今年一年のご愛顧に感謝m(_ _)m。

本日は一応弊社の年内最終営業日となります。
(本当は残業出社してますのでメール、お電話で何かあれば)(笑)
この一年間のご愛顧に感謝です。
ありがとうございました。

今年一年を振り返りますと、
なんと言っても世界同時大不況
リーマンショック
GM、クライスラー破綻
JAL実質破綻
ドバイショック
止まらない円高(ドル安)
ゴールドの急騰

あらためて振り返ってみると
金融工学派生商品に振り回された一年だったと感じます。
政治では
オバマ大統領の就任
民主党による政権交代

両者とも今、苦しんでいますね。
(鳩山さんの献金を除いて話をしますが)
現在の経済情勢は前政権が作り出したものであって、
両首脳を非難をするのは私は間違いだと思います。
鳩山内閣も迷走といわれますが、
政権奪取半年って、こんなものでしょう(笑)。

甘いですか?
スポーツでは
WBC連覇(個人的にはイチローが嫌いですが、彼のバットコントロールは素晴らしい)
巨人の日本シリーズ優勝
松井のワールドシリーズMVP
南アワールドカップ出場決定

まずまずじゃないですか(笑)。
(レイソル柏のJ2降格は悲しかった)
ヒット商品
iPhone
twitter
キリン・フリー
ハイブリッドカー

なんか小粒じゃないですか?^^;
個人的には 
子供の独立(就職・一人暮らし)
新しい家族 ルーク(シーズーです)
ゴルフで初めて100を切った
不況下ではあっても何とか黒字決算(→今期は非常に苦しい)(T_T)。

皆々様に支えられての一年でした。
ご愛顧に感謝し、また皆様の新しい年が素晴らしい年になるように
祈念する次第です。
良いお年を
ではでは~(^^)/~~~
0aathanksl.jpg
あ、来年は1月4日より営業開始します^^;。

大画面が変えるテレビの視聴態度

ふと気がつくと、 テレビの視聴行動が変化 していました。
我が家のリビングルームは約20畳
そこの隅っこに47型のハイビジョンテレビを購入した(3ヵ月くらい前)
0aadaigame.jpg ←これはウソです(笑)。
ふと気がつくとテレビの視聴が変化している。
簡単に言うと大画面にふさわしい番組を見るようになった。
・映画(BS1、BS2、BSHi、WOWOW、CATV)
・スポーツ
(同上)
迫力のある画面、ペネロペ・クルスの顔の産毛が見える高精彩^^;。
サッカーなどには最適。ボールがある場所だけではなくスペースが見える。
0aapenerope.jpg
で、見なくなった番組(チャネル)
・主に民放のバラエティ  → 大画面である必然性が全くない0aaminpou.jpg ←あの人は今?(笑)
・ニュース  →同じく大画面である必然性が全くない
・CM →民放そのものを見なくなってしまったのです。
 
これが大問題なのだが、CMを全く見なくなってしまった。
民放で見たい番組は、ほとんど全て録画で見るようになった。
当然コマーシャルタイムは早送り、というか30秒飛ばしボタン。

(これは極めて便利でどこまで飛ばせばいいのか、と言うカーソルまで出る)
と言うことで(笑)、CMを見なくなった。
もう一つの大きな理由は、映画・スポーツを楽しもうと思ったら、
CMは全くの邪魔ものでしかない(特に映画はがっかり)

今は家に帰ると、
まず、BSで番組表を見てスポーツ・映画・ドキュメンタリーを探し
  ↓
いい番組がなければ ブルーレイで取りためた番組を見る
  ↓
それでもいい番組がなければ、ケーブルテレビをザッピングして
  ↓
それでもいい番組がなければ、BSの旅番組を見る
(これはBGV視聴で、番組そのものは見ておらず、大抵は本を読んでいる)
これでは全くCMは見ないですよね(T_T)。
もう一つ。今のCMが大画面にあわせたつくりになっていないと、感じます。
やたらに顔がアップになるのは考え物
映画を基準にボリュームを上げていると、CMが非常にやかましい。
 
0aaminpou20.jpg ←残念ながら今のCMは愛せない(T_T) 
広告の効果測定は私の仕事の一部分ですが、かなりヤバイですね^^;。
PPVの時代だとつくづく感じます。
もう一つ、逆を言えば、
映画・スポーツをよく見る人でなければ、
        大画面は必要ありません。

0CM.jpg
こういうのが一番うざいですね。

寒風の年の瀬

先日、調査結果を眺めていてふと気がついたことがあります。
調査の内容は全く関係がありません。
そうでないとここには書けませんから^^;。
職業欄を見ていたのですが
無職・退職 が13% 近くいたのです。
え、多くない?0aamusyoku.jpg
それともネットのモニターってやっぱり引きこもり、とかが多い?
年代別の分布を調べてみると
男性20代 20%
男性30代 13%
男性40代 14%

女性20代 18%
女性30代 7%
女性40代 7%

これってもしかして失業者?
しかし政府が発表する 「失業率は5%以下」 のはず。
結構細かい職業分類を取ったので
正社員、公務員、自営業、農林漁業、自由業、自営手伝い、パート・アルバイト
内職、専業主婦、大学・大学院生、短大・専門学校生、無職・退職、その他(6%)
多分 「正真正銘の失業者」 ですね。ほかに考えにくい。
と、すると。政府が発表する「失業率」との3倍にも上る乖離、とはなんなのか。
失業者の定義は
労働力調査では、完全失業者の定義は、ILOの国際基準に準拠して 
(1)「仕事についていない」
(2)「仕事があればすぐつくことができる」
(3)「仕事を探す活動をしていた」

で、直近一週間で一時間でも賃金を得る活動をした人は就業者とみなす。0aailo.jpg
つまり、あまりの厳しさに 「職を探すのをあきらめた」 人は含まれていない。
なるほどねぇ。
米国で実質の失業者は20%近い、とする記事をネットで見たことがありました。
特に人種差別や移民などの問題を抱える米国ではそうなんだ、
と考えていましたが、
なんと日本も同様なのです。
失業率5%の空々しさはここにあったのですね。
さらに現在の水準の5%は、雇用調整給付金でカモフラージュされています。
休業、教育、出向に関わる企業の負担の2/3を国が助成しています。
(しかも解雇を伴わない場合は2/3→3/4)

(赤字企業で、ある一定期間の業績が前年より悪いことが条件)←そんなもん、いくらでもあるわい!
そりゃ、厳しくなるはずだわ(T_T)。税収がままならぬのにこれでは・・・・orz
統計データには様々な誇張や矮小化が含まれることが多いのは職業柄
知っていたつもりですが、今回のネット調査の結果の方が、遥かに
実感値に近い。
もちろん今回の調査はネット調査モニターでしかも年代別に割付をしています。
バイアス(歪み)と言う言い方をします。
と言うことは年齢の高い属性ほど「無職・退職」者が多いことが予測できます。

当然現在収入がないのですから、支出(消費)も不活発なはずです。
想像以上に厳しい年の瀬です(T_T)。
0situgyou.jpg
まいった(T_T)。

TSUTAYAの深謀

12月19日付 朝日新聞 広告
TSUTAYAだけ!999円ベスト!!
CDである。
豪華60アーティストの最強ベスト盤が999円!!
豪華アーティストなのだが本当に豪華
カーペンターズ、ABBA、エリック・クラプトン、ジャクソン5、エアロスミス、
エイジア(書ききれないので抜粋で)、スティービー・ワンダー、ボブ・マーリー
ロッド・スチュワート、ジェイムズ・ブラウン、ダイアナ・ロス、クインシー・ジョーンズ
ビートルズ!!、ボビー・コールドウエル、マイケル・ジャクソン、ドナ・サマー
スリー・ドッグナイト、バートバカラック、ジョー・ジャクソン
 などなど。images[6]
洋楽好きとしてはたまらない、というより信じられないラインナップなのだ。
60アーティストの中で全く知らないというのは5組だけ。
これはすごいことで、なおかつその値段が999円(税込)なのだ。
実に男らしいプライシングではないか。
知ってはいるけれどもアルバムを買うほどに思いいれているわけではない、
というアーティストのCDを買うのに絶好ではないか。
CDレンタルもOKというと5枚1000円で借りてきて、PCで再生をすれば
あっという間にiPodにストックできる。これは素晴らしいぞ。

問題は選曲。往々にしてこの手のベスト盤は本当の大ヒット曲が含まれていないことがある。
いわゆる、「粗悪品」
しかし、天下のTSUTAYAがこれだけ大見得を切って発売するのだ、
そんな粗悪品ではあるまい。
問題はもうひとつ
このアーディストの、ベスト盤を作って、しかも999円で売って
「儲かるのか?」

ま、すでに絶好機を過ぎているアーティストのものが多いことも事実。
これ以上考えてもわからないので、いったん借り置き。
で、ターゲットはだれなのか?
カーペンターズ、ビートルズというと現役で聞いた世代は50~60代。
今更、この年代に新たに買わせるというのは難しい。

そもそも、この年代はTSUYAYAを使っていないのでは?images[2]
そうすると、20~30代の最も音楽を聴く層を狙っているのか。
音楽は10~20代がもっともお金を使いCDを買う。
やがて結婚とともに音楽からは離れ、CDもいつの間にか買わない
というのが日本の音楽マーケットだ。
私も音楽を趣味とする身であるが最近CDを買う量は極端に減った。
家の近所にまともなレコード屋がない。JAZZが好きなのだが、
どうかすると新譜を一枚も置いていないところが多い。
必然的にアマゾンで買うことになる。アマゾンは指名買いなので
ジャケ買いや偶然目にとまった一枚を買うというような出会いがないのだ。

ちょっと話がそれましたな。
このTSUTAYA のチャレンジは成功するのか。
私は残念だが厳しいと思う。
若い世代はそもそも知らないアーティストのCDは買わないだろうし、
音楽的にはターゲットである中高年はTSUTAYAに行かない。

これってネットで買えないのかな?
むしろこの紙面の対抗で掲載している、
「世界が泣いた、すべての世代に見てほしい
「泣ける名作選」100選を100円レンタル。
のほうがひかれるし、
またブルーレイディスク、2500円のほうに私は魅力を感じるのだ。
iStock_000005235662XSmall.jpg
出来ればレコードで聴きたいなぁ>ベスト盤

NewsLetter 58号 新しいコミュニケーションツール 「Twitter」をアップ

拝復
今年最後の配信となります。今週になって急に寒くなりました。
寒い、ではなくて、冷たいという感覚。冬はこうじゃなくっちゃ
いけません。と、のんびりしたことを言っていたら、あらら、12月も
半分を過ぎてしまいました。祝日がありますし、年末休暇を
考えれば、あと一週間ですね。
年賀はがきの受付も始まりました。
年賀状なのですが、皆さんはどうされてますか?私は2年ほど
前からお客様や仕事の関係者および友人にはメールでご挨拶
をすることにしました。
葉書にしたら大変です。このレターの
配信数も1000名を超えています。とてもじゃないけど追いかけ
切れません。
 ITとは無縁の親戚には年賀状を出します。何しろメアドを
持っていない^^;。親戚への年賀状は毎年減っています(T_T)。
もうみんないい年です。
さて、経済を見回すとどうにもなんないですね。ドバイの影響は
最小限で済みそうだとマスコミ各社が喧伝していますが、
彼らは証券化商品を知らないのでしょうか?レバレッジのことも。

恐らく、政治側からの意向を受けてでしょうが、本当のことを
欠かない罪は大きい。特に日本経済新聞。
ジャーナリストの肩書きを捨てて欲しいくらいにでたらめです。
いずれにしても来年も中国とインド頼りになりそうです。
さて今回は「Twitter」0twitter.jpg
を取り上げます。とんでもない長編になって
しまったので、越年企画で「前後編」。今回はサービスの特徴を
紹介します(前編)。、実際の使用例やビジネスにどう結びつくのかを
新春(後編)としてお届けします。相変わらずいまひとつ分かりにくい
サービスですが、出来るだけわかりやすくひも解きます。
NewsLetterとしては、今年最後のご挨拶(ブログはまだ続けます)。
良いお年をお迎えください。m(_ _)m 
あ、NewsLetterは ここ からどうぞ
柳本 拝
(ブログも是非ブックマークしてくださいね)↓
ブログほぼ毎日(笑)更新中→ http://rresearch.blog103.fc2.com/
♪-----------------------♪
 株式会社 アール・リサーチ
 代表取締役
 柳本信一(ヤナギモトシンイチ)
電話 047-342-3181
 携帯 090-7428-8999(ryubon-2004@docomo.ne.jp)
  E-mail: ryubon@kkd.biglobe.ne.jp
〒271-0051
千葉県松戸市馬橋1896-1ヴィレッジK・I 3-1
♪-----------------------♪

業界に寒風吹き荒れる

マーケティング・リサーチ業界で先輩に当たる方と新橋の立ち飲みで
久しぶりに飲んできました。
(現在多少の酩酊状態です)^^;
グループインタビューを中心にこれまでのキャリアを積んできた先輩。
やはり、景気はよくないという。
ところが、自社施設として「グルインルーム」を作っておいたのが大正解。
一般企業からのレンタル申し込みがきっちり入っているという。
業種をお聞きしたところ、
「外資系」との一言。
去年までと違うところは、本国の社員がいないこと。
イコール通訳をつけなくて済む等のメリットがあるらしい。
ま、先輩も苦笑い。
そりゃそうですよね、マーケティング・リサーチ業が不動産業になっては
しゃれになりません(笑)。
結構色々な人にお話をうかがいますが、
今回の景気低迷は本物。
かつてこれほどのひどい景気はなかったいいます(自分の実感値とも合致)。
かつての景気循環の中での好不況であれば、どこかが全滅でもどこか救いの業界があった。
今回はちょっと違う。
ユニクロ等の例外を除けば全部悪い(T_T)。
私の出典母体の会社も、人材採用系を主業種としてきただけあって、
全くダメ(T_T)。下手をすると創業以来初の赤字の危機と聞く。
並みの我慢で乗り切れるほど今回の不況は甘くない。
知恵が必要なのだ。振り絞るほどの知恵が。
まあ、まだ良い。飢えているわけではない。
世界中を見れば、日本人として生まれたことだけをしてもラッキーである。
かつてリクルートを早期定年退職しようかどうするか迷っていた時期に
父親からメールが来たことがある(今から6年ほど前です)。
「悩んではいけない、悩むのではなくて考え抜きなさい」
今、この言葉の重みを実感する。
何をしてもダメならば、悩むのではなくて、考え抜く。
そういう時期なのだと思う。
本日はテキストオンリー^^;。たまにはいいでしょう。
では、おやすみなさい。

科学と学習

学研は小学生向けの学年別学習誌
「科学」と「学習」を休刊 にすると発表した。
懐かしいですねぇ。
私が小学校高学年と言うと約40年前^^;。0aakagaku]
「科学」を毎号取っていました。
色々な付録が大好きでした。
(むしろ付録の方が楽しみでしたね^^;)。0aakagaku2.jpg
確か学校に直接持ってきてくれた。
(今なら大問題。おおらかな時代だったのかなぁ)
背景を考えると
・小学生人口の低下 
 現在は約700万人 ピークは昭和33年の1400万人
 単純にマーケットサイズが半分になったのだ。
 これは厳しい。無論過去最低である
 (文部科学省 学校基本調査より)
しかしこれは今分かったことではなく、随分前から分かっていたはず。
(人口統計は最も確度が高い調査。全数調査だからです)
・もう一つは、流通形態
 上記したように小学校の中に入って販売(配給に近い)形式は
 とっくに取れなくなっていたはず。
 また大型の書店やネット書店の進出により、町の本屋さんの数が
 減っている。
0aaamazon.jpg
・小学生向け月刊誌そのものがダウントレンドにある。
 もともと学習誌は付録が多く、採算が厳しかった。
 ただ、マンガ雑誌はそれほど減ってはいない。
・小学生の遊ぶ形態の変化
 小学生と言えども忙しい。学校から帰って、塾や宿題。
 食事をして風呂に入ってテレビを見れば残された時間は
 少ない。それに決定的なのはゲーム(テレビ、携帯)だ。
 小学生でも高学年になればインターネットを操る子供も増える。
活字離れも深刻だ。
こう考えて見ると今回の休刊は時代の流れであって、至極当たり前の結果
と見ることが出来る。
問題はこの状況に対して新しい手が打てなかった出版社側の
マーケティング力の低下である。

今は子供向けに限らず、あらゆる雑誌が部数低下の危機にある。
男性誌は基本的に趣味誌が多いが、これもインターネットにどんどん
シェアを取られている。総合誌である週刊誌もネットのスピードに
ついてゆけなくなり、購読者の高年齢化に直面している。
(先日聞いた講演では中央公論の中心読者は60代以上らしい)(笑)。0aachuou.jpg
(講演された方が40代~50代の若い読者を増やしたい、と言うのは冗談かと思いました)
女性誌では今や、「おまけのトートバック」等がないと売れないらしい。
総合誌が中心だがこちらの方がまだ男性誌よりはましらしい。
ただ唯一の例外は、 「マンガ誌」。
確かに、ジャパンクールなのかもしれないが、ゲームとマンガばかりが
突出する日本に将来はあるのか 0aajapancool.jpg
同根は先日のブログでも・・・ ここ から。大人が元気がないから子供も元気がないのか(T_T)。
0aamangal.jpg
せめて、外で元気に遊んでくれ・・・

漢方薬 VS 仕分け人 (続き)

引き続き調べています。
事実関係で言うと、
仕分け人の議論として、
「漢方医薬品を保険対象外とする」
と言う発言も議論もなかった
、ことです。
昨日書いたように、
「漢方の薬品のうち安価に買えるものは保険外としてはどうか?」
と言う発言はありました。
で、なぜこれが「漢方の保険対象外」と言う報道になったか
と言うと、ここが曖昧なのです。
はっきりとした根拠がないのに
マスコミが一斉に報道しています。

もちろん大反対の声が上がり
数日で反対の署名が30万人分集まったそうです。
昨日書いたように、ツムラの社長の発言も火に油でした。

ここがよく分からないのですが、
なぜ、根拠となる議事が明らかになる前に一斉に反発したのか。
分からない。
これがマスコミの怖さでしょうか。
もともとを正せば、
財務省は「漢方の保険対象外」を狙い、
厚生労働省が「それに大反対」の資料を作っていたようです。
しかし、天下の大新聞をはじめ報道各社がなぜ同じ論調になったのか
理解に苦しみます。
また、事実関係を確認もせずに署名運動を行った業界団体も
ツムラの社長もどうかしたとしか思えません。

しかも事実関係がはっきりした今、押さえた枠の新聞を
どうでもいいような広告に差し替えた(おそらく)やり方は卑屈です。
どうして普通の議論が出来ないのか。理解に苦しみます。
0aaakiretal.jpg
この国はダメかもしれない(T_T)。

漢方は薬か

と言われれば
即答はしかねる。良く知らないのと、
漢方は普段の生活上の「未病」状態を改善すると言うイメージがあるから。
(これは某漢方のCMの影響を受けています)
民主党の仕分け 作業において「漢方薬」が保険対象外扱いされることに
なったことについて激論が続いている。
もしこれが実施されると、
・現在漢方薬を処方されている患者の負担が3倍程度膨らむ
・ツムラを筆頭とする漢方薬メーカーの経営が悪化する

これに対して、
漢方薬の業界団体であろう日本漢方生薬製造協会が
新聞に意見広告を出している。
0aakanpo.jpg
論点は四つ
1、現在医師の8割以上が漢方薬を処方している
2、日本の全ての医学部で漢方医学の教育がされている
3、漢方薬が外科手術後の症状の改善や認知症にも処方されている
4、漢方が国の医療費軽減にも役立っている

で、ご存知ですか?
となるわけだが、それでおしまい????
例の仕分け作業についても、漢方の保険外しについても一言も触れていない。
どうしてでしょう。よく分かりません。
実は民主党との話が既についていて、復活が決まっているとしか思えません。
掲載枠は買ったものの、すでに自分たちの根回しが成功して復活が決定。
いまさら騒ぎを大きくするのもなんなので、お茶を濁した。
と言われても仕方がないのでは?
仕分け作業時にはツムラの社長が
ツムラは、医療用漢方製剤に特化した事業展開を進めているが、11日の事業仕分けでは、
漢方薬等の「保険外し」が俎上に上がった。芳井氏は「保険削除されたらツムラは間違
いなく倒産する」
と危機感を露わにし、「漢方薬と日本の伝統医学が消えてなくなるこ
とにもなる」と強調。主力の大建中湯が全国80大学で採用されている現状を挙げ
「患者さんの治療に大きな支障が出る」と訴えた。 0aakanpou]
こういうのを堂々と議論して欲しい。
漢方が本当に役立っているのなら科学的にそれを立証し、堂々と反論すれば良い。
どういう成分がどういう症状に効くのかを臨床試験等を通じて証明されていること
をなぜ議論しないのだろうか。
もしかしたら、臨床試験をしていなかったりして^^;
だとすれば、保険外しは止むを得ない。
私も恩恵を受けていますが、整骨院と鍼灸院の保険問題なんかもそう。
保険の対象となるかどうかは非常に微妙だ。

非常に気分が悪い(納得しない)状態なのでしばらくこの問題をウォッチします。
すみません、気になって再び記事検索をしていたのですが、
今日付けのJANJANで 「漢方の医療保険外しは誤報」 と言う記事が流れています。
それによれば仕分け人の枝野議員は
ここ(WG)では、仕分け人の誰一人として「漢方薬」について言及していない。
 うがいクスリ、湿布薬、ビタミン剤については、具体的に薬品名を挙げて「同等の市販品が
安く入手できるもの」については、保険適用から外すことも検討すべき、としたが、財務省の
事前ペーパーにあった「漢方薬」には仕分け人は触れておらず、除外する薬品の判断は厚労省
と財務省でよく協議検討すべし、という結論になった。

はぁ?
もう少し調べます。
可能性としては財務省とマスコミに踊らされたと言うニュアンスが強くなったと感じます。

グーグルからのダイレクトメール

ビックリしたぁ!
外出から会社に戻りポストを覗くと、
なんとあの「グーグル社」から封書が届いているではないか。
0aagoogle1.jpg
グーグルから封書(笑)。?
本当に何が入っているのか考えました。
・何かの請求書?
 確かに日頃、散々検索でお世話になっている。そろそろ課金が始まる時期か?
 しかし、それはグーグルの経営理念と違うだろう。

・ほぼ毎日書いているブログ
 この内容が公序良俗に反すると認定され、あらゆる検索に引っかからないように
 システムを設定したという通告書
 そんな影響力があればうれしいけどねぇ。

・グーグル・ストリートで我が家のクルマのナンバーが写っていたことに対する
 お詫びと若干のキャッシュ。

 別になんとも思っていませんけど(笑)。
・ヘッドハンティング(笑)? どう考えても封書じゃないよな。
   年収3000万円以上なら考える^^;

なぜメルマガではないのか?
もっともグーグルからメルマガを受け取ったこともありませんが(笑)。
ま、結局開ければ分かる話で、
0aagooglepoi.jpg
あ、はい。アドワーズの無料お試しDMでした 
もちろんアドワーズは良く存じ上げております。
が、弊社の規模から言って当然無関係と思っておりました。
もちろん業態の問題もあります。マーケティング・リサーチ会社のバナー広告
って見たことありません。広告で仕事が決まる業界ではありません。

SEO対策なら考えてもいいのですが。
で、グーグルさんはどういった基準でこのDMを発送したのか
1、当然今までのお客様ははじく
2、株式会社でサービス業登録
3、従業員数は一定以下
こんなところですかね。
もちろんこのキャンペーンには応募します。
だめもとだし、5,000円=250クリックなので、多分相当の間タダ。
万が一、お客がつけば万々歳。
それにしても、こんなDMを打つほど困っているのかなぁ>グーグル(笑)。
0aagoogle3l.jpg
ついでに言えば宅急便を使った方が安く上がるのを知らないのかなぁ。

次のページ →