取り扱い調査

取り扱い調査

訪問面接調査

面接調査員が個人に対して訪問面接し、調査を行います。費用と調査期間がかかるため最近では減りつつある調査方法です。住民基本台帳を元に行う場合、代表性の問題では一番優れていると考えます。今日的には家庭不在比率の高さや調査拒否、調査不能(マンションの中に入れない)等の問題が生じています。

会場調査

調査テーマにふさわしい会場を用意します、渋谷や新宿のような場所にふわさいくないテーマが存在します。厳密な調査が必要な場合、プレリクルーティングによる会場調査をお奨めします。
パッケージテスト、試食、試飲など実際の消費現場を再現します。情報の秘匿性が求められる調査に向きます。

電話調査

スピーディで質の高い電話調査をご提供します。他の調査手法と複合的に活用してもご利用いただけます。
B to B調査の場合、まず電話で該当担当者をヒアリングし、調査の許諾をとった上でメールアドレスを聞き取り、その後メール&WEBサーベイを行うことで、相手先の企業の中で最も調査対象者にふさわしい人にアプローチすることが可能です。

グループインタビュー、ワンオンワンインタビュー

調査テーマに最適なモデレーター・インタビュー手法・分析・対象者・会場を提供します。
モデレーターの腕次第で結果は大きく左右されます。弊社ではテーマに合わせて外部モデレータをアレンジしております。もちろん弊社でも行います。

ネット調査

ネットリサーチ会社にも会社ごとの特徴があります。調査テーマに最もふさわしい会社を選択します。
調査票の作成から画面確認まで弊社が責任を持って業務を遂行いたします。
しかし、最近では「ケ-タイ」を通じてしかインターネットに接続しない人が急増しており、ネット調査の代表性はますます悪化しています。これからこの傾向はますます強まると予測しています。
フリーアンサーの解析・構造化に関しても独自の手法で対応しています(意味ネットワーク分析)。

ブログコ-ナー サイトマップ Contents
R・リサーチnews letter

 
Contents
R・リサーチnews letter

 
Contents