made of CO2

サミットが大半の日程を終えたようです。
先ほどまで日経新聞に掲載されていた膨大な共同声明を読んでいましたが、
疲れた。
これほどの声明を当日作り上げられるべくもない。ほとんどが事前準備の
賜物だと思いますが、翻訳チェックを含めると大変な作業であることは予測できる。

肝心な中身ですが、今日の中国、インドの反応を見なければ分かりませんが、
これまでの声明と比べると半歩くらい進んだ印象でしょうか。
さて、この三日間日本経済新聞社には、エコをテーマにした広告がたくさん入りました。
ソニー、シャープ、旭化成
特に旭化成は三日間で計9ページにも及ぶ大キャンペーンでした。
(以下引用)
旭化成は、Co2を原料にポリカーボネート樹脂を作る事に成功。
Co2を使ってものを作るのは、もう森だけではありません。
昨日まで世界になかったものを  AsahiKASEI
(引用終了)
三社ともエコロジーがテーマでしたが量、質共に旭化成の広告がもっとも優れていた
と思いました。
旭化成のサイトにいくと同様の テレビCM が掲載されています。
YouTubeでは「人形劇のコーラス」しか見つかりませんでした。images[86]

で、旭化成ですが、何をしている会社なのでしょうか?(笑)。
(HPから引用)
旭化成ケミカルズ(株)、旭化成ホームズ(株)、旭化成ファーマ(株)、旭化成せんい(株)、旭化成エレクトロニクス(株)、旭化成建材(株)と、それら6つの事業会社の株式を100%保有する旭化成(株)からなる「分社・持株会社制」をとっています。(引用終了)
to Cを意識すれば旭化成ホームズですね。やはり
to Bを意識して日本経済新聞の広告を選択したのですね。
ツバルという島が海に沈もうとしている。
おそらく地球温暖化のシンボルとも言える島ですね。
私が今回この広告がいいなと思ったのは
Co2を削減する
だけでなく
Co2から新しい物を作る

点でした。
守りを固めることも重要ですが、攻めがなければ2050年に現在の排出量を
半減することは不可能だと思います。
最近ではCo2を液化して地中に埋め込むと言う方法も実験段階では成功をしたというニュースも聞きました。
守らなければいけない、でも守ってばっかりいてもおぼつかない。
攻めにでましょう。