世界一の二人

寝不足です(T_T)
ウインブルドン男子決勝。最後まで見ちまいました(爆)
間違いなく世界一を決めるにふさわしい戦いでした。
images[11]

試合経過については
<テニス:ウィンブルドン選手権>◇最終日◇6日◇オールイングランド・クラブ◇男子シングルス決勝
 全仏オープン覇者で第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)が、6-4、6-4、6-7、6-7、9-7で第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)の6連覇を阻み、初優勝した。
 22歳のナダルは昨年まで2年連続準優勝で、全仏以外の4大大会を初めて制した。クレーコートの全仏の覇者が、特色が全く異なる芝コートのウィンブルドンを同じ年に制したのは1980年のビョルン・ボルグ(スウェーデン)以来28年ぶり10人目の快挙。スペイン男子の優勝は1966年のマニュエル・サンタナ以来42年ぶり2人目。
 3年連続の決勝でのライバル対決は、歴史に残る名勝負となった。雨で開始が遅れ、途中2度の中断があったが、ナダルは最後までフットワークが衰えず、力強いストロークで攻め続けた。試合時間4時間48分はこの種目の決勝で最長。フェデラーのこの大会の連勝は40で、芝コートでの連勝は65でストップした。

二時間あまりの雨による中断があったにせよ、5時間近い試合。
両者ともあっぱれとしか言いようがないゲームでした。
ゲームが始まったのは日本時間で22:30くらい。終わったのは05:30。
5時間も全力を出し切りながらなおもそこに立ち続ける。人間の限界を超えるような
見事な戦いぶりでした。
フェデラーを応援していたので、結果については残念ですが、清清しいいい試合でした。
勝負は時の運と言いますが、最後に勝敗を分けたのは、ほんの少しの体力の差だった
のかもしれない。最後のセットに何回かチャンスがあったのだが、フェデラーの今まで
こんなミスを見たことがない、という場面が何度か見た。
(具体的に言うとネットに出ながら回りこみのフォアハンドをネットにかける)
しかし、3度のマッチポイントを逃れたフェデラーの精神力の強さに感服。
ナダルもすばらしかった。unforced errorがほとんどない。
先ほどコメントをスポーツ紙サイトで見ましたが、
ナダルは「信じられない、最高に幸せな瞬間」
フェデラーは「最も辛い敗戦だが、ここまで来れたことに感謝」

両者の戦いをもっと見てみたい、次は全米オープン。灼熱のハードコートでの
戦いです。images[12]
(コート上は50℃を超えるとか)
紳士のスポーツ「テニス」。ますます、この競技が好きになりました。
レベルは違い過ぎますが、これからもまた週末はコートに立とうと決心しました(笑)。
(レベルが違いすぎて同じスポーツとは思えない。でもコートの大きさは一緒^^;)