点でこのビジネスモデルを提供していること。
すでに、旧型のビジネスモデルであるという点である。
私は日経からだけ情報がほしいわけではないのだ。
私がほしいのは0ipod1.jpg
私が知りたい情報だけなのだ。

「I want what I want it」
0oldfashioned.jpg
旧型って言うことはお気づきですよね。>新聞業界の経営者の方々。

iPad

アップル社が今月初めに発表した
iPad
非常に驚きました。いや、恐れ入りました。
最初はでかいiPhone?かと思いましたが、0ipod1.jpg
子飼弾氏のブログから同社のビデオ・プロモーション
http://www.apple.com/ipad/#video
を見ました。少し長いのですが、見ると魅了されます。
全編英語ですが、テクニカルワードが多いのでかえってわかりやすい。
(面倒な方はこちらからhttp://www.youtube.com/watch?v=smqslH0qw5U)
とにかく BEST だと。
インターネット
メール
ゲーム
写真
動画
私がiPadにあわせるんじゃなく、iPadが私に合わせるんだ
iPhone、iPod Touchで培われたノウハウが全部入っている。
新聞も本もなんでもOK
(新聞社、出版社が恐れていた事態がまさに現実化しようとしている)
ちょっとびっくりしたのはワードの入力
画面にソフトウエアキーボードが現れる。
サイズは通常のデスクトップPCと同サイズ。A4サイズ。
0ipadd2.jpg
APPEL SHOP
i-Tunes
i-Book Store からあらゆるものが買える(もちろんAmazonでもOK)。
しかも電池は 10時間 持つ 0denti.jpg
中で、 「これは革命だ」
というせりふがありますが、まさにそのとおりに感じます。
これがあれば外出用のノートパソコンは要らなくなるかも。
私はE-Mobileの回線端末を持っているのでこれで十分。
(ワードと表計算ソフトは別売10ドル)
価格は499ドル(約45,000円)~
どうしてもっと高くしないのか?みんなが買えちゃうじゃないか(笑)。
発売時期はまだ未定のようですが、必ず買います。(3月という噂)
折りたためないのがまことに残念ですが、それは10年間くらいかかるでしょう。
0tablet.jpg
未来がここにある(ちょっとほめすぎか)^^;

休業分散化法案

■分散して混雑緩和、内需喚起
 観光が集中する5月の大型連休の分散化を図ろうと、地域ごとに異なる時期に
大型連休を取得する「祝日法改正案」が、今国会にも提出されることになった。
憲法記念日など記念日自体は変えないが「○○地方は5月第2週に取得」など
と定めて、その地方では最低限、官公庁や公立学校は休みになる仕組み。混雑
緩和で観光需要を喚起する狙いがある。政府は「休日革命になる」と意気込む。(産経新聞)

イメージであるが、
北海道は5月の連休を第一週に、東北は第二週に・・・・
対象はゴールでウイークと秋のミニチュアGW
政府広報用の資料を当たってみた。効果はざっと4つらしい
休暇分散化の効果については
1)ピーク需要の平準化による旅行料金の低廉化
2)交通渋滞や混雑の緩和による移動時間の短縮化
3)環境負荷への軽減、混雑解消によるインフラ投資の効率化
4)観光地に追いける雇用の安定化
5)生産性の向上、サービス水準・ホスピタリティの向上

確かに、GWに人の流れが集中することにより
1)の旅行料金は閑散期から比べると下手をすると3倍近くなる。(ぼったくりだよね)
 だから私はGWに旅行はしない。
 仮に1/2の料金で旅行に行ったとして、その浮いた分を旅行に再投資とあるが、甘い!
 残った1/2は貯金をするんですよ 2)交通渋滞に関しては、GWはクルマに乗らない
  電車移動で十分である。 
(GW中に移動する場合は前もって切符を抑える)JRはGW料金がない0jutai.jpg
3)環境負荷への軽減
  これってそんなに効果あるんですか。
  普段の2倍だったのが、1.5倍が4週間続くことになる
  ここらあたりからどうも怪しい

4)観光地における雇用の安定化
  働く日にちは増えるかもしれないが一日あたりの残業を含めた
  収入は同じ可能性が高い
  しかもだらだら続くので蓄積疲労の心配が
5)生産性の向上、ホスピタリティの向上
  この辺になると何を言っているのかさっぱりわからなくなる。
で、最終的には
旅行満足度の向上、リピーターの増加
観光地の評価の向上
潜在重要の喚起(高い料金や混雑を敬遠していた層)

だそうだ。
なんかへたくそな企画書を見せられたような気分である。
効果がさっぱり期待できない。
第一、全国で稼動している工場はどうしたらいいのか。
コンビニの弁当はどうなるのだ?

全国のお客様が分散してGWを休んだら、
私は休むことができないではないか(どこかのお客様は休みでないから)
単身赴任しているお父さんは家族と休みが合わない(T_T) 0jyukuzyo.jpg しかも原案ではハッピーマンデーがなくなるらしい。
ふざけんな!あれは勤労者のささやかな楽しみなんだぞ。0hatabi.jpg
そんなことを考えているよりも、とりたいときに休みが取れる
有給休暇の取得徹底をお願いしたい。
あの、辻本副大臣ががんばっているらしい。0tuzimoto.jpg相変わらずのKYか 0faoult.jpg
箸にも棒にもかからない、アイディアです。再提出をしてください。

NewsLetter062号「FREE」をアップしました。

NewsLetter62号 「FREE」をアップしました。
こちら からご覧ください。
メール配信の方にはまもなくお送りします。
今回は話題の本「FREE」
グーグルを代表としてさまざまなサービスが「無料化」されています。
検索エンジン、乗り換え案内、メール、マップ、ニュース、RSS
いったいいくつのサービスを使っているか。
グーグル抜きの仕事は私には想像できません。

ただし、私はグーグルに一円も払っていません。
全部「無料」なのです。
「FREE」では新しい時代のビジネスモデルとして
「無料」を扱っています。
今回はそのさわりだけご紹介します。
詳細はお買い求めください。
できればご感想なぞいただけるとうれしい。
(このコメントは中身を見ていただけるとわかりますよ)(笑)。                      
0zero.jpg

次のページ →