今年最後のブログです。

金融機関にお勤めの方やサービス業にお勤めの方、申し訳ありません。
明日より年末年始休暇には入らせていただきます。
(本当は大晦日までびっしり仕事ですが)(T_T)。
2月にはじめましたブログですが、
ほぼ一年間お読みいただきましてありがとうございます。m(_ _)m。
始めた頃は経済がこんな風になるとは、予測はしていたものの、予測の範囲を超えて
いました。リーマンを救済せずにAIGを救済をすると言う、ちぐはぐな対応が今日を
招いているのだと感じます。
ブッシュは史上何番目かのおばか大統領として歴史に
残ることになりました。本当に、靴を投げたい気分です^^;。0Bush[4]
起こった事をいつまでも考えていても仕方がありません。
今日、一つの情報が流れてきました。BIG3をつぶせない理由です。ようやく合点が
行きました。なぜなら、
3社の負債に巨額のCDSがかかっています。
もし破綻をさせれば世界中の金融機関が
再び債務超過、破綻の危機に瀕するからです。

00iStock_000007358300XSmall.jpg
どこまでも根が深い。
この情報に接した時、「ダメだこりゃ(T_T)」と言う言葉が頭を真っ先によぎりました。
ま、じたばたしても(というかどうじたばたしていいのかがわからない)(T_T)仕方がない。
せめて新しい年を希望を持って迎えましょう。
今年一年、本当にお世話になりました。来年もこれまで以上によろしくお願いします。
では、良いお年を、
0Happy new year
ちょっと、あぶなっかしい絵ですね^^;

今日はクリスマス

ですが、
深夜残業をしています(T_T)。
今日は渋谷に出かけたのですが、さすがにすごい人出でしたね。
カップルがあっちゃ、こっちゃで「ブチュー」をしていてやはり時代の
違いを感じたりもしました^^;。  0kiss.jpg   ←正しいキスです^^。
と、同時にセンター街付近では「冬物半額バーゲン」が早くも
始まっており、私も先日来目を付けていたジャケットを買ってしまいました。


そう、実感値としてはまだ不況ではないのです。

その証拠にアメリカのクリスマスバーゲンは結構な繁盛振りのようなのです。
でも、これは病気です。プラスティックマネー中毒になった、米国の消費者
がフラストレーションがたまった所で、爆発したと言う風に解釈すべきでしょう。
パチンコとかギャンブルとかと同じ中毒症状です。
このカード決済が2月にやってきます。はたしてこの決済をのりきる事ができるのか。。0bunkruptcy.jpg
相前後して自動車のBIG3の資金ショートが起きると思います。
米国の世論調査でさえ、追加の資金貸し出しにはなんと7割が反対しています。

これ以上資金を投入するのではなく、一度破綻をさせた上で一からやり直す、
米国民でさえそう考えているのです。
確かに日本も同様ですが米国にとって自動車産業は過去50年、国の基幹産業
でした。一度膿を出し切る必要があります。組合と医療費・年金です。
この問題が動かない限り、米国の自動車産業の復活はありません。
ま、このくらいにしましょう。今日はクリスマスです。
今日くらい大目にみましょう^^;
Merry Christmas!0Santa.jpg

DEEP THROAT

72年に起きた、ニクソン政権のスキャンダル、ウォーターゲート事件で
、ワシントン・ポスト紙の情報源となった当時のFBIの副長官であった
マーク・フェルトさんが、サンフランシスコ郊外で死去した。享年94歳。

映画にもなった「ウォーターゲート」。ポスト紙のウッドワード、バーンスタイン
両記者の著作で「ディープ・スロート」と呼ばれ、長らく正体が不明であった
が、本人が05年の雑誌のインタビューで告白をした。
(映画ではロバート・レッドフォードとダスティン・ホフマンの二人が記者を演じた)
大好きな映画の一つです。0apresident.jpg
「ディープ・スロート」は両記者に、直接の証拠を渡すと言った手段は
とらず、両記者の取材の方向性が正しいかどうかだけを、うなずきだけで導いた、
とされる。
「ディープ・スロート」にどういう意図があったのかは必ずしも明確ではないが、
大統領の犯罪を隠蔽する組織の中にあって、一人正義を貫いた、と解釈され
ている。この事件を通じて、インサイダーの犯罪告発の流れが出来たという
意味では画期的な事件となった。

日本でも最近の企業犯罪の多くは、インサイダーからの告発が多い。
船場吉兆、ホープ・ミート、偽装事故米など枚挙に暇がない。また告発の場も
ネットを通じて非常に多くなった。0senba.jpg
法人である企業の犯罪はかかわる人間が多いこともあって隠す事ができない。
基本的には良いことなのだと思う。
CSR(Corporate Social Responsibility)の根幹として企業ガバナンスが設定
されている所以である。

偶然だが、ロッキード事件で司法訴追免除を条件として、田中角栄を
辞任・逮捕に追いやった「コーチャン」氏も亡くなった。0images[6]
来春には、「陪審員制度」もスタートする。司法が大きく変革の舵を切る中、
両氏の死去は感慨深いものがある。
直接関係はないが、
陪審員の候補に選ばれた人の辞退願いが続出して1/3にも達すると言う。
国民目線で司法を正す絶好の機会である。ぜひ、志願していただきたい。m(_ _)m。
私?喜んで行きます^^;。

明日への決意

ホンダ F1から撤退
西武、アイスホッケーの廃部
TASAKI なでしこリーグから撤退
オンワードアメリカン・フットボール部を休止

景気後退はわかるが、文化をつぶす気か。いずれも内部留保がある企業である。
こういうときにやせ我慢をしても続けるのが、メッセであり。CSRではないのか。
クリントン女史の言葉を借りると 「Shame on you!」である。
無理をして明るいニュースを探す
マクドナルド初の5000億円売り上げ達成
ファースト・リテイリング、前年比10%アップ。株価も上昇
ウォルマート業績好調に推移
安くていいものしか売れない。
これまでの人生で経験をしたことがない事態におののく。
まさしくデフレスパイラル。負の連鎖そのものである。
iStock_000000107234XSmall.jpg
やはり痛んだ資本の毀損は簡単には取り返すことは出来ない。
5年~10年、いやもっとかかるのか。
皆が収縮している。経済も、政治も、企業も、家計も、消費も。
こうなったら開き直るしかない。
昨日、建築家の安藤忠雄さんの、講演を聞いた。
(これは森ビル六本木ヒルズ、ライブラリー会員のための無料セミナーである。
これこそ、メッセでありSCRであり、ノーブレス・オブリージュである)

ユーモラスな語り口で聞くものを飽きさせない。
この日のお題のテーマは、
「リーダーシップの条件」
好奇心、夢の共有、思いの強さ、対話、
最後には俺が責任をとる!そして元気であれ!

安藤氏は2016年のオリンピックの仕掛け人の一人になっている。
日本人よ、今こそ胸を張って、世界に臨め!このDNAを残せ、と語る。
発想が違う、志が違う、と感じた。
オリンピックを通じて東京と言う街を世界に発信する、という。
「緑の街 東京」「公共交通機関だけで成り立つ都市、東京」[安全な街、東京」
そのメッセージを世界に対して発信し、地球レベルでの手本にしたい、という。

images[3]images[5]images[6]
オリンピックを利用して東京を世界で一番住みたい都市にする。

思いが熱い。志が高い。

氏は大学に行っていない。なんとかいい物を作りたい。
その思いだけで耐えた。光の見えない期間が十年続いた、と。
こんなときだから、やせ我慢して、頑張ろう、と思った。
0green.jpg
いつかこの日を笑える日が来る。
、と言うわけで新しいプリアンプを買ってしまった^^;  だはは!^^0amp.jpg

これなんでしょう?

いきなりですが、これは何でしょうか?
P1020866.jpg
大きさがわかりませんね。全長5センチメートルくらいです。
普段家庭で使われるものではありません。
あるスポーツで使います。
もう一枚、
P1020864.jpg
立ててみました。ちょっと意地悪ですね。
実はさかさまです。
もうお分かりでしょうか?
プロは使いませんね(笑)。
これはあるスポーツのコーチが「これを使うと便利ですよ」と教えてくれました。
実は先日使ってみたのですが、とても便利でした。
はい、答えです。
P1020868.jpg
ゴルフのティーショットを打つための「ティー」でした。
普段ゴルフをするときのティは、今まではこんな感じでした。
0thi.jpg
いきなり絵が小さくなりました(上の三枚は自分のデジカメで撮りましたので)^^;
で、これが結構初心者にとっては、難しい。特に長いティだとちょっと斜めにすると
ボールが乗っかってくれません。風が吹いても難しい。

冬は地面が固くなっていると、刺すのが難しい。北海道ではティグラウンドに金槌があるらしい(笑)。
コーチの話だと一人当たりのティを置く時間は「10秒前後しかない」。
なぜか、次のグループが後ろに来ているからです。
すっと置ける。残りの時間を素振りに当てる事ができます。心理的にも楽。
で、余計な心配は一つでも少ない方がいい。と言うことで探して、見つけたのが
上記の商品でした。
実際に使ってみると、「非常にいい」。1秒で置けます。倒れません。
こう言う商品を発想するために何が必要でしょうか。
こう言う言葉があるかどうか知りませんが、
「現場力」でしょうね。その場面にあって、そこにある小さな何かに気づける力。
その小さな何かを、何とかならないか、何とかしたい、と自分を鼓舞する力だと思います。

ただ、立てるだけではなく。足をご覧ください。ブーメランのようになっています。
これはおそらく少しでも抵抗を少なくしようとする試みだと思います。
実際ティショットを打つと今までのティより遠くに飛びます。
と言うことはそれまでのティよりもショットの邪魔をしないと言うことだと思います。
結果、ティショットの飛距離が伸びる
素晴らしい^^;。
こう言う細かい、しかし本質的な工夫が、明日と言う日を作るのだと思います。
ここ で買うことが出来ます。ちょっと高いのが「玉に瑕」ですが、こいつは色も派手なので見つかります。
実用新案でしょうか。拍手を送りたいと思います。
残念ながら、定量調査からこの商品を作ることが出来ません。定量調査は発見する方法論
としてよりは、仮説を検証する方が得意だからです。定性調査でもよほど上手なモデレーター
でないと気づけないでしょう。(あ、私もモデレーターの一人です)^^;
現場力を鍛えましょう^^;

現代インドの暗部

昨日に引き続き
インドですが、今回の講演で非常に印象的だったのですが、
「カースト」と「階級」はリンクしていませんよ。
というものでした。私が習ったインドははるか昔のもののようです。
金持ちのシュードラも入れば貧乏なクシャトリヤもいるそうです
今面白い現象が起きているのが、仏教徒の増加です。ヒンドゥ教のもとでは身分をあげられない
ということで、改宗する人が多くなっている。仏教は皆平等ですからね。
昨日は中産階級の消費、に言及しました。
今日はそんな明るい夢にあふれる中産階級の暗部に触れたいと思います。
同じ、消費を反対側から眺めて見ると、過剰な消費社会が大きなストレスを
与えていると言います。どこでも同じことかもしれませんがショッピング依存症。

またインドでは日本や韓国と同様に学歴偏重主義が横行していて、とにかく
いい大学、いい職場。子供に相当なストレスがかかって入るそうです。
大学の数は一緒かもしれませんが、人口は日本の10倍近く。

当然狭き門になります。塾や家庭教師は当たり前、家族・親戚一同で
子供を応援(?)することになります。
この結果、インドではとんでもない社会現象で世界の一番になってしまいました。
若者の自殺率です。
この背景にはインド人の暮らしと不可分であった、宗教とのかかわりが薄くなっている
ことがあげられます。宗教の位置づけの低下です。仏教発祥の地であり、聖なるガンジス
が流れるインドですが、行きすぎた拝金主義や過剰消費ですっかり疲れてしまっている
そうです。
0India00.jpg
これって、日本でも、欧米でも同じことが言えますよね。
つまりインドの中産階級は我々とほぼ同じ生活をし、同じ悩みを抱えている。
ビートルズやヒッピーがのめりこんだ、スピリチュアルなインドは既に過去のもの。
今の日本だって「サムライ・スピリッツ」とか「禅の国」とか言われても困りますよね^^;。
まして「ゲイシャ」さんなんか京都の一部にしかいません[emoji:v-433]。

インドに「病んだ現代」を抜けて「スピリチュアル」な、なにかを求めるのは
難しいようです。
0samurai.jpg
こんなモノを求められても困りますよね^^;

現代インド都市の風景から見えるもの

昨日はヒルズ・セミナー(無料)で
「現代インド、都市の風景から見えるもの」を受講してきました。
全く畑違いなのにとは、思いましたが、結論は行ってよかったです。
ちょうど現在ヒルズ美術館にて「チャロー!インド美術の新時代」と言う展覧会が
開かれています。この講演はそのタイアッププログラムになっていて今回が第一回、
年明け第三回まで予定されています。

講師は、インド研究家と現地経験の長い若手の画家。
とにかく発展しまくっているようです。
インドは第二次世界大戦後は社会主義的計画経済を選択し、
旧ソビエト連邦と非常に近しいあいだにありました。
冷戦の終了と共に市場経済を開放し、現在に至っているそうです。
2000年ごろから急速に市場経済が発展し始めた
その頃の変化は
スーパーマーケット、ファーストフード、レストラン、バー
ネットカフェ、固定電話がない中でいきなり携帯電話、

それが今日では
・gated mansion 入り口に厳重なガードが立ち、外部からの侵入者を防ぐ
・ペットブーム
・ヨガのDVDのヒット、ヒーリングCDの流行
・映画館よりもシネコンプレックス
・週末はインド風に暮らしませんか?と言う特集を組むインテリア雑誌があるそうです。(笑)

子供の教育にも熱心で、
インドで現在最先端の流行は「公文」の教室にいれることだそうです^^;。
そしてアメリカのMITにみたてた「IIT」に子供を入学させることが
将来の幸せの源泉になっている。なんか30年くらい前の日本でしょうか。
と、ここまでは
10億人の国民の中で比較的裕福な3割の中間層以上の生活だと言うことです。
現在でもやはり農村は貧しい。大体、各家庭にテレビは入ったそうですが、
携帯電話とは行かないようです。ただ大きく違うのは、農村の貧しい人達が
テレビを通じて都市や中間層の生活を見てしまった、ということです。
(この編の事情は中国ととても良く似ていますね)
20年後には中国を抜いて世界第一位の人口を持つ国になります。
国内市場だけでもとんでもない規模があります。
そんな順風満帆に見えたインドですが、
1、世界経済の急速な収縮の波に呑まれています(株価は約半額)
2、先日ムンバイで起こったテロ、ぬぐいがたい宗教対立

それだけではない、悩みを抱えたインドの姿があります。
(明日に続く)^^;
0india.jpg
現在では若い女性は民族衣装を着ることは少ないそうです。

News Letter36号 タモリと言う名の奇跡 をアップしました。

News Letter36号 タモリと言う名の奇跡 をアップしました。
本編は ここ をクリックしてください。
ちょっと変わったレポートです^^;
私は昔からタモリさんの大ファンなのですが、
気がつくと、タモリ(敬称略)がかかわった番組って比較的寿命が長いのです。
代表的なものは
「笑っていいとも」
「笑っていいとも 日曜特別号」
「タモリ倶楽部」
「トリビアの泉」
「タモリのボキャブラ天国」
等など。
今回はその中でももっとも地味な images[11]
「タモリ倶楽部」を題材にタモリの持つ魅力、内面をレポートしてみました。
タモリ倶楽部、不思議な番組です。26年間続いている。
金曜日のあの時間帯では断然トップだそうです。
笑いのない世界を笑う、意味のない世界に意味を見出す
それが私の結論です。
ぜひ、立ち読みでも(笑)結構ですから読んでいってください。

iQに乗ってきました。

日曜日の昼下がりひどく寒かった日です。
前の日に電話をもらって試乗を約束した、ネッツ店を訪ね、
「iQ」に乗ってきました。0iQ.jpg
試乗会初日だというのにお店には私一人。
いえ、「iQ」目当ての客が一人というのではなくて、誰もいないのです。
いつもこうなのか、自動車不況のせいなのか。
すんなり、乗車。
近所の走りなれた道を約20分ほど、
え~~~、普通です(笑)。
加速もヴィッツより少し力があるかなぁ。
フルブレーキングではないのですが、営業の人に断って、
ブレーキを強めに踏んでみても普通(笑)。
サスが少し固いのか、ちょっとバンピー。
よく出来ています。
ただし、4人乗車は絶対に無理。
3人目は助手席を相当に前に出さないと乗れない。
しかもそれでもきつい。
基本的に、2シータの「スマート」にたっぷりのラゲージスペース
ついている、感覚なら納得です。後ろの席を倒してしまえば日ごろの
買い物や、ゴルフバック二つは余裕で入ります。0sumato.jpg
スマートを買うよりは安く買えるでしょうね。
トヨタの新しい時代に向けてのメッセージは明確に感じることが出来ました。
小さく、軽く、快適に
駐車スペースはYouTubeの映像のように、どこにでも停められる。

結構何回見ても笑えます。
それにしても立派なパンフレットをもらいました。
しかし、オプションの多いこと。最上級のナビが40万円超!
エアロパーツから何から全部つけたら250万円越えです
でも、それくらいに遊んで買おうって人でないと買えない。
子供を作らないと決めている夫婦や、子供独立後の中高年のクルマでもいい。
私はすでに成人している子供と同居ですが、クルマを一緒に乗ることは
めったにない。そういう意味ではターゲットかも(笑)。
お店の人も、「誰に進めたらいいか」と苦笑していました。
試乗の結果はさすがトヨタ、でした。

悦楽の日

今日は気軽なお話ですので、ほっこりした気分でお読みください。
ここでも言ったことがあるかもしれません。先にはじめた家内の影響でゴルフを一年くらい
前から、するようになりました。と、いってもひたすらゴルフ練習場のスクールに通う日々。
ショートコースなどを経て正式にデビューして3ラウンド。110~120くらいのへたっぴです。
地元の飲み屋の友達に誘われて「取手」の河川敷に行ってきました。
9:00スタートですが、家を8:00に出れば余裕で到着します。千葉県はゴルフ場の数が
多く、なおかつ自宅から近い。ちょっといい気分です。

で、この日は前半は50、これは初めて100を切るかと思ったら、後半は池につかまり62を
叩き、結局いつもと変わらぬスコアでした。
でもね、気持ちがいいんですよ。ゴルフ場は。まぁ昨日は河川敷ですから、たいしたことが
ないのですが、本格的なゴルフ場にいくと本当にいい気分転換になります。

で、この日は1ラウンド回って私だけ早引け。ゴルフと同じ位に楽しみにしていた会が
あるのです。
0golf.jpg
湯島の駅を降りて、テクテクと向かう先は「ダイナミック・オーディオ」
今日は「フライデー・コンサート」と呼ばれる催しです。19:00スタート。いつも
「肉の万世」のフィレカツサンドを用意していただけます。うれしいですね。
で、今日は「GoldMund」と言うメーカーの「パワーアンプを聞き比べる会」でした。
それぞれ、品番は「600」「1000」「2500」「5000」という名前がついています。
P1020858.jpg
左上が2500、右が5000(片チャンネルで260キログラム!)
で、同じ曲をかけて、パワーアンプのグレードでどの程度の違いでるのか。
二時間があっという間でした。結論から言うと「600」と「1000」の違いはよく分からない。
「1000」と「2500」は差が歴然。ディテールの描き方がまるで違う。ただ、あまりにも
細部にわたるまで忠実に鳴るので、ちょっと疲れる。
その疲れを全く感じさせないのが「5000」でした。全世界20セット限定。

ほしい。しかもその場で聞いたスピーカーは私の部屋にあるものと全く同じ。P1010777.jpg
物には限度と言うものがあると思いますが、さすがにこれは手が出ない。
ちなみに ゴールドムンドのお値段
600(1セット) 5,900,000円(T_T)
1000(1セット)7,800,000円
2500(1セット)13,500,000円
5000(1セット)38,000,000円
 一桁間違えているわけではありません^^;
いくらなんでもこれは無理。家が建ちます。
ちなみに5000は全世界で20セット限定。日本でも数台動いているそうです(!)
で、21:00終了。
ゴルフコンペの打ち上げをやっている会場に駆けつけいつもの仲間と
大馬鹿な話と「カラオケ」。
一回歌ってみたかった オリジナル・ラブの「接吻」。案外上手に歌えました。

家に帰ったら既に一時半。タイマー録画しておいた「タモリ倶楽部」を見て
就寝。幸せな一日でした。
たまにはこんなブログもいいですよね(笑)。ちなみにアンプは当然買えません。当たり前です。

次のページ →