今年最後のブログです。病気自慢

個人的には今年は生まれて初めてといっていいくらいの病気を経験しました。

・解離性脳動脈瘤
  血管が内側に破れたので助かりました。外に裂ければ脳梗塞でした。
  いきなり後頭部にドロップキックを食らったような痛みは今も恐怖です。
  真面目に「人生、これで終わりか」と思いました。
  3度にわたるMRI、不思議なことに自然治癒しました。えらいぞ自分の
  身体。それにしても怖かった。



・テニスエルボー
  これは重症化しました。右腕がほとんど使えないところまでいきましたが
  テニスを休み、毎日のアイシングと整体通いで何とかテニスに復帰しま
  した。今はおとなしいテニスになり、コーチから「復帰してから上手に
  なりましたね」と言われています。怪我の功名。
  おかげでまったくゴルフに行けなくなってしまいました。
  ダフると症状が再現してしまうからです(T_T)。

・健康診断で中性脂肪が正常値の5倍の500超え
  即加療要。ま、検査の日は二日酔いで参りましたので、しょうがないか。
  と思ったのですが、きちんと前の晩からお酒を断って病院で再検査。
  結果。正常値。
  健康診断ってなんなんでしょう^^;。

・同じく健康診断で高血圧と
  上が140、下が90。上記の解離性動脈瘤の時の医師には「私だったら
  薬を出します」と言われたのですが、かかりつけの医師には
  「薬はできるだけ飲まないほうがよい」運動と食生活の指導を
  受けています。前の医者ってきっと普通の医者ですよね。
  信頼できるかかりつけの医者を探すことの大切さを知りました。

・左乳房の肥大
  これ、冗談ではありません。私今の左胸は確実にAカップはあります。
  男性にも乳腺が残っているらしく、現在経過観察中で拡大は止まった
  ようですが、触ると痛い。がんではないそうですが、ちょっと気持ちが
  重いです。

以上、ほぼイコール成人病です。
昨日は大学の同期で集まって飲んだのですが、病気自慢退会(笑)。

ま、そんな年になったということです。
ビジネス人生も第四コーナーを回って直線半分くらいでしょうか。
これまでは体を酷使し続けましたが、無事にゴールするために
来年からはちょっと労わることにします。


もう一つの発見は、「俺はまだ生きていたいんだ」ということを強烈に
実感したことです。死んだらお終いなのだということを実感しました。
ゆえに下手に我慢することを止め、やりたいことをやることとしました。

もっともそれがオーディオにかける情熱にしか向かっていないのが
現在の問題ですが^^;。来年は仕事にも。

一年間駄文を読んでいただいてありがとうございます。
来年はちょっと趣向を変え、マーケティング、広告、広告効果にこだわった
ブログに改編します。お楽しみに、

ではよい年をお迎えください。

※なお、本年は義父がなくなりました。87歳でした。
新年のご挨拶は失礼をさせていただきます。

おかげさまで6周年

一日遅れになりますが、
弊社も設立6周年を無事に迎えることが出来ました。
これも皆々様の厚い温情のおかげと感謝しております。
ありがとうございます。どうぞ今後もごひいきに。
 m(_ _)m
さて、
熟慮の末に立ち上げた会社のつもりでしたが、
4年目までは毎年拡大する景気にうまく乗り、比較的経営は
安定しておりました、

が、
リーマンショック以降の世界同時不況0aleeman.jpg
は、想像以上でした。
ここまで広範囲にわたって経済が停滞するとは・・・
もともと、サブプライムが非常に危なっかしい商品であることは
承知いたしておりましたが、米国不動産の凋落がこれほど激しいとは。
さらにMBS、CDS、商業用不動産の暴落
現状はこうした金融商品で受けた傷を見ないでもいいように粉飾決算が認められている
だけです。
と、次々に問題が露呈しアイスランド、ギリシャ、ドバイ経済が吹っ飛び
危うく世界恐慌になるかと思いました。いや、なってもおかしくないのです。
今年危ぶまれるのは、
・米国債の投売りによる金融危機
 これが一番恐ろしいですね。日本は売らないとしても中国は分からない。
 一触即発だと感じます。マーケットのプレーヤーが全員、おっかなびっくり。
 暴落したときに邦銀は耐えることが出来るのか。チキンレースです。
 案外、国内からの浴びせ売りかもしれません(ソロスさんそれだけは止めてね)
 0abeikokusai.jpg
・ユーロの崩壊
 PIGSはもちろんですが、英国も綱渡り。
 そもそも統一通貨経済を作るには国力が違いすぎた。

この二つが同時に起こることはあまり考えられない、と思います。
(起きたらそれこそ世界恐慌になります)
政治で言えば、先日も書きましたが、
・北朝鮮の崩壊
・イランVSイスラエル・US連合
 米国に新たな戦争をする体力はありませんが、世界の警察国家としての威信をかけて
 一発勝負に出るかもしれません。

何か、嫌なことばかりを書いていますが、
希望はないのか?(自問)
・・・・・・
せっかくだから、空いている時間を使ってゴルフを上手になろう(老後の楽しみでもある)。
空いた時間で本でも書いてみようか。Newsletter的に世相をぶった切る。
(これって旬のネタだからなぁ)^^;
先日読んだ「FREE」にかなり触発されています。
たとえば、実査料金が「FREE」になったら、なんて^^;0afree.jpg
なんだか「空いた時間に」ばっかりですね^^;
先日読んだ本の中に「仕事の最大の報酬は次の仕事」という言葉がありました。
「また、お願いします」と言われるときが一番うれしい。
と、いうことで皆様、周りにネタは落ちていませんでしょうか(笑)。
今年一年、またよろしくお願いします。
あ、そうそう、NewsLetter65号 「情報商材」絶対に儲かるのウソ  をアップしました。
是非ご一読を。自分でも結構楽しめました。
00amoney.jpg
情報素材、まさに玉石混交です^^;

おかげさまで一周年

去年の2月27日がこのブログの誕生日です。
ようやく一歳になることが出来ました。これも皆様のあたたかいご声援のおかげと
感謝しております。今後も読んでいて楽しくなり、ためにもなるお題をお届けしたい
と考えております。どうぞよろしくお願いします。m(_ _)m
ついでですが、今日中にNewsLetter41号をお届けします。
今回はやっと書いた「WEB3.0やっぱり分かりにくいです。
出来るだけ噛み砕いて書いたつもりですが、やっぱり難しい。
何とか形にしました。叱咤激励をお待ちしております。
で、二年目第一発ですが、
2月28日NHKドラマ 「白洲次郎」がとても良いドラマだと感じました。
3週連続での放映なのでまだ分かりませんが、良質です。
0jiro.jpg
主人公の白洲次郎役の伊勢谷友介さんがとてもいい。
実在の次郎のイメージにとても近い。長身、整った顔立ち、英語力、癇癪持ち
など実にはまり役だと思いました。
正子役の中谷美紀さんもいい感じ。
白洲次郎
英国仕込みの紳士道をプリンシプルと呼び、日本で初めてジーンズを履き、近年
「日本一カッコいい男」と呼ばれ、注目を浴びている真のリベラリスト白洲次郎。
戦前は近衛文麿首相のブレーン、戦後は吉田茂首相の側近となって政治の
中枢にいた、昭和史の鍵を握る人物であるにも関わらず、その生涯は歴史の
闇の中に埋もれています。
 今回、白洲家の全面的な協力を元に、イギリスロケを含む壮大なスケールと
知られざるエピソード満載で、白洲次郎の生涯を初めて映像化します。
ドラマの進行役は、生涯の伴侶である白洲正子。『かくれ里』、『西行』、
『両性具有の美』などを著し、能・骨董・きものなど日本伝統の美を追求した
稀代の目利きと言われています。
 「生き方の指針」として現代にも十分に通じる、白洲次郎の骨太なダンディズム。
己の良心のみを信じ、輝かしい未来を夢見て、「敗戦」「占領」から「独立」へ激動の
昭和史を生きた一人の侍のジェントルマン道を描いていきます。
(NHKホームページより)

やはりこうした硬派のドラマはNHKに限りますね。昭和のダンディズムを
楽しみたいと思います。
ただ見るのではなく、少し「白洲次郎」について知ってから見る方がいいです。
私はたまたま、2ヶ月ほど前に3冊ほど彼のエピソードを綴った本を読んで
いました。
ま、ちょっと格好良すぎますが(笑)。
参考文献としてはこれが最適だと思います。
『白洲次郎占領を背負った男』(北康利著)
『次郎と正子~娘が語る素顔の白洲家』(牧山桂子著)次郎さんの娘さんです。

0snob.jpg
さぁ、次回からはGHQとの丁々発止が始まるはずです。楽しみ!♪

半世紀生きてしまいました。

まことに個人的な話で恐縮ですが、
昨日を持ちまして、半世紀を生きてしまいました^^;。0307220040914101737259959523-6300[1]
日頃は余り年齢など気にした事はないのですが、
さすがに50年はちょっと重い。
まぁ、十進法の切れ目に何の根拠もないのですが・・・・
私は自分の誕生日には母に感謝の花を贈る事をしていますが、
母親自身も感慨深いものがあるのでは^^;
大学を出るまでの22年
リクルートを卒業するまでの23年
独立してもうすぐ5年
後、私にどのくらいの時間が残されているのか、わかりませんが、
これまで以上にフットワークよく、ヘッドワークも全力で、活動していく所存です。
世界経済は大変な状態にありますが、
余り焦らずに「100年に一度」を楽しみたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。m(_ _)m。

新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
この原稿は4日の午後に書いていますが、年末年始、関東は雲ひとつない晴天が
続いています。非常に気持ちがいい。松戸からでも富士山が見えます。
年末は何もせずにのんびりと。
年が明けてからは恒例の両実家への挨拶周り。
幸いにして両家族とも健康に恵まれています。
また今年は昨日、いきつけの飲み屋さんのゴルフコンペに参加してきました。
河川敷ですので風が吹くと寒い。でも遠くに筑波山を仰ぎながらのラウンドは
快適そのものでした。
0golf year
(この写真はイメージです)(笑)。
スコア?聞かないでください(T_T)。
グリーンがカチンカチンで、2オン6パットなんぞと言う大たたきでした。
5日にはNewsLeterの新年号をお届けする予定です。
経済の状況は一段と厳しさを増すかもしれません。
しかし、命までとられるわけではない。希望を胸に秘め、歩いていきましょう。
本年もよろしくお願いします。m(_ _)m。
0happy new year 2009