新車が売れない

と、いう。
私に言わせれば、新車を購入する合理的な理由を聞かせてほしい、と感じる。
このブログでも何回か書いているが私は中古主義者である。
クルマ、自宅、オーディオ全て中古で買っている。
新車には様々なコストが上積みされている。
・新車の開発費用
・ディーラーのコスト(販売店+人件費)
・CM、マーケティング戦略のコスト

これらの費用を上回るメリットがあれば新車は売れる。
以前は新車を購入する具体的な理由があった。
5年サイクルくらいで考えると新車に明確な差異があった
・スタイリング
・新機能(エアバッグやABS)など
・燃費
などなど。0newcarceremony.jpg 昔は納車されると近所の人が見に来たものでした。
今は5年サイクルで考えてもそれほども差異はない。
5年前のクルマでも
・エアバッグ、ABSは装備されている
・燃費もそれほどの差異はなくなっている
・スタイリングもどこもミニバンだらけ

しかも、新車を一日乗っただけで3割引きの評価しかされない。
中古車ですから(笑)。結局新車を売りたいがために中古車市場を
伸ばしてこなかったツケが今来ているのだ。
その分さらに中古車が安く見える。
実は住宅も同じである
購入して住んだ途端に2割の減価をされる。中古だから^^;。
オーディオも同じ
(基本性能に置いては5万円のコンポも50万円のコンポも同じである)
しかも買取の価格は悲惨なものである(T_T)。
真新しい、クルマに乗りたいという情緒的な理由のほかに新車を購入する理由があれば
ぜひ教えて欲しい。合理的な理由である。
今朝の朝日新聞朝刊には「ガリバー」の広告が乗っていた。
中古車をさらに買い安くする提案である。具体的には3年後の残貨を設定し、
それを省いた価格でローンを組む。3年後には同社で買い替えか売却かをすれば
残貨を支払うことがない。現在のさらに2割引で売りますよ、と言っている。

若者がクルマに興味がない、という。
興味がないわけではない。ただクルマが優先順位第1位でなくなっただけである。
(まして新車は論外)
クルマはお金がかかる、税金、ガソリン、保険、駐車場代金。ただでさえ派遣労働
など、若い人にお金がない現状で、新車を買えと言うのは無理な相談である。
また、以前にはなかった「ケータイ」コストが平均で月に2万円以上と言う状況も
クルマ離れに拍車をかけている。
都内ではクルマはいらない。
彼女と一緒の時間を作るのにわざわざクルマを買う必要がない。日頃のコミュニケーションは
ケータイで十分に取れるからである。
新車を買う合理的な理由が見つからない限り、自動車産業は構造不況業種に
なり果てる可能性すら感じる。
新車を買う、合理的な理由を教えてください。
0newcar.jpg
こんなオネイサンがもれなく付いてくるなら、話を聞こうじゃありませんか(笑)。