この広告主は(笑)。

この広告主はだ~~れだ?
0P1020841.jpg
と言っても右下にかかれていますね。
そう。 武富士 です。
これ今朝の朝日新聞の朝刊に載っていました。
会長の盗聴疑惑やら何やらでしばらく広告の世界から遠のいていましたが。
(途中「江本武樹のCMをやっていましたが、あれは完全に逆効果)(笑)。

かてて加えて業界では、
貸し金業法制の規制強化、上限金利の設定変更、2年後には総量規制。
(総量規制とは本人の年収の1/3以上は貸してはいけないと言うガイドライン)

と、まるでいいことがありません。
(パチンコ屋の不況は消費者金融の貸し渋りだと言うのが定説です)
広告の表現規制もすさまじく厳しくなっており、結果として「くーちゃん」を最後に
面白CMも作れなくなりました。
今許されるのは、啓蒙の文句のみ
 「ご利用は計画的に」 です。
ま、そういったこともあってこの広告も誕生したんだと思います。
が、違和感。そうこれまでの武富士と全く合わない。
武富士と言えばあれでしょう。アレです(笑)。

今、復活させたら結構話題にはなりそう^^;。
企業イメージ広告は非常に難しいという内容のNewsLettter18号を過去に書いています。
是非これ、読んでいただければ幸いです↑。
適度に刺激的で、しかもその企業が持っている「長期記憶イメージ」に合致しないと、
企業広告は見逃され、記憶の一部になる事もできません。

この中の面積グラフをご覧ください。世の中の企業CMのほとんどは長期記憶に収まらないまま
消えて行きます。はかない運命です。
ところでこの美しい女性はもしかして 内田有紀 さんですか?
で、ググッたら失礼しました。TVCFもやっているじゃないですか。

内田有紀さん、相変わらずのプロポーションですね
いろいろあって、脱皮したんでしょうか^^;。って、余計なお世話ですね(笑)。
それにしても最後の「♪タケフジ♪」のジングルきもいですね^^;
誰か周囲に注意をしてくれる人がいなかったのかなぁ。これも余計なお世話ですね。
0iStock_000004273718XSmall.jpg
ま、こうならないように計画的にですね(笑)。失礼、笑っていられません。

日本の生きる道

本題に入る前に、実はボーっとしていたので今日まで気がつかずにいたのですが、
マイケル・クライトン氏が66才と言う若さでなくなられました。
 【ロサンゼルス5日時事】クローン技術で現代によみがえった恐竜が次々と人間を襲う恐怖を描いたSF小説「ジュラシック・パーク」(1990年)の著者で知られる米作家マイケル・クライトン氏が4日、がんのためロサンゼルスの病院で死去した。66歳だった。
 シカゴ生まれ。ハーバード大学卒業後、同大メディカルスクールで医学博士号を取得。生命科学の素養を生かしたバイオサスペンス「アンドロメダ病原体」(69年)など初期のベストセラー以後も、日米経済摩擦を描いた小説「ライジング・サン」(92年)、SF小説「タイムライン」(99年)を執筆。日本でも放映された人気テレビドラマ「ER緊急救命室」の製作総指揮を務めたほか、脚本家や映画監督としても多才ぶりを発揮した。 (了)

氏の多才振りには驚かされます。ご冥福をお祈りします。0iStock_000005814241XSmall.jpg
今日は朝日新聞記事から、期せずして同じ日に掲載されたのですが、
社会面「現代の名工」150人
もう一つは「はてなTV」のなかで、日産「ムラーノ」のCMで出演中のクレイモデラー

双方の記事には共通性があります。
「名人業」です。
現代の名工150人には、新幹線の「オデコ」と言う先端の部分を作り続けてきた
「国村さん」
これまでに17種類300両以上をハンマー一本で作る。
厚さ数ミリのアルミ板をハンマーで何度も叩いて湾曲させ、滑らかな流線型に仕上げる
先頭部分は少量生産なのでコスト面や細かな仕様変更への対応力と言った点で機会は
職人技には対抗できないのだという。一人前になるのに最低10年。
(これ以前にNHKか何かの特集で見た事がありました。0iStock_000002514520XSmall.jpg ←この部分です。
もう一つの記事はCMに出演している、クレイモデラーと呼ばれる実寸大モデルを
削り込む「木村さん」。
デザイナーの描いた2次元のデータを3次元に起こしたものがクレイモデル。
基本の形は機械で作りますが、ボディの曲面の実際の見え具合など、感性に訴える
部分は必ずしもデザイナーの意図した通りにはいかない。そこで微調整をするのが
クレイモデラーの仕事。この道35年。上の記事の150人にも選ばれています。

以前にテレビのドキュメンタリーで
「0.01ミリの厚さを手で感じ取る大田区の工場主任」という番組にも驚かせられました。
今後の日本が経済大国として生きていく道のひとつであると感じます。
GDPが世界2位という「量の経済」を追いかけていくのを止めたとしても、
技術立国としての可能性があります。
「環境技術立国」「バイオ技術立国」「投資立国」
そしてこの「名人業立国」です

機械よりも正確、普通はありえないですよね。
木村さんは「同じ形を作るにしても、人によって打つ場所も回数も微妙に違う。
言葉で教えられる部分は少ないんです」と。説く。
実は現代の名工は今回が42回目(知りませんでした)。
ただ、平均年齢63.3歳。失礼な言い方になりますが、あと10年。
残り時間は多くない。

「名工塾」を国の予算で作りましょう。企業から有主な若手を一年、研修させます。
そこの講師になっていただくのです。日々特訓、卒業試験は厳格に。巣立つ名人の卵
からまた名人が生まれます。

2兆円のばら撒きに比べたら、遥かにマシでしょう(笑)。その100分の一の予算で
実現出来ます。しかも明日の日本に通じる。微細技術、実装技術はこれからの
日本の産業におけるキーワードです。
あ、ソムリエの田崎さんも選ばれてました。彼の元で一年間修行ができるのなら
行きますぜ>「名工塾」^^;
0iStock_000006621307XSmall.jpg

中国の舵取り

中国が「史上最大の景気刺激策」政策転換に期待感(Yahoo ファイナンス)
2008年11月10日(月) 11時3分
 中国国務院が5日に開いた常務会議で「安定した経済成長を維持するため」として打ち出した10項目の内需拡大策について、香港紙・明報は「中国史上最大規模の景気刺激策」との表現で伝えた。株価や小売の低迷など不景気感が広がる香港でも「中国マクロ調整策の徹底的な政策転換」(同紙)は大きな期待を持って報じられている。

今回発表された内需拡大策は低所得者層向けの賃貸住宅の建設促進農村のインフラ建設、鉄道・道路建設などによる交通網の整備、医療・教育事業の発展推進、環境対策、科学技術産業とサービス産業の発展推進、四川大地震被災地の復興、国民の所得増、税制改革による企業減税、銀行の融資制限撤廃など、広範囲に及ぶ。2010年末までに4兆元(約57.5兆円)を投じる計画で、まず、08年第4四半期(10-12月)中に1000億元を中央から拠出して対策を急ぐ。
確かに幅広い。
欧米のサブプライムローンから始まった今回の「金融危機」。米国の実体経済が深刻
であることにようやく気づいたようです。中国はアメリカを中心とした先進国への輸入で
経済を成り立たせている国家です(韓国も同様)。財源はともかくとして(笑)、これだけの
規模の経済対策はおそらくは中国にとって初めて。
しかし、2010年度末にという、スピード感があまり感じられないのは私だけ?
(だいたひかるの声で読んでください)(笑)01daitahikaru.jpg
またよく読んで見ると、ま、メニューだからしょうがないんですけど、幅が広すぎて^^;。
一時6000を超えた上海の株の指数は今日現在1834.77と下げ続けている。中国の個人
投資家がほぼ全員損状態です。中国バブルも完全にはじけています。
しかし、豊富な外貨準備高を使えば十分に実行可能なプランとみる事ができます。
(ちょっと古い統計ですが2007年末の中国の外貨準備高は9000億ドル、世界一です)
ただ、外貨準備高を使うと言うことは、イコール、保有している「米国債」を売るという
ことと同じです。
中国が「米国債」を売り始めた途端にドルが下がります。今の中国に
米国債を売りに出すことができるのか。これは非常に難しい、二律背反です。今の
米国が何とかもっているのは、中国と中東と日本が米国債を買い続けているからです。
0iStock_000000195497XSmall.jpg
日本はもう限界。これ以上買い続けることは出来ない。米国債を買い続けることで、
輸出先としての米国市場を活気付けたい中国。一方で米国債を売って国内の内需
を拡大したい中国。同時にこの二つを成し遂げることは出来ません。
どちらか一方を
とるしかないと言う非常に厳しい選択です。
当然中国の関係者はそれを知っているはずで、そうすると今回のステートメントは
これから、中国の内需を拡大するために米国債を売りますよ。

と言うサインなのか。

コラボレーション

11月6日付朝日新聞 朝刊
目を引く広告が
三菱地所 × 無印良品
=気持ちの良い集合住宅  MUJI VILLAGE

パークハウス木々津田沼前原
報道用の資料を読むと
「住まい」を実現して来た三菱地所と「暮らし」を追求して来た無印良品が
一緒になって考えた気持ちのいい集合住宅のありかた、MUJI VILLAGE
それぞれのビジョン、豊富な経験と技術を結集し時代を超えて大切に
受け継がれていく、新しい日本の住まいを提案します。

と、ある。
三菱地所がこれからの住まいの本当の価値は暮らしの質
であると考えた時、パートナーとして選んだのが無印良品。合理性を貫き
ながら完結で美しいデザイン。住む人の暮らしが主体となる、多様性のある
住環境を創出します。
生活者の視点で日常を観察し、暮らしを考え続けてきた無印良品
それらに共通する概念を住環境と言う領域に拡大し、集合住宅と言う形で
実現させたい。
最終的にはマンションの販売ですから、仕掛けたのはおそらく三菱地所でしょう。
MUJIVILLAGE~ヴィレッジと言う考え方。
簡潔ですっきりとした住空間や、住む人の暮らしや時代の変化に対応できる
普遍性。固定観念に捕らわれない、自分にとって本当の価値のある住まい。
自然環境やコミュニティを含めて、そこでの暮らし全体が幸福に思え何よりも
、誇りを持って張りのある生活ができる。長く世代を超えて受け継いで行ける、
人と建物と自然の生き生きとした住環境。それがヴィレッジと言う暮らし方です。

書いてあることは分からなくもない。で、具体的には?
GREEN :木々を暮らしの中にたくさん取り込む
PLAIN  :簡潔・簡素。長く愛せる美しさと自在さ
COMMUNITY :住人のためのもう一つのリビングルーム

全然具体的じゃないですね
田舎に、ゲストルームのある、スケルトンマンションを作りました。
と、読める(笑)。
あまり具体的ではない事がよく分かりました(笑)。
ちなみに東京駅までの交通を考えるとドア・ツー・ドアで約50分。
(乗り換えが面倒なので津田沼駅までチャリで8分)
首都圏のマンションとしてはまぁまぁですね。あとは値段か^^;
(まだ価格は未定)
googleのストリートビューを使ってみましたが大きな団地が見えるだけ。
計画地は見つかりました、工事用の壁が既に建てられていたので中の
様子は分かりません。しかし、うたい文句に言われているような、里山の
様子はうかがえません。
(しかし、google 恐るべし^^;)
現地で調べたわけではないのでここまでが限界。
率直な感触としては、
別に「無印良品」じゃなくてもよくない?
「無印良品」のイメージの良さに乗っかっただけじゃない。
「無印良品」としては特に何をしたと言うわけでもなく、
名前貸しでフィーをもらえる。ブランド貸しですね。
「三菱地所」と「無印良品」とのコラボレートは特に何も生んではいない。
ただ、「無印良品」のファンの人には受けるかもしれない。購入まではどうか?^^;
広告の出来はすばらしい。思わず読んじゃいました^^;。
0tudanuma.jpg

第三の男

ラルフ・ネーダー
この名前に覚えがある人は、結構米国大統領選挙フリークですよ。
消費者運動家として名高い氏は、
2,000年、2,004年、2,008年と米国大統領選挙に出馬している。
もちろん、民主党、共和党の候補ではないから、当選の可能性はほぼゼロ。
マス・コミを通じても全くと行っていいほど報道されない。
だからと言って日本の泡沫立候補者とは全く違う。
彼は消費者運動を通じて全米にその名を知られる社会運動家である。

私がなぜ彼を知っているかと言うと大学の卒論で「消費者運動の今後の趨勢」
と言うテーマで書いたからである。
1934年生まれ、現在74歳。
弁護士、大学教授、労働次官のアシスタントを経て
1965年に
「どんなスピードでも自動車は危険だ」
と題する乗用車の欠陥を指摘する本を出版し、国内で騒然たる論議を巻き起こした。
アメリカの自動車産業がシートベルトなど安全装置の導入に抵抗し、安全性
向上のための投資を渋っていると告発。同時にシボレー・コルベアの欠陥に
より、複数名が自動車事故でなくなっている事を指摘した。

結局、裁判を通じてネーダーはGMに勝利し、コルベアは生産中止に追い込まれた。
0images[5]
消費者運動と言う言葉を国内に広め、GMという巨人に勝利した彼の名声は
揺るぎないものとなった。
この結果を受けて米国政府は自動車の安全に関する法律や部署を設定し、
ネーダーの告発は勝利に終わった。
その後も、彼の活躍に賛同した「ネイダーズ・レイダーズ」(ネーダー攻撃隊)
と、共に消費者保護運動に取り組み、様々な法案やアメリカの政府機関の
設立に寄与した。
若くてイケ面でもあったネーダーはその頃には既に亡くなっていたケネディの
後継者と見なされる時期もあった。しかし彼は政党に属することなく運動を
続けたため「大統領」は実現しなかった
0nader.jpg
若き日の彼は私のヒーローでもあった(遠い目)。
そんな彼が突如として大統領候補として本選挙に出馬したのが2,000年である。
この年の大統領選挙はブッシュ対ゴアの大接戦となった。結局、フロリダ州の
再集計を辞退したゴア氏の敗北となり、ブッシュ氏が大統領に就任した。
この際に、もしレーダー氏が出馬を取りやめていれば」結果はゴア氏の勝利
となったことが確実だと言われている。この選挙でネーダー氏は全米で 2.7% 
投票を得ている。民主党とシンパシー性を持つネーダー氏への投票がゴア氏へ
の投票を減少する結果となったと考えられるからである。
(フロリダ州でのブッシュ、ゴアの得票差は538票、ネーダー氏への投票は97,488人)
あ、あぁ。歴史は変わっていたかもしれないのに(T_T)。
イラク戦争はなかったであろうし、環境問題への取り組みも変わったに違いない。
(ゴアはその後環境問題に取り組み「不都合な真実」でノーベル賞を受賞した)
2,004年はブッシュの圧勝の影に隠れ、得票率も0.4%と激減した。
2,008年にも立候補をしている。今や昔の面影もない泡沫候補として。
消費者運動のヒーロー。今日の消費者保護策の原型は彼の運動の成果である。
そんな彼が、なぜほぼ20年の沈黙を破って大統領選挙に出馬したのか、
理由がさっぱり分からない。謎です。

お詫びと訂正

いつもお世話になっております。m(_ _)m
実は先日配信させていただいた、News Letterに大きな間違いがありました。
指摘していただいた読者の方には感謝です。
狭義の北欧
ベルギー(誤) → デンマーク(正)
ベルギーはルクセンブルク、オランダと共にベネルクス三国と呼ばれますね。
フィンランドの首都
ストックホルム(誤) → ヘルシンキ(正)
つまりこれくらい北欧のことは知られていない、と言う証でもあります(開き直り)^^;。
訂正とお詫びでした。今後このようなことがないように注意します。
まことに申し訳ありませんでした。
0notrh.jpg

たくましい開き直り

日経平均はひとまず東京市場は9000円台まであとちょっと、というところに値を戻しました。
まぁ、じわじわ上がってどかんと落ちる、と言うのがこういう場では定石でしょう。
FRB 日銀の協調利下げが発表されるか。日本の経済活性化策がどのように
判断されるかでしょうね。しかし一世帯当たり4万円のばら撒き。なんとチープな施策。
せめて所得制限を設けるべきでしたね。企業業績の低迷から5兆円もの歳入不足が
見込まれると言う状況下で選挙だけを意識した戦術。これもチープというしかない。

で、チープなんですが、素敵な物を見つけました。
10月30日付 朝日新聞 朝刊6面 全面広告
結構笑えました。P1020837韓国
今、通貨としてのウォンは非常に厳しい局面にあります。
一円=約15ウォン と言う水準は今年年初の為替の半分になっています。
前回の通貨危機で一時IMF管理下に置かれたほどではないようです。
しかし、一年で50%の下げは非常に厳しい。
韓国も日本と同様の輸出型の国ですから、日本以上に厳しい。

で、この広告です。
思わず、笑ってしまいました。
いま、ウォン安の韓国へ行っトク!韓国(!って韻まで踏んで)(笑)。
そりゃ、そうですけどね^^;。(外貨を稼ぐには観光客誘致が一番手っ取り早い)
買い物もグルメの全てがお得です。
ドラマのロケ地見学
エステ
カジノ  
kan.jpgkazi.jpgeste.jpgpachik.jpg
          パチンコ「冬のソナタ」には笑いました。私自身はやらないので^^;↑
すごい説得力。
広告主は 韓国観光公社
ホームページも面白い
500円で遊べる韓国すごろく
いかにもチープ(笑)。恐ろしく重い作りをしているようでさっきからPCのファンが
悲鳴を上げています。
500円でサウナもエステも、食事もカジノも(これは嘘でしょう)(笑)できる。
韓国を見た事はあります(対馬から海峡越しに釜山が見えた)が行ったことも、ハングルは
一文字も読めないのですが、せっかくだから一度行って見ようかな。
円高を楽しむのだ!
しかし、この広告。開き直っているなぁ。こういう広告を力がある、って言うんだな。
時勢へのスピード攻撃の韓国観光公社に 拍手!

NL33号 「フィンランドという仕組み」をアップしました。

11月1日(土)
最新の「円」です。
輸出産業への影響は大きい。ここ2週間にわたって株式市場が乱高下したのは円高に
よる輸出産業の利益水準の低下でした。しかし円高は悪いことばかりではありません。
輸入(原油、食品、その他のコモディティ)は安くなりますし、何しろ海外旅行に行った
時は豪遊できそうです(笑)。海外の資産を買い付けるのにも絶好の機会です。
金融についてはこのくらいにして^^;
今号では「フィンランドという仕組み」と題しました。最近の国際競争力ランキングの
首位を走り続けるフィンランド。ちょっと不思議な感じです。私は大体の場所は分かり
ますが、あとは首都とノキアしか知りませんでした。

フィンランド留学をされていた島田さんという方の留学経験談を元に再構成しました。
脱近代化を目指し躍進するフィンランド。それは日本の脱近代化にも大きなヒントが
たくさん含まれています。
是非、力を抜いてじっくり読んでください。
ただし、一点私が間違いしている箇所があります(恥)。
アップしなおせばいいのですが、間違い探しをしてください。
正解者には何か差し上げます(笑)。

では、
2008年11月1日(土)自宅にて BGM(中島美嘉)BEST(お奨めです)^^;

← 前のページ