リニア新幹線、いりません。

最近何かと話題のリニア新幹線。
結論から言うと、こんなものいりません。

1、東京、名古屋間を40分で結ぶ
確かにこれは圧倒的に早い。現在はのぞみで101分
しかしリニアの各駅停車に乗った場合は78分、というか各駅に乗る人がいるのか?

2、途中駅はいらない
地元は止まってくれというでしょうが南アルプスルートを通るので
人口密集地がない。田舎に駅を作ったってしょうがないでしょう。

3、乗り換えに時間がかかる
東京、名古屋ともに40メートルの大深度にホームを作る。
その乗換に10~20分かかる。私だったら東京駅からのぞみにする。
大江戸線の六本木駅から地上に出るのには私の足で数分かかります。

4、リニアモーターの技術に世界は関心がない  安倍さんは勘違いしている。
新幹線は64年開業以来人身事故ゼロ。これは驚異的なアンビリな数字。
世界中で新幹線を運行させているノウハウが生かされている。
それに比べてリニアには世界が興味を示していない。というか興味がない。
しかも新しい技術には危険がつきもの。かのコンコルドを見よ。000aakonkoro

ドイツでは94年にハンブルク-ベルリン間の建設が決まったが、過大な
需要の見通しやコスト高などを理由に中止された。


5、トンネルだらけのリニア新幹線
総距離の8割がトンネルで、車窓から富士山の風景も楽しめない。
旅行の楽しさが8割減だ。閉暗所恐怖症の私には無理。

6、総工費がかかりすぎる
ま、JR東海がどうしてもといえば何とも言えませんが。人口減少の日本に需要はあるか。

7、客はどこから持ってくるのか。
名古屋に出張、旅行に行くのに飛行機を使う人はいません。つまり競合は新幹線。
一時間に数十本のダイアを誇る。ここから客を取ってきても自分の足を食べているようなモノ。
マーケティング的にもあり得ませんね。東京駅での乗換のしやすさは抜群。

結局、速いだけ。

必要がないのですよ。そりゃ夢の乗り物かもしれませんが。JR東海はこれで経営危機に
陥ることでしょう。なんで今更やろうとしているのかよくわかりません。
ま、20年近く実験をしてきて今更やめられないというのが現状でしょう。

重なる懸念がある。鉄道事業は電気やガス、通信と同じ公益事業だ。「失敗したからといって自業自得では終わらない。国が援助することになる。つまり、赤字の穴埋めに税金がつぎ込まれる」。経営破綻した日本航空の再建問題、福島第1原発事故後の東京電力への公金投入は記憶に新しい。

あえて作る理由を探すとしたら現新幹線が地震や津波で流された時のバックアップだが、
それにしては高すぎる。もしくはバックアップを作るのであれば現在の新幹線でやればよい。
新しい技術を使いたいというのは技術者の欺瞞である。もしくは利害関係者が沢山いるんだろうな。

000aariniaj

むしろそのお金があるのなら羽田と東京駅を直結する地下鉄を作りますね。海外からの観光客に
とって非常に便が良くなる。仁川からハブ空港の地位を奪還しましょう。

閉じこもり

ネットのニュース等でオリンピック東京開催が決まったのは知っていたが、
外が雨であることすら気が付かずに仕事をしておりました。

いつもやっては後悔するのですが、
自分で作った調査票以外の分析をすると3倍の時間と疲れが残ります。

なおかつ、自分が作ったものが客先の要望に沿っているのか。
こいつも気分的には重苦しい。

ま、何はともあれ、少しでも日本が明るくなるニュースですね。
明日の株価が楽しみです。建築関連株などは既に決定を待たずに
買いが集まっているようです。こういう時は動かないことです。

めでたいとはいえ開催は7年後。着工までも3~4年はかかるでしょう。

それまでにやらなければならないこと
1、総理が国際公約した原発をコントロール下に置くこと(解決なんてできません)
2、予定通り消費税を上げて財政出動を減らし、プライマリーバランスを取ること
3、景気を良くすること

第四の矢はラッキーな形で放たれました。
早く第二、第三の矢を放つことです。

日本にとってはラストチャンスかもしれない。この機会を生かすしか道はないでしょう。

7年後私はほぼ62歳になっています。シルバー割引でオリンピックを楽しみたいものです。

000aaolympic

生活防衛

おそらく来年4月には消費税は8%に上がるでしょう。
国際公約であり、この実施を先送りにしたら国債の格付けが下がるからです。

それにしても、我が家の月の消費は30万円位。
これの3%が新たに税金としてもって行かれるので約1万円の生活QOLが
低下するわけです。

これを機会に生活防衛をしたい。1万円貧しい生活をしたくないからです。
20個あげられたら1万円になりそうな気がする。せこいぞ(笑)。

・シャンプーは1プッシュ 2倍持ちます
・ティッシュペーパーは 一枚(これまではなぜか2枚取り)2倍持ちます
・トイレットペーパーも半減。ウォシュレットで徹底的に洗います
・自宅の風呂は2日に一回に ただし週に3回のテニスコートでシャワー使用
・歯磨きのチューブ使用量を半分にします
・週刊モーニングを電子版にします 1320円→500円
・これまで時々買っていた週刊誌は立読みにします
・銀行の引き落としは銀行ATMのみにします
・これから先できるだけクーラーは使いません。扇風機で代替
・お昼をすべてかみさん弁当にします
・デイリーワインの値段帯を下げます
・ミネラルウォーターは浄水器を通した水道水にします
・家庭の固定電話を解約します(これはでかいかも)
・有料メルマガの一部解約をします
・私用のプロバイダーを解約しgmailにします(これもでかい)
・デイリーワインの頻度を下げ、焼酎にします^^
・育毛剤をゼネリックにします
・営業時の水分補給はマイ水筒にします
・テニス時の水分補給はマイ水筒にします
・車の運転をできるだけエコモードで走ります
・クルマの使用回数を減らしチャリにします
・書籍はできるだけヤフオク&アマゾン中古で
・タバコをやめます 2400円→ 0円に(酒を飲んだ時だけ吸ってます)
合計23個
1万円は超えそうですね。

その分、オーディオと音楽については従前どおり(笑)。
外飯も外飲みも削りません。

今まではこんなこと考えたことがありませんでした。
いい機会になりました、消費税増税。ありがとう。

000aasetuyaku

タバコは自信がないので青文字です(笑)。

日本はブランド価値を作れないのか

朝日新聞で二日にわたって
「東武ワールドウォッチフェア」の広告が掲載された。

私は時計には興味がないが、いずれも、お高いものばかり。

パテック・フィリップ  455万円
ロレックス 288万円
プレゲ 185万円
ウブロ 275万円
タグ・ホイヤー 141万円
フランク・ミューラー 145万円
オメガ 275万円

なるほどお高いのね。

ところが、
セイコー ブライツ 11万円
シチズン アテッサ 18万円
グランド・セイコー 23万円

値段が全く桁が違う。
時計の本質的な機能は、できるだけ正しい時刻を刻む、だろう。
その点では1万円しないカシオの時計でも達成されている。

日本製品はほとんどクオーツ。中には太陽光発電なんてものまである。

対して欧州の時計はほとんどが手巻き、もしくは自動巻き。機械仕掛けなのだ。
恐ろしく精密な部品が使われ、熟練工が一つ一つ手作りに近い感覚で作っている。
クルマで言えばフェラーリだ。

もう一つ違うのはデザイン。いかにも時計然としたつくりは日本製品。

一目でどのブランドかがわかる欧州製品。私は工業製品の命はデザインだと思っている。
大変に申し訳ないが、この広告に掲載された日本製品は欲しくない。

その10倍以上するのだが、欲しい時計がある。買うわけではないが(笑)。
ウブロ ビッグバンシリーズ

000ahu048_im

対して日本を代表するグランセイコー

000aSBGA009

これだもんなぁ。あげるといわれれば貰うけど、使わない(笑)。だってカッコ悪い。
ヤフオクで売りに出します。

時計は本質的な機能のほかに、他人から「見られる」存在でもある。日本の企業はそこがわかっていない
としか思えないのだ。溜息orz

日本人が世界に誇るべき33のこと

先日、ライフスタイル研究会で「ルース・ジャーマン・白石」さんの
「日本人が世界に誇るべき33のこと」についての講演を聞いてきました。



彼女はハワイ生まれの米国人。大学在籍中に日本に短期留学を経て
1988年リクルートに入社。ろくに日本語も話せなかったが、
アメフトのチアリーダーなどを経て、日本語検定1級、宅建主任などに合格。

久しぶりに会った彼女の日本語はほぼパーフェクト。ユーモアあふれる語り口は
並みの日本人では真似できないほど。
「日本人が世界に誇るべき33のこと」という本を書いた。

日本に来て驚いたこと、
皆、礼儀正しいこと、継続力が強い、清潔で、忍耐心が強く、親切であること。
に驚いたという。

やや、こそばゆいが、
「食事の前に手を合わせること」「もったいない精神」など指摘をされると
自然に行っていることばかりだ。これが米国にはないという。
バスの運転手に降りるときに「ありがとう」という国民は世界中探してもないのだそうだ。

これからの世界を考える際に、ますます国際化が進むだろうが、あらゆるコンフリクトを
未然に防ぐのは「日本人としての良さ」だという。本当か(笑)。
謙譲、謙遜の心、親孝行、儒教的な考え方ですね。

話の内容はこそばゆいが、彼女の手にかかると、本当にそう思えてくる。
天性のチア・リーダーだ。彼女のような日本人・チア・リーダーは貴重だ。

何にせよ、ここの所あまりいいことがなかった日本。そろそろ元気を出そう。


先日NHKの番組で、インドからの留学生が一番驚いたこと。
「トイレのふたが自動的に開いたこと」(笑)。
ウォシュレットは世界に誇るべき商品だと思います。痔に悩む人を思って作った。

人間ドック 進化する測定方法

フェースブックにも書きましたが、人間ドックを受けてきました。
会社員ではありませんので全額自費、だと思っていましたが、
国分寺市の助成があり、ほぼ半額。松戸市は何もしてくれませんでした。

変化を発見
1、まず完全個室。通常の病室を一日自由に使えます。
2、心電図の取り方 なんとルームランナーで走りながら測定します。
  年齢にしては丈夫な心臓だそうです。
3、血圧 何回も測定をして平均値をとります。血圧はそれくらい一日の
  中でも動くそうです。
4、レントゲン 胸部レントゲンだけでなく、横の映像を取られました???
5、採血は食事がすんでから二時間後。通常の食事をしてからとらないと
  意味がないそうです。そりゃそうだよな。絶食時の血液に意味がないよな
6、医師がいちいち測定現場に見に来て、総合的な診断を下します。
7、無料サービスが増えた(直腸触診、髪の毛を使った栄養診断)
8、ショットガンスタートを取り入れており、待ち時間が非常に少ない

ざっとこんな感じです。

胃カメラを撮った後には医師がすぐにこれまでの検査結果をもとに所見を述べてくれます。
煙草を注意されましたが、あとはこのままでいいそうです。お酒は少し飲み過ぎ^^;。

等々です。

非常に対応がいい。顧客満足度視点がそこここに見えます。
そして、何より検査技師さんが可愛い(笑)。

来年もその先もリピート決定。顧客満足度今までの病院の中でトップです。



病院名もお名前も公開しません。どうしてもという方は・・・・(笑)

NHK放送文化研究所2013年研究発表会

最後の「テレビ60年、未来へつなぐ」

最終日のソーシャルパワーがテレビを変える(シンポジウム)
パネリスト
杉本誠司(ニワンゴ代表)
鈴木謙介(関西学院大学 准教授)
若い真介(日テレメディアセンター長)
桑原和久(NHK編成センター編成主管)

鈴木さんが出ると聞いて喜んで出かけました。

NHKと日テレの初のコラボ(ここは遅刻して聞けませんでした)
NHKのQB47という双方向性クイズ番組

の紹介の後、
杉本さん
「つーか、いつまで実験をやっているんですか?今のお話って数万人レベルですよね。
それでビジネスになるんですか?いつまでに何をやってどれだけ稼ぐかって話に全く
なってないですよね」
ばっさり(笑)。
鈴木さんを呼ぶこと自体は素晴らしい。NHKにしてはナイスな人選。


何とかしてツイッター連動の番組を作りたい放送局。
しかし、ニコ動のように検閲なしはできない。だから面白くなくなる。

質問で広島のローカル局の人が話した。確かに地方の方がソーシャル連動が
しやすい。行動を起こしてきてもらうにしても近いからやりやすい。
地方の放送局はチャンスですよ。

NHKと日テレさん。ご本人たちも理解されているようでしたね。
テレビというメディアの限界を。
無理だって。もっと面白いものを見つけちゃったんだから。
ま、どっちも暇つぶしだけどね。


この番組は結構面白い。お茶の間の再現を狙ったというが深夜は無理。
次回は3月29日(金)夜10:00から。携帯・スマホ・PC・リモコンでも参加できます。
やっぱり、遅いと思うなぁ。よい子は10:00には寝てしまいます。

私が選ぶ、昨年度最強のCM

それは、剛力彩芽さんの「ジョア」だと思うのです。



15秒バージョンが素晴らしい。
軽快な音楽に乗せて「ジョア、ジョア誰のもの♪」
「ジョア、ジョア、君のもの♪」「ジョア、ジョアみんなのみんなのジョア♪」

そして最後に
「やっぱりおいしい、お腹にやさしい」

CMの最大の狙いは商品名を浸透させることにある。
これに関しては「歌に乗っけて」完璧である。しかも剛力さんを持って
くるのは反則に近い。可愛すぎるではないか。おじさんメロメロ(笑)。

CMの次の狙いは商品性を理解してもらうことである。
「お腹にやさしく、おいしい」
あえて乳酸菌とは言わないところが素晴らしい。

視聴者は説得されることが嫌いだからである。
説得するのではなく共感を呼ぶ。これがポイントである。

その意味でこのCMは完璧に近いと思います。
サイトも素晴らしい。

http://www.yakult.co.jp/joie/

これでジョアの売り上げがどの程度伸びたのか、是非とも知りたい。
決算書を見たが残念ながら個別商品の売り上げは不明。

コメントを頂きましたが、剛力さんを嫌いな人はダメかも。

もっとも、このCMの恩恵を受けたのはセルフプロデューサの
剛力さん自身であることも、間違いない!

「見える化エンジン」バージョンアップ

今日は宣伝です^^。

ソフトウェア開発の株式会社プラスアルファ・コンサルティング
(代表取締役:三室 克哉、以下、プラスアルファ)は、アンケートなどの顧客
の声の分析ほか、Twitterやブログサイトなどソーシャルメディア上の
生活者の声を把握できる、テキストマイニングシステム「見える化エンジン」について、企業の社内にある売上や会員数などの様々なマーケティングデータ
(定量データ)を取り込むことで、ソーシャルメディアやコールセンターの問
合せなどの顧客の声と同時に分析することができる「クロスデータ分析機能」や、
ソーシャルメディア分析の速報を簡単操作で一覧できる「クイックレポート機能」
を搭載した「見える化エンジン Ver5.0」を 12 月中旬より提供を開始します。


よくわからない、という方のために解説を、
Twitter、ブログサイト、テレビ番組、CMデータに対して、
任意のキーワードで一度の検索操作ですべてのメディアを収集できる機能です。

これは便利です。今までは別々の操作が必要だったのですが、今回からは
1クリックで4つのデータを集めることができるようになり、なおかつ各メディア
の相関関係を見ることができます。

もう一つの機能は
企業の内部にある売上データや会員数、サイトのアクセス数、お客
様窓口での問合せ件数などの様々なマーケティング情報を取込み、
自社の新商品に対するTwitterでの評判の推移と販売数、さらには
自社サイトのアクセス数などを重ねて分析できます。

これまでは別々のものとして処理をされていたものを一つに統合する
ことができるようになりました。メディアと売り上げ、を一つの
データとして扱うことができるようになりました。

さらに上記の結果を、任意のフォーマットで簡単出力することができます。

弊社もユーザーとして使っていますが、このサービスはとても奥が深い。
フル利用をするためには、相応の時間とスキルが必要です。ただし、一度
理解してしまえばこれほど便利なツールは少ないでしょう。

さて、これから新しい「見える化エンジン」をご紹介させてください。
必ずや御社のデータ・マイニングのお役にたちます。

かかりつけ医のマーケティング

先日受けた健康診断の結果が郵送されてきた。

これまではほぼフルマーク。中性脂肪だけが高かった。
今回目を引いたのは「要治療」。中性脂肪だった。数値は500オーバー。
そういえば、今回は前日も酒断ちをせず、ほとんど二日酔いで臨んだ。

その他、眼底要再検査、尿タンパクも偽陽性。

さすがにちょいと不安でマンションの一階にある
「武蔵国分寺クリニック」に出かけた。完全予約制。一人に15分を割り当てる。
しかも夜の10:00までやっている。隣の調剤薬局も夜10:00まで。
夕方から夜は小さなお子さんを連れたワーキングマザーであろう人で
いっぱいだ。夜の10時までやっている病院は心強いだろう。

私も夜のテニスを終えて出かけた。院長先生が対応してくれる。
「確かにこの数値は高いですね。もう一回ちゃんと見ましょう。
その代り前日は9時以降の飲食をしないできちんと測りましょう。
そのうえで治療方針を考えますが、まずは日常を気を付けましょう」

この先生、普通の医者と違って、薬を出したがらない。
結局週に二回の休肝日を作ることと、毎日の運動を約束した。

「長くお酒とおつきあいしたいですよね。そろそろ気を付ける年齢ですよ」
柔和な笑顔で言われ、思わず約束してしまった。
「この状態が長く続くと動脈硬化を促進するし、膵炎になる可能性も高い。
そうしたらお酒は一滴も飲めなくなります」脅すことは脅す。
優しいだけに怖い。

朝は8時から夜10時まで。しかも休診は日曜日だけ。
今年に入っていろいろお世話になった。
解離性脳動脈瘤、高血圧、インフルエンザ予防接種、そして今回。
そのたびに、前にかかった症状を聞いてくる。私のことをわかっているのだ。

頼りがいのあるかかりつけ医。そろそろいろいろなところがおかしくなって
くる年にとってはとてもありがたい。総合内科、何を相談してもいい。

現在
高血圧 140-90
テニスエルボー 快方に
解離性脳動脈瘤 快癒、経過観察
左人差し指の感覚が鈍い、左足太もも上部も同様
そして今回、中性脂肪が加わった。

今まで何も考えずに思うままに暮らしてきたが、すこし自分の体と相談する
時期が来ているようだ。う~~む、しみじみほぼ54歳。

どうでもいいけど、
そのほかの臓器は健全です。肝機能もOK。まだまだ飲んでいないワインが
セラーで寝ている。これからまだまだおいしく飲むぞ!



こういう病院が増えることが日本の医療を救うと思う。


次のページ →